テクニカル分析 基礎知識

逆張りと順張り?バイナリーオプションではどちらが勝ちやすいのか?

投稿日:2019年5月8日 更新日:

バイナリーオプションの取引手法は、

逆張り順張り

の2つに分けられますが、

そもそもどのような手法なのか?

バイナリーオプション取引を行うのであればどちらの手法が勝ちやすいのか?

それぞれの特徴や具体的な方法を詳しく解説していますのでぜひご覧になってください。

この記事で得られる事

  • 逆張りと順張りそれぞれの使い方が理解できる
  • バイナリーオプションではどちらの手法が有効なのかがわかる

逆張り・順張りとは?

まずは逆張り・順張りとはどのような取引方法なのかについて説明します。

逆張り

逆張りとは

価格の流れとは逆方向にエントリーする方法です(反発を狙うエントリー)。

つまり、

「価格が上昇している時に下がると予想したタイミングでエントリー(Lowエントリー)」

または

「価格が下降している時に上がると予想したタイミングでエントリー(Highエントリー)」

 

順張り

順張りとは

価格の流れと同じ方向にエントリーする方法です。

つまり、

「価格が上昇している時にさらに上がると予想してエントリー(Highエントリー)」

または

「価格が下降している時にさらに下がると予想してエントリー(Lowエントリー)」

 

逆張りのトレードスタイル

では先に、逆張り手法の考え方、使い方について解説していきます。

逆張りを行う時の基本的な考え方としては

相場の天井圏または底値圏で反発するポイントを見つける

となります。

 

つまり、

松井
価格が上がりきってそろそろ下落しそうもしくは価格が下がりきってそろそろ上昇しそう

というポイントを狙うことになります。

 

逆張りが有効な局面とは?

一般的には、逆張り手法はレンジ相場と呼ばれる一定の値幅で価格が上下に動いているような局面で有効な手法です。

なぜならレンジ相場では以下のチャートのように価格が一定の値幅で上下に動く傾向があるため
その値幅の天井高値)や底値(安値)の部分で反発する可能性が高いためです。

レンジ相場

 

裏を返せば、逆張り手法はトレンド相場に弱いとされています。

なぜならトレンド相場の場合は、一方向に進む力が強く、どのポイントで価格が反発するかを見極めるのが非常に難しいからです。

上昇トレンド

しかし、必ずしも上記チャートのようなレンジ相場でしか使用できないわけではありません。

 

トレンド相場であっても逆張りは使用できます。

松井
トレンド中でもしっかり上下の値動きを見せながら売り買いされているような局面であれば上昇(または下降)のピークで反発を狙うことは可能です。

 

逆張りが有効な時間帯とは?

では1日の時間帯の中で逆張りがもっとも有効な時間帯はいつになるのでしょうか?
一般的にはレンジ相場となりやすい東京時間(9時から15時)が有効とされています。

もちろん、その日の相場の状況や使用している手法によって変わってきますので、
これをだけを聞いて「東京時間だけ取引しよう」と考えるのはおすすめできません。

 

逆張りに有効なエントリー方法とは?

では実際に逆張りを使うと考えた場合、どのような基準でエントリーすればいいのか。
代表的なエントリー基準の方法を3つ紹介します。

エントリー方法

1、インジケーターによるサインを狙って逆張り
2、ラインによる反発を狙って逆張り
3、ローソク足のパターンによる反発を狙って逆張り

上記3つをもう少し詳しく解説していきます。

 

1、インジケーターによるサインを狙って逆張り

インジケーターが示す反発サインを根拠にエントリーする方法です。
まず逆張りをする時に活用できる3つの主要インジケーターを紹介しておきます。

 

上記で紹介したインジケーターでは、
反発するとされる売買サインがそれぞれありますので、そのサインが出現したタイミングで逆張りエントリーするという方法です。

ちなみにバイナリーオプションにおける逆張りでは
相場の買われすぎ・売られすぎを数値化」したオシレーター系のインジケーターが使われることが多いです。

 

各インジケーターの詳しい売買サインについては、下記の記事で詳しく解説しているので参考にご覧ください。

 

2、ラインによる反発を狙って逆張り

次は相場で意識しされている価格帯や安値高値を基準にラインを引き、
そのライン付近でローソク足が反発すると予想し逆張りエントリーする方法です。

意識されている価格帯で引くラインについては、
以下の記事で詳しく説明していますので合わせてご覧にください。

 

3、ローソク足のパターンによる反発を狙って逆張り

最後は、ローソク足の形状パターンを確認してエントリーする方法です。

ローソク足の形、組み合わせ、ヒゲの長さなど反発しやすいパターンが存在しますので、そのパターンが出現した時に逆張りエントリーを行います。

 

注意ポイント

インターネットなどで逆張り手法について調べると、様々なエントリー方法が紹介されています。
その際に注意してほしいのが、FXの手法をそのままバイナリーオプションのエントリー方法として紹介されている場合があるという点です。

後でも説明していますが、バイナリーオプションとFXとでは取引の仕組みが違うため、FXの手法がバイナリーオプションでは使えない事が多々あります

松井
3つの分析方法がわかってきたら、3つそれぞれの根拠が重なるポイントを今度は探して検証してみましょう。エントリーチャンスは少なくなるかもしれませんが、より精度の高いポイントが見つかるかもしれません。

 

順張りのトレードスタイル

では、今度は順張りのトレードスタイルについて解説してきます。

順張りの場合は「相場の勢い」
つまりトレンドの流れに沿ったエントリーが基本的な考えとなります(トレンドフォロー)。

つまり、相場の方向が明確に定まった時にその流れに沿ってエントリーを行います。

順張りが有効は局面とは?

これは上記でも説明した通りですが、
順張りが有効な局面とは、一定の方向に価格が進んでいるトレンド相場の局面が最も有効とされています。

 

順張りが有効な時間帯とは?

では具体的に1日のどの時間帯で有効な手法かというと、
一般的にはトレンド相場となりやすいロンドンからニューヨーク時間(16時から21時)が有効とされています。

なぜならこの時間帯から取引量が多くなり、勢いを持った価格がレンジ相場を抜け
そのままトレンド継続しやすい傾向にあるからです。

 

順張りに有効なエントリー方法とは?

実際の順張り手法を使ったエントリー方法は、大きく以下の3つに分けられます。

エントリー方法

1、インジケーターによるサインを狙って順張り

2、ラインブレイクを狙って順張り

3、ローソク足のパターンに従い順張り

 

1、インジケーターによるサインを狙って順張り

先ほどの逆張り時に紹介したインジケーターとは違った役割をするインジケーターを活用しながら、
相場が一方向に進むことが予測できたタイミングでエントリーを行うやり方です。

ここでも順張りと相性のいいインジケーターを3つ紹介しておきます。

 

上記で紹介したようなインジケーターも
それぞれ売買サインがありますので、そのサインが出現したタイミングでエントリーします。

 

各インジケーターの売買サインについては、下記の記事をご覧なってください。

インジケーターに関する記事

 

2、ラインブレイクを狙って順張り

逆張りの項目では、ラインの反発によるエントリーを紹介しましたが、
順張りの場合、逆張りとは反対にラインをブレイク(抜ける)し、そのままブレイクした方向に価格が進むのを利用しエントリーする方法です。

 

レンジをブレイクした時はトレンドが発生しやすい傾向にありますのでその勢いに沿っての順張りのエントリーは勝率が高くなります。

松井
ただレンジブレイクしたと思った価格が再び戻りブレイクに至らない「だまし」という現象が起こることもよくあるので、ブレイクの判断は上位足の形状も見ながら複合的に判断をしていきましょう。

 

3、ローソク足のパターンに従い順張り

ローソク足のパターンを確認してエントリーする方法です。

ローソク足の形、組み合わせ、ヒゲの長さなど相場の勢いを示すようなパターンが存在しますので、そのパターンが出現した時にエントリーを行います。

例えば、「大陽線・大陰線」は価格の勢いを示す典型的なローソク足です。

また酒田五法の一つに挙げられる「赤三平・黒三兵」なども順張りで活用できるパターンの一つとも言えるでしょう。

 

バイナリーでは「逆張り」「順張り」どちらが有効なのか?

では実際にバイナリーオプション取引を行う上でどちらの手法がいいかというと、
僕は逆張りをおすすめします。(あるいは逆張り目線の順張り)

賛否両論あるかと思いますが、
理由としてはバイナリーオプションはFXと違いエントリーの時点で決済のタイミングが決まっている(判定時刻が決まっている)ので順張りとの相性が悪いからです。

 

上記でも説明した通り、順張りはトレンドの流れに沿ってエントリーする手法です。

基本的にトレンドというのは常に一方向に進んでいるわけではなく、
トレンドの途中で一時的に価格が反発しながら一方向に進んでいきます。

 

例えば、上昇トレンドの場合、

大きく上昇→少し下降(もしくは陰線の出現)→大きく上昇→少し下降(もしくは陰線の出現)

という流れを繰り返しながら、最終的には価格が上昇していきます。

つまり、上昇トレンドが発生したからといってHighエントリーを行ったとしても、エントリー直後に一時的な反発(陰線の出現)が発生して負けてしまう可能性が出てきてしまいます(手法としても確立しづらい)。

 

松井
それに対して逆張りの場合だと、「いくつかの条件が重なった時に反発する」というように過去の相場から手法を導き出しやすく、バイナリーオプションとの相性が良いと考えます。
ちなみにFXの場合は決済タイミングを自分で決めることができるので大まかな方向性を決めてトレードできる順張りが有効です。

 

まとめ

以上、今回の記事では、逆張りと順張りの違いやそれぞれの特徴を解説しました。

逆張りと順張りの特徴

  • 逆張り:価格の流れとは逆方向にエントリーする方法(反発を狙う)
  • 順張り:価格の流れと同じ方向にエントリーする方法(トレンドの流れに合わせる)

また「逆張り」「順張り」それぞれの特性から、
判定時刻が決まっているバイナリーオプションでは、短期的な反発を狙う逆張りが有効と捉え、
決済のタイミングを決めることが出来るFXでは順張りのトレードが有効だと言えると思います。

あなたも実際のチャートにて「逆張り」「順張り」の特徴踏まえ検証してみてください。

-テクニカル分析, 基礎知識