テクニカル分析

【超重要】バイナリー 勝ち組は何故ラインを使うのか?

こんにちは、松井です。

今回は相場分析において非常に重要となる

「ライントレード」

について解説します。

ライントレードとは

ライントレードとはその名の通り、チャート上にライン(線)引き、そのラインを根拠に価格が達した時(またはライン付近で)にエントリーする取引手法のことを言います。

そもそもなぜ価格が動くのか?

「ではどうやってラインを引けばいいのか?」

を説明する前に、「そもそもなぜ価格が動くのか?

この理由について説明します。

結論から言うと、為替の相場が動く理由は

「投資家たちが取引をして買いポジションや売りポジションを持つから」

です。

いくら為替相場に影響がありそうなニュースが流れても、取引が行われなければ相場は動きません。

つまり相場というものは

投資家たちの人間心理や感情、思惑が取引を介して形となっている

とも言えます。

つまり、投資家たちがどのポイントで買い注文または売り注文を入れるのかを予想することによって、今後の価格を予測することができます

そして、そのポイントを見極めるための方法の1つが今回紹介するライントレードです。

ラインの引き方

では実際にどのようにしてラインを引けばいいのかを説明していきます。

水平線

その名の通り、チャート上に水平の線を引く方法です。

水平線の引き方としては大きく以下の2つがあります。

  • 高値・安値に引く
  • 複数回反発してるポイントに引く
高値・安値に引く

チャート上の高値と安値に水平線を引く方法です。
チャートを縮小し、チャート上の1番高い価格や1番低い価格で水平線を引いたり、反発している部分に引きます。

高値

特に、前日の高値・安値は世界中のトレーダーが意識しているポイントです。

世界中のトレーダーが意識している=そのライン付近で自分が持っているポジションを決済しようとする

価格が反発する可能性がある

ということになります。

ただし、必ず反発するとは限りません。

逆に反発せずにそのまま価格が上昇または下落し続けてトレンドを形成してしまう可能性があることも覚えておいてください。

複数回反発してるポイントに引く

同じくらいの価格で複数回反発している部分にラインを引く方法です。

ラインの引き方

複数回反発している可能性がある=投資家たちが意識している

反発する可能性が高まる

となります。

水平線はローソク足の実体に引く?それともヒゲの先に引くべきか?

よく「水平線はローソク足の実体の部分に引くべきか?それともヒゲの先に引くのが正解なのか?」

という意見を聞きます。

ちなみに、こちらがローソク足の実体の部分にラインを引いたパターンです。

ラインの引き方

そして、こちらがローソク足のヒゲの先に引いたパターンです。

ラインの引き方

結論は、「どちらに引いても間違いではない」と考えています。

なぜなら、世の中には実体にラインを引く人、ヒゲの先にラインを引く人、どちらもいます。
つまり、どちらのパターンも意識している人がいるため反発する可能性は十分にありえるという事です。

もちらろん、ラインに達した部分で反発するとは限りません。

例えば、実体に引いたラインとヒゲの先に引いたラインとの間を面として捉えて、その辺りで反発する可能性があるという認識を持つことが大事です

レジスタンスラインとサポートライン

ちなみに水平線には2種類あります。

チャート上の高値に引いたラインをレジスタンスライン(上値抵抗線)と呼びます。

レジスタンスライン

そして、チャート上の安値に引いたラインをサポートライン (下値支持線)と呼びます。

サポートライン

ちなみに過去の相場でレジスタンスラインとして機能していたものが、サポートラインに転換することもよく起こります。
また、その反対にサポートラインとして機能していたものが、レジスタンスラインに転換することもよく起こります。

こちらのチャートは、元々はレジスタンスラインとして機能していたものが、サポートラインとして機能した場面を表しています。

レジスタンスラインがサポートラインに転換

トレンドライン

トレンドラインとはその名の通り、トレンドを形成している時に使用するラインです。

引き方は非常に簡単で、トレンド相場の中の上値と上値もしくは安値と安値を斜めのラインでつなぐだけです。

以下のチャートのように上値と上値を繋ぎ、再び価格がラインに近づいてきた時に、ライン付近で反発すると予想してエントリーを行います。

トレンドライン

MT4でのラインの引き方

最後にMT4でのラインの引き方について説明します。

MT4上部のメニューバーの「ー」で水平線、「 / 」でトレンドライン引くことができます。

wラインの引き方

また、何度も反発してるラインなど、重要なラインの太さや色を変更することも可能です。

(変更方法)
引いたライン上でダブルクリック、または右クリック→「プロパティ」を選択すると以下のような画面が表示されるのでお好きな色や太さに変更してください

ラインのプロパティ

 

関連記事

  1. テクニカル分析

    4つポイントからバンドウォークの発生を見極める!

    こんにちは、松井です。今年の夏は本当に暑いですね…僕は基本…

  2. テクニカル分析

    バイナリーで稼ぎたいなら必須!マルチタイムフレーム分析(MTF分析)を解説!

    FXなどでよく使われるマルチフーレム分析当然ですがバイナリーオ…

  3. テクニカル分析

    勝率を10%高める!バイナリーラインの引き方を公開!

    こんにちは、松井です。今回は、超重要ライントレードについてのお話で…

  4. テクニカル分析

    三尊が発生時した時の鉄板エントリーポイントの嘘【バイナリー 】

    今回の記事では、チャートパターンとして非常に有名な「三尊におけ…

シグナルツール「シンギュラリティ」

有料級レポートプレゼント!

ハイローオーストラリア 口座開設はこちら

最近の記事

  1. テクニカル分析

    4つポイントからバンドウォークの発生を見極める!
  2. インジケーター

    ZigZag(ジグザグ)を使ってバイナリーの分析力大幅アップ!!
  3. MT4

    MT4の使い方の完全版!!この記事を読めば初心者でも完全マスター
  4. 基礎知識

    バイナリーオプションでの「押し目買い」と「戻り売り」のポイントとは?誰も教えてく…
  5. ハイローオーストラリア

    【最新版】ハイローオーストラリアの取引方法を解説
PAGE TOP