インジケーター

バイナリーオプションでのMACD使い方と活用方法を解説!

今回の記事では、

MACD(マックディー)

について詳しく説明します。

MACDを使用することにより、今の相場の強さ(勢い)を把握することができ、
トレンドの継続を見分けることが可能となります。

これを把握することにより、自分の手法に応じて

「今、自分がエントリーするべきかどうか?」

見極めることができ、無駄な負けを防ぐことができるのでぜひ活用してみてください。

MACDとは

MACDはトレンド系とオシレーター系両方の特性をもつ移動平均線を改良して出来上がったテクニカル指標です。
トレンド発生時に効果的なインジケーターで、バイナリーオプションをしている人でも多く使用されているインジケーターです。

MACDの構成

MACDは、MACD線と言われる棒グラフとシグナルと言われる線で構成されています。

MACDの計算式

以下にMACDの計算式を示します。

MACD(マックディ線)=12日EMA-26日EMA
シグナル=MACDの9日EMA

EMA指数平滑移動平均線

※EMAとは通常の移動平均線(SMA)を改良し直近のデータにより比重をおいて平均したもで、過去のデータの比重を少しずつ減らして算出されています。

EMAや移動平均線については、こちらの記事を参考にしてください。

【バイナリー・FX】世界中で使われている移動平均線の使い方

MACDの使い方

バイナリーオプションやFXの
MACDの使い方としては主に以下の2つが挙げられます。

  • トレンドの強さの見極め
  • 売買のポイントの見極め(どちらかというとFX目線)

トレンドの強さの見極め

MACDをトレンドの強さを見極めるために使用します。

着目するポイントは「MACDラインが真ん中の0点より上にあるか?下にあるか?」です。

  • 0点より上にある場合:上昇方向の流れ
  • 0点より下にある場合:下降方向の流れ

と判断できます。

なぜこのように判断できるかというと、
ここで1度MACDの計算式を思い出してください。

MACD(マックディ線)=12日EMA-26日EMA

でしたよね?

つまり、2つの異なる期間のEMA(移動平均線)の差を表したのがMACDです。

 

例えば、相場が上昇方向に進み出すと、まず期間の短い12日EMAの数値が大きくなります。
(より短い期間のEMAの方がローソク足に引っ張られて動く)

当然ですが26日EMAは少し遅れて反応して上向きに進みます。
そうなると12EMAとの差は開きMACDの値が大きくなります。

 

そして、価格の上昇が急であるほどこの2本のEMAの差は大きくなり(MACDの値が大きくなる)ので、
MACD線の角度が急であるほど価格の上昇の力が強い(上昇の勢いが強いと判断できます。

これとは反対にMACD線が急な角度で下方向に進んでいる時は、価格の下落の力が強い(下落の勢いが強い)と判断できます。

売買ポイントとしての活用

MACDをエントリーポイントして活用する方法です。

注意!!
今回紹介するエントリーポイントは、自分で決済のポイントを決めることができるFXで主に使用されます。
短時間での取引がメインとなるバイナリーオプションには使用しにくいです。なのでこのようなサインが出た場合は、今後トレンドが発生する可能性が高いと認識するのが重要となってきます。

以下がMACDを使った売買のサインとなります(トレンド発生ポイントでのエントリー)。

買いサイン:MACD線がシグナル線を下から上へクロス(ゴールデンクロス
売りサイン:MACD線がシグナル線を上から下へクロス(デッドクロス)


特に、以下の条件が重なった時には、より根拠が強くなります

買いサイン:0点のラインより上で発生
売りサイン:0点のラインより下で発生

もう1点、売買サインとしてよく活用されるのがMACD線と0点のラインとのクロスです。
MACD線とシグナル線のクロスと同様に

買いサイン:MACD線が0点のラインを下から上へクロス(ゴールデンクロス
売りサイン:MACD線が0点のラインを上から下へクロス(デッドクロス)

これらのサインは、MACD線とシグナル線の売買サインで発生したトレンドの継続表しており、
新たにポジションを持つトレーダーが増えることによりトレンドがさらに進みます。

MACD線と0点のラインのクロスの意味

「なぜMACD線と0点のラインのクロスがトレンドの継続を表しているのか?」について解説しておきます。

ここでまたしても、MACDの計算式を思い出してください。

MACD(マックディ線)=12日EMA-26日EMA

つまり、MACD線と0点がクロス = 12日EMAと26日EMAの差がゼロ = 12日EMAと26日EMAがクロス

という意味です。

期間の違う移動平均線がクロスするポイントは、「強いトレンドの発生」を示します。
よって、MACD線と0点のクロスはトレンドの継続を示しており、売買のポイントとして活用されるということです。

移動平均線について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【バイナリー・FX】世界中で使われている移動平均線の使い方

MACDのダイバージェンス(逆張り)

MACDのダイバージェンスが発生した時に逆張りのエントリーポイントとして活用する方法です。

ダイバージェンスとは?
「逆行現象」と呼ばれます。
通常、価格とMACDの動きは連動しています。つまり価格が上がればMACDの値も上がり、価格が下がればMACDの値も下がります。
しかし、例外的に価格が上昇してるにもかかわらずMACDの値が下がっている価格が下落しているにもかかわらずMACDの値が上がっているような状態をダイバージェンスといいます。

以下の図は実際にダイバージェンスが発生しているチャートを表しています。

価格は上昇しているにもかかわらず、MACDが下落しており、その後価格が下落しています。

このようにMACDのダイバージェンスを反発するポイント(逆張り)を見つけるために利用できます。

以下の図は先ほどと反対に価格は下落しているにもかかわらず、MACDが上昇しており、その後価格が上昇しています。
このパターンも同様に反発ポイントとして使用できます。

MACDの欠点

MACDはトレンド発生時に有効なインジケーターです。
裏を返せばレンジ相場には弱いインジケーターと言えます。

相場に勢いがなく、もみ合っているような状態でゴールデンクロスやデッドクロスなのでサインが出ても、
先ほど説明したような動きをしない事は多々あります(ダマシ)。

なので使用する際には、しっかりとトレンドの強弱を把握する必要があります。

MT4でのMACDの挿入方法

MT4画面上部の「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」→「MACD」をクリックしてください。

短期EMA・長期EMA:ローソク足何本分を計算に用いるか?

最後に「OK」をクリックすれば完了です。

まとめ

今回の記事ではMACDについて説明しました。

MACDを使用することによりトレンドの強弱の把握、ゴールデンクロスやデッドクロスなどの

エントリーポイント(FX視点)の見極めに利用できますので、

自分の手法が今の相場に適しているのか?を見極めるのに非常に役立ち、

より安定した勝率を出すことができるようになるのでぜひ活用してください。

 

関連記事

  1. インジケーター

    【バイナリー・FX】世界中で使われている移動平均線の使い方

    今回の記事では、最も有名なインジケーターと言っても過言では無い…

  2. インジケーター

    ZigZag(ジグザグ)を使ってバイナリーの分析力大幅アップ!!

    今回の記事では、僕の動画でもよく使っているZigZag(ジグザ…

  3. インジケーター

    トレンドの見極めに有効!!ボリンジャーバンドを使って上手に負けを防ぐ方法

    今回の記事では、最も有名なインジケーターの1つであるボリンジャ…

  4. インジケーター

    バイナリーオプションの逆張り必勝法!!RSIを使った攻略方法を解説

    今回の記事ではオシレーター系のインジケーターであるRSI…

シグナルツール「シンギュラリティ」

有料級レポートプレゼント!

ハイローオーストラリア 口座開設はこちら

最近の記事

  1. MT4

    作業効率5倍!!絶対に覚えたほうがいいMT4のショートカット術
  2. ハイローオーストラリア

    【最新版】ハイローオーストラリアの取引方法を解説
  3. テクニカル分析

    【超重要】バイナリー 勝ち組は何故ラインを使うのか?
  4. 基礎知識

    有料級!「ダウ理論」を使った転換時の鉄板エントリーポイントを公開!
  5. ハイローオーストラリア

    【最新版】ハイローオーストラリアでの入金・出金方法
PAGE TOP