fbpx

必勝法

バイナリーオプションはエントリータイミングが重要!ロジックから注意点まで徹底解説

2020年6月15日

こんにちは、松井です。

 

バイナリーオプションでは、「エントリータイミング」次第で勝ち負けが左右されてしまうことも少なくありません。

 

「あと少し早くエントリーをしていれば...」

「決済までの時間がもう少しあれば...」

 

と悔しい思いをしたことがある人も多いはずです。

 

例えば、下図ように方向性のトレンド相場でエントリーしたとしてもエントリータイミングによって負けてしまうこともあるので、バイナリーオプションではエントリータイミングは厳選していく必要があるんです。

上昇トレンドのチャート画面

 

そこで今回の記事では、バイナリーオプションにおけるエントリーのタイミングを解説していきます。

 

この記事を読めば、適切なタイミングでエントリーができるようになるので、今までよりも勝率を上げることが出来るようになるでしょう。

この記事で得られる事

  • 相場の状況別のエントリータイミングがわかる
  • エントリータイミングの重要性がわかる
  • エントリーをするうえでの注意点がわかる

相場の状況別エントリータイミングの判断基準

バイナリーオプションでは、「トレンド相場」「レンジ相場」の2つの相場があります。

 

どちらの方がエントリーしやすいというのは人によって違うのですが、エントリーできるタイミングが多ければ稼ぐことが出来るタイミングも多くなるので、どちらでもエントリーできるに越したことはありません。

 

ここでは「トレンド相場」「レンジ相場」に分けてエントリータイミングの判断基準を解説していくので、どちらでもエントリーできるように学んでみてください。

エントリータイミングの判断基準

  • トレンド相場におけるエントリータイミング
  • レンジ相場におけるエントリータイミング

 

トレンド相場におけるエントリータイミング

トレンド相場とは、一方向に値動きが続いていく相場状況のことです。

 

トレンド相場でエントリーするときは、トレンド相場の進行方向に沿ってエントリーをする「トレンドフォロー」を行うのが一般的です。

 

トレンドフォローをやるうえで気を付けたいのは、トレンド相場中の「高値や安値」でエントリーして負けることです。

上昇トレンドのチャート画面

トレンドフォローをしたものの、一時的にレートが反転して負けてしまうというのは多くのトレーダーが頭を悩ませるポイントです。

 

トレンドは一方向に進んでいるとは言え、上下を繰り返しながら進んでいくので、伸びきってしまえば一時的に反転してしまいます。

 

だから、トレンドが伸びきった後ではなく、トレンドが始まった直後を狙いましょう。

 

トレンド相場のエントリーにおいては、このトレンドが始まった直後をいかに狙えるかというのが大きなポイントになってくるんです。

 

ここでは、トレンドが始まった直後でエントリーするための手法を解説していきます。

トレンドが始まった直後を狙う手法

  • 移動平均線を利用した押し目・戻り目でエントリー
  • 最高値・最安値のブレイクポイントでエントリー

 

移動平均線を利用した押し目・戻り目でエントリー

まず、トレンドフォローでもっとも重要なのは「トレンドの方向性を見極めること」です。

そして、トレンドの方向性を見極めるのに役に立つのが「移動平均線」というテクニカル指標になります。

 

移動平均線とは、一定期間の値動きの平均を線で繋ぐことで、値動きの方向性を示したテクニカル指標です。

移動平均線を見れば、相場の方向性が分かります。

 

移動平均線での方向性の見極め

  • ローソク足が移動平均線より上にあり、移動平均線が右肩上がりになっていれば上昇トレンド
  • ローソク足が移動平均線より下にあり、移動平均線が右肩下がりになっていれば下降トレンド

上昇トレンドのチャート画面

下降トレンドのチャート画面

また、移動平均線の傾きにより、トレンドの強さを判断することもできます。

トレンドの強さ

  • 上昇トレンドの時、移動平均線が右肩上がりであればあるほどトレンドの勢いが強い
  • 下降トレンドの時、移動平均線が右肩下がりであればあるほどトレンドの勢いが強い

このように移動平均線を利用するだけで、大筋のトレンドを見極めることができます。

 

トレンド相場では、この移動平均線を利用してトレードを行います。

 

まずは移動平均線で相場の状況を見極めましょう。

上昇トレンドのチャート画面

上昇トレンドが起きていることが分かりますね。

 

次にエントリータイミングですが、先ほどもお話ししたように勝つためには、トレンドが始まった直後を狙う必要があります。

そのタイミングを判断するのにもっとも役立つのが「押し目・戻り目」という考え方です。

 

押し目・戻り目とは、トレンド相場中に一時的に反転して後、再度トレンドが発生する瞬間のことです。

 

そして、この押し目・戻り目が発生する瞬間は、移動平均線にローソク足がタッチしたときである傾向が強いんです。

上昇トレンドのチャート画面

しかし、移動平均線にタッチしたからといって、必ずしも反発するとは限りません。

そこで、おすすめなのが「移動平均線で反発した次のローソク足でエントリーする」ということです。

チャート画面

1本目のローソク足できちんと反発しているかどうかを確認したうえで、次のローソク足でエントリーをおこなえば、「反発しなかった」というリスクを低くすることができます。

 

これが下降トレンドの時は「戻り目」として逆の動きになります。

 

このように移動平均線でトレンドを掴んだうえで、押し目・戻り目を狙っていけば、エントリー後に反転してしまうというリスクを下げることが出来るので、ぜひ取り入れてみてください。

 

最高値・最安値のブレイクポイントでエントリー

トレンド中にも関わらず一時的に上昇・下降ができず反発してしまうことがあります。

チャート画面

 

トレンド中にも関わらず上昇・下降ができず反発しているということは、それだけ反発する力が強いということです。

 

つまり、反発しているポイントを抜けたと言うことは、それだけ勢いよく値動きが起こっているということになるんです。

 

勢いが良いと言うことは、そのポイントから再度トレンドが発生する可能性が高いので、トレンド中の上昇・下降ができずに反発しているラインをブレイクしたタイミングを狙ってエントリーをすれば勝てる可能性が高くなります。

 

しかし、反発ポイントを抜けたからといって、必ずしもトレンドが起きるとは限りません。

また、一時的に反発ポイントを抜けてレートが戻る「ダマシ」に合う可能性もあります。

 

そこで、おすすめなのが先ほど同様に「反発ポイントを抜けた次のローソク足でエントリーする」ということです。

チャート画面

 

1本目のローソク足できちんとブレイクしているかどうかを確認したうえで、次のローソク足でエントリーをおこなえば、「実はブレイクしていなかった」というリスクを低くすることができます。

 

なお、下降トレンドの時は逆の動きになります。

 

このように反発しているポイントをブレイクしたタイミングでエントリーをすれば、再度トレンドが起こる可能性も高くなるので、ぜひやってみてください。

 

ブレイクアウトロジックをもっと詳しく学びたい人はこちらの記事で解説していますので、興味があれば読んでみてください。

レンジ相場におけるエントリータイミング

レンジ相場とは、為替レートが一定の範囲内で行ったり来たりを繰り返している相場状況です。

レンジ相場のチャート画面

高値と安値での反発する力が強く、反発しているポイントを抜けるだけのトレンドもない場合に発生します。

 

つまり、レンジ相場が起きている時に高値と安値に達すれば、ローソク足が反転する可能性が高いということになります。

 

この特性を利用して、高値・安値でここまでローソク足が動いてきた方向とは逆にエントリーをする、すなわち逆張りエントリーをするというのがポイントになります。

 

ここでは、レンジ相場で逆張りエントリーをするための手法を解説していきます。

トレンドが始まった直後を狙う手法

  • RSIを利用する
  • ゾーントレードをおこなう

 

RSIを利用する

逆張りロジックで利用するのは、今の相場が「買われすぎているのか」「売られすぎているのか」を判断するテクニカル指標である「RSI」です。

 

RSIは、RSI値が30を下回ったら「売られすぎ」70を上回ったら「買われすぎ」と判断することができます。

 

そして、売られすぎ、買われすぎということは、レートが反発する可能性が高いということです。

 

この特性を利用すると、それぞれ売られすぎているのであれば「High」、買われすぎているのであれば「Low」を選ぶと勝てる可能性が高いと言えます。

レンジ相場のチャート画面

 

このようにRSIを利用すれば、逆張りエントリーをおこなうタイミングがわかりやすくなります。

ぜひ、やってみてください。

 

また、今回解説したRSIを利用して逆張りでエントリーをおこなうロジックはバイナリーオプションをやっていくうえで、必ず覚えておいた方が良い重要なロジックです。

 

以下の記事にて詳しく解説していますので、ぜひ学んでみてください。

 

ゾーントレードをおこなう

レンジ相場の場合、どこからどこまでがレンジ相場かを判断するのは少し難しいです。

 

レンジ相場の高値・安値に達していないと思っていたら反転が始まったり、高値・安値に達したと思ったら反転しなかったりする場合も少なくありません。

 

そのような事態を防ぐのに最適なのが、「ゾーントレード」です。

 

ゾーントレードは、ラインを1本ずつ引いてレンジ相場を判断するのではなく、ラインを2本引いて、ラインとラインの間をゾーンとしてエントリーチャンスを待つ手法です。

チャート画面

ゾーンに入ったタイミングをレンジの最高値・最安値として、ゾーンに入った時点で逆張りエントリーをおこないます。

 

これであれば、レンジ相場の最安値と最高値が分かりやすくなるので、エントリータイミングを掴みやすくなります。

 

ゾーンの作り方は人それぞれ違うのですが、おすすめは「ローソク足のヒゲと実態を結ぶこと」です。

また、利用する判断に利用するローソク足はヒゲが長いものを利用します。

チャート画面

あとは、このゾーンに入ったタイミングで逆張りエントリーを仕掛けていくだけです。

 

精度を上げるために、先ほどお話ししたRSIなどのインジケータを利用していくと良いでしょう。

 

ぜひゾーントレードと組み合わせてやってみてください。

松井
サインツールを持っている人は、インジケータの変わりにサインツールを使うのもおすすめです。
サインツールのサインでエントリーする方が自分でインジケータを見るよりも精度が高い場合もありますし、逆にゾーンを見てどのサインでエントリーをするか決めていくという使い方でも良いと思います。

僕が開発したサインツール「シンギュラリティ」に興味がある方は以下のリンクからご覧になってください。

シンギュラリティの詳細はコチラ

 

エントリーをするうえでの注意点

エントリータイミングが分かったら、最後にエントリーをするうえでの注意点を理解しておきましょう。

 

エントリーをするうえでの注意点として挙げられるのは

エントリーをするうえでの注意点

  • エントリータイミングがズレるような業者は使わない
  • エントリータイミングを見逃した時はエントリーしない

エントリーがズレるような業者は使わない

バイナリーオプション業者の中には自分の思っているようなタイミングでエントリーができずにエントリータイミングがずれてしまうバイナリーオプション業者が存在します。

 

つまり、約定力が低いということです。

 

多少のズレや、経済指標発表時など値動きの激しいときにズレるのであれば許容範囲ですが、約定力が低く日常的にエントリータイミングがズレてしまうバイナリーオプション業者であれば、非常に予想しづらくなってしまいます。

 

バイナリーオプションで全くエントリータイミングがズレないということはないのですが、それでも業者によってズレの大小はあります。

 

ズレの大きすぎるバイナリーオプション業者(約定力が低い業者)を利用するのはやめておきましょう。

 

勝てたはずのトレードも勝てなくなります。

 

松井
僕がおすすめしているハイローオーストラリアの約定力は非常に高いバイナリーオプション業者です。

エントリータイミングをズラしたくないのであれば、ハイローオーストラリアを利用することをおすすめします。

 

ハイローオーストラリアの詳しい解説は以下の記事をご覧になってください。

 

まだハイローオーストラリアの口座を開設していないという方は、以下のリンクから口座開設をすることができます。

ハイローオーストラリア口座開設

 

エントリータイミングを見逃した時はエントリーしない

バイナリーオプションをやっていると誰でもエントリータイミングを見逃してしまうことがあります。

 

そのときに焦ってエントリーをしたり、遅れてエントリーをすることで負けてしまう人は非常に多いんです。

 

自分なりの判断基準通りにエントリーしなければ、勝てるトレードも勝てません。

 

焦らなくても相場はずっと続いていきますので、エントリーチャンスはまたすぐに訪れます。

 

バイナリーオプションでは、待つことも勝つための手段のひとつです。

エントリータイミングを見逃してしまったときは、エントリーしないということを徹底しましょう。

 

松井
バイナリーオプションに限らず、投資ではメンタル管理で負けてしまっている人も多いです。

お金を扱うのでどうしても精神的に不安定になりがちですが、我慢して冷静にエントリーをするようにしましょう。

バイナリーオプションでは、手法とメンタルが揃って初めて勝つことが出来るんです。

 

まとめ

今回は「エントリータイミング」について解説してきました。

 

バイナリーオプションでは、時間がくれば自動的に決済されてしまうので、エントリータイミングこそがもっとも重要になります。

やみくもにエントリーしていたのでは、勝てるトレードも勝てなくなります。

 

今回の記事で紹介したような

  • 移動平均線を利用した押し目・戻り目でエントリー
  • 最高値・最安値のブレイクポイントでエントリー
  • RSIを利用する
  • ゾーントレードをおこなう

というポイントを身に付けてベストなタイミングでエントリーできるように心がけてください。

 

また、注意点はしっかり守ってください。

  • エントリーがズレるような業者は使わない
  • エントリータイミングを見逃した時はエントリーしない

いくら良いタイミングでエントリーするスキルを身に付けても、エントリーがズレたり、メンタルが安定していなければ勝てたはずのトレードも負けてしまいます。

 

エントリータイミングをしっかり磨いて、勝率を上げていきましょう。

 

松井
いろんなロジックを勉強したにも関わらず勝てないという人は、そもそものエントリータイミングが良くない場合も多いです。
一度エントリータイミングを見直してみると、それだけで勝てるようになるかもしれません。
LINE登録ページ     シンギュラリティ

-必勝法