年末年始のハイローオーストラリア営業時間まとめ!入金・出金やバイナリーオプション取引戦略は?

この記事で得られる事
  • ハイローオーストラリアの年末年始の営業時間がわかる
  • 年末年始の為替相場の特徴と対策がわかる
  • トレーダーとして年末年始にやっておくことがわかる

こんにちは、松井です。

毎年11月も終わりに近づくと一気に年末年始が近付いてきますよね。

世間の皆さんにとって年末年始というと、「冬休み」「お正月」など楽しいイメージが強いかと思いますが、僕たちトレーダーにとって年末年始というと色々と注意しなくてはいけない時期なんです。

年末年始のハイローオーストラリアの営業時間を理解したり、バイナリーオプションをやるうえでの年末年始相場対策などトレーダーにはやることがたくさんあります。

そこで今回の記事では、年末年始のハイローオーストラリアの営業時間を始め、年末年始相場の特徴と対策、またトレーダーとして年末年始にやっておくべきことなどを徹底的に解説していきます。

良い年末年始を過ごすためにも、バイナリーオプションをやっている方は、必ず年末年始を迎える当記事を読んておいてください。

なお、まだハイローオーストラリアの口座開設をおこなっていないという方は、こちらから開設ができます(登録は無料のうえ、3分で完了します)。

【2020年〜2021年】ハイローオーストラリア年末年始の営業時間

年末年始は各国の外国為替市場が休場日となり、ハイローオーストラリアも休業日となります。

そのため、クリスマス頃から年末年始にかけて一部日程で取引ができなくなるので注意してください。

日本人の感覚では年末年始と言われれば、1月3日までという印象ですが、ニューヨーク市場もロンドン市場も休場日は1月1日のみです。

東京市場は1月3日まで休場ですが、ハイローオーストラリアの場合は1月2日より取引が可能になります。(1月2日が土日の場合は、1月3日から取引が可能です。)

年末年始の取引情報について

ハイローオーストラリアの2020年〜2021年にかけての取引可能時間は以下の通りです。

12月23日(木)通常営業
12月24日(金)AM2:00まで取引可能
12月25日(土)×
12月26日(日)×
12月27日(月)通常営業
12月28日(火)AM2:00まで取引可能
12月29日(水)通常営業
12月30日(木)通常営業
12月31日(金)AM2:00まで取引可能
2021年1月1日(土)×
2021年1月2日(日)×
2021年1月3日(月)通常営業
2021年1月4日(火)通常営業

※土日は通常通り休業日となっています。

2020年〜2021年の年末年始は元旦が土曜日となるため、外国為替市場やハイローオーストラリアで取引が可能となるのは2021年1月3日からになります。

今年トレーダーとして初めての年末年始を迎えられるという方は、意外と年末年始に取引できる日が多いなという印象を受けたのではないでしょうか。

なお、ハイローオーストラリアのカスタマーサポートに関しては以下の日程が年末年始の休業日となっていますので注意してください。

12月23日(木)通常営業
12月24日(金)×
12月25日(土)×
12月26日(日)×
12月27日(月)通常営業
12月28日(火)×
12月29日(水)通常営業
12月30日(木)通常営業
12月31日(金)×
2021年1月1日(土)×
2021年1月2日(日)×
2021年1月3日(月)通常営業
2021年1月4日(火)通常営業

※土日は通常通り休業日となっています。

年末年始になってから焦ってカスタマーサポートに問い合わせることがないように、不明点は早めに問い合わせておきましょう。

ハイローオーストラリアへの問い合わせ方法が分からないという人は以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事ハイローオーストラリアの問い合わせ方法がわかる 「よくある質問」の使い方がわかるこんにちは、松井です。日本国内で人気の高いバイナリーオプション業者であるハイローオーストラリア[…]

ハイローオーストラリアの問い合わせ方法

年末年始の入金について

ハイローオーストラリアの入金方法は以下の3つが用意されています。

銀行入金クレジットカード入金ビットコイン入金
最低入金額10,000円5,000円5,000円
手数料無料(送金手数料は自己負担)無料無料
反映までの時間銀行営業日の12時(正午)までの入金は、通常同日の15時までに反映。12時(正午)を過ぎた場合は、翌銀行営業日に反映。即時基本的に即時(利用するウォレットによっては、30分程度かかる場合あり)
入金対応全ての日本国内の銀行VISA・Master・JCBカードほぼ全てのウォレットに対応

この中でも「クレジットカード入金」と「ビットコイン入金」は24時間即時反映となっているので年末年始でも問題なく入金することができます。

ただし、銀行入金に関しては、銀行が営業日かつハイローオーストラリアが営業日で着金確認ができないと口座に反映できないため、注意してください。

ハイローオーストラリアの口座反映が可能な日程に関しては以下になります。

ご自身で利用している銀行の年末年始の営業時間と合わせて確認しておいてください。

12月23日(木)通常営業
12月24日(金)×
12月25日(土)×
12月26日(日)×
12月27日(月)通常営業
12月28日(火)×
12月29日(水)通常営業
12月30日(木)通常営業
12月31日(金)×
2021年1月1日(土)×
2021年1月2日(日)×
2021年1月3日(月)×
2021年1月4日(火)通常営業

なお、ハイローオーストラリアの入金方法を知らないという方は以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事ハイローオーストラリアの入金方法・手順がわかる 入金方法別で最低入金額と口座反映時間がわかる 入金ができない場合の対処法がわかるこんにちは、松井です。ハイローオーストラ[…]

ハイローオーストラリアの入金方法

年末年始の出金について

年末年始の出金はハイローオーストラリアと銀行が営業日であれば出金依頼・着金をおこなうことが可能です。

出金可能日

ハイロー・銀行共に営業日:出金可能

ハイロー休業日:出金手続き不可

銀行休業日:着金確認不可

 

ハイローオーストラリアが営業中の場合でも、銀行が休業日の場合や時間外は着金確認をおこなうことはできませんし、一方で銀行のみ営業をおこなっており、ハイローオーストラリアが休業日の場合は、出金手続きをすることはできませんので注意してください。

急ぎの場合は、先に出金依頼だけでもしておくことで、銀行の営業開始日に合わせて着金確認をすることができます。

ハイローオーストラリアの出金方法や着金までの日数については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事ハイローオーストラリアの出金条件・方法がわかる 出金時における反映時間や手数料がわかる 出金ができない時の対処法がわかるこんにちは、松井です。突然ですが、ハイローオース[…]

ハイローオーストラリアの出金方法

年末年始の営業時間まとめ

ここまで解説した年末年始の営業時間や入金、出金についてひとつの表にまとめておきます。

年末年始日程営業時間(取引可能時間)カスタマーサポート入金
12月23日(木)通常営業通常営業通常営業
12月24日(金)AM2:00まで取引可能××
12月25日(土)×××
12月26日(日)×××
12月27日(月)通常営業通常営業通常営業
12月28日(火)AM2:00まで取引可能××
12月29日(水)通常営業通常営業通常営業
12月30日(木)通常営業通常営業通常営業
12月31日(金)AM2:00まで取引可能××
2021年1月1日(土)×××
2021年1月2日(日)×××
2021年1月3日(月)通常営業通常営業×
2021年1月4日(火)通常営業通常営業通常営業

年末年始になるとハイローオーストラリアの営業時間も普段と違い分かりにくくなってしまうので、カスタマーサポートへの問い合わせや入金出金手続きは早めにおこなうようにしましょう。

年末年始にできないこと

ハイローオーストラリアが年末年始で休業日になってしまうとプラットフォームを利用した取引やカスタマーサポートを利用したマイナンバーカードを利用した本人確認、銀行振込による入金手続きなど一部サービスを利用できなくなってしまいます。

ハイローオーストラリアの年末年始に何ができて何ができないのかをしっかりと把握しておきましょう。

年末年始の休業日にできないこと

  • プラットフォームを利用した取引
  • マイナンバーカードを利用した本人確認
  • 入出金申請後の銀行振込
  • カスタマーサポート

プラットフォームを利用した取引

ハイローオーストラリアが年末年始の休業日になってしまうと取引プラットフォームを利用することができないため、全ての通貨ペア・仮想通貨・商品指数・株価指数において取引をおこなうことができません。

平日でも取引ができないので、毎年いつがハイローオーストラリアの年末年始休暇なのかを知らずに「ハイローオーストラリアが急に使えなくなった!」と言う人が後を絶たないので、そのようにならないように取引スケジュールを確認しておいてください。

なお、ハイローオーストラリアが休業日の場合、デモ取引も利用することができなくなるので注意してください。

ハイローオーストラリアのデモ取引は実際の取引画面と為替相場を利用してバイナリーオプションを体験できる高機能なものなので、ハイローオーストラリアのリアル口座が使えないタイミングでは取引ができません。

マイナンバーカードを利用した本人確認

現在ハイローオーストラリアでは、リアルタイム承認が導入され、口座開設後、3分程度で取引開始まで進む事が可能になりました。

2019年12月以前口座開設後、取引まで2~3日(人的作業による本人確認作業のため)
2020年1月以降口座開設後、3分程度で取引可能(本人確認作業が自動化されたため)
これまで写真付の本人確認書類とあわせて提出する必要があった「現住所を確認出来る郵便物等」の提出が不要になりました。

ただし、このリアルタイム承認が利用できるのは、本人確認書類を「運転免許証」「パスポート」を提出した場合のみなんです。

マイナンバーカードはリアルタイム承認非対応なので、承認作業に1〜2日ほどかかります。

つまり、ハイローオーストラリアが休業日の場合、承認作業を年末年始におこなうことができないので、マイナンバーカードを利用した場合のみ口座開設ができません。

年末年始に口座開設をしたいのであれば、本人確認書類は「運転免許証」か「パスポート」を利用するようにしてください。

なお、ハイローオーストラリアの口座開設方法について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事

この記事で得られる事ハイローオーストラリアの口座開設方法の手順がわかる 口座開設に伴う注意点、よくあるトラブルがわかる 口座開設後の流れがわかるこんにちは!松井です。ハイローオーストラリアの口[…]

ハイローオーストラリアの口座開設(最新)

入出金申請後の銀行振込

ハイローオーストラリアが年末年始の休業日の場合は、銀行振込による入金確認、銀行出金手続きをおこなう事ができません。

クレジットカード入金・ビットコイン入金は即時反映しますので、急いで入金したい場合はこちらを利用することをおすすめします。

また、出金についてはハイローオーストラリアでは以下のようなルールになっています。

出金方法の概要

  • 本人名義の銀行口座への出金のみ対応
  • 最低出金額が10,000円
  • 出金手数料は無料
  • 日本時間正午までに申請を行えば、翌営業日に着金
  • 日本時間正午までであれば、マイページよりキャンセルが可能

ハイローオーストラリアが年末年始の休業日の場合、そもそも出金手続きをすることができないので、銀行の営業に関わらず出金ができなくなってしまいます。

年末年始までに出金しておきたい場合は、年末年始の休業日になる前に出金申請をしておくようにしてください。

カスタマーサポート

ハイローオーストラリアには以下の2つの問い合わせ方法が用意されていますが、どちらも年末年始の休業にには問い合わせができません。

問い合わせ方法

  • サポートチケット(メール)で問い合わせ
  • 電話で問い合わせ

電話は当然繋がりませんし、メールは返信が来ることはありません。

ただし、メールを送ることはできるので、休業日明けすぐに返答が欲しい場合は、事前にメールを送っておくことをおすすめします。

年末年始のバイナリーオプション攻略

副業でバイナリーオプションをやっているという方の中には、年末年始は仕事が休みになるので集中してトレードをしたいう方も多いと思います。

そこでここからは、年末年始にトレードをしたいという方に向けて、為替相場の特徴を解説していきます。

なお、当記事では「12月(年末)」と「1月(年始・お正月)」に分けて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

12月(年末)の為替相場の特徴

12月(年末)の為替相場の特徴を一言で言うと「荒れやすい」です。

まず前提として覚えておいて頂きたいのが、替相場を動かしているのは、機関投資家と呼ばれるプロのトレーダーたちと世界各国の企業による実需取引になります。

機関投資家とは

機関投資家とは、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、普通銀行、信用金庫、年金基金、共済組合、農協、政府系金融機関など、大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口投資家。

 

実需取引とは

貿易や給料の支払いなど、実際に利用するために為替取引をすること。例えばアメリカの貿易企業が社員へ給料を支払うために資金をドルに戻す作業など。

 

1つ目に機関投資家たちの12月の動きですが、欧米では11月末に感謝祭があるため、機関投資家たちは感謝祭前に保有しているポジションを決済してしまうんです。

中には感謝祭前のポジション決済を最後に年内の取引に区切りをつける機関投資家もいます。

その結果、相場に流動性がなくなり、値動きが読めなくなってしまいます。

流動性の無い相場だと、普段は大した影響の出ない小さな力(資金)でさえも相場に影響を与えやすくなります。簡単に言えばテクニカル分析が効かなくなるということです。

2つ目に実需取引ですが、アメリカの企業は12月が決算である場合が多く、12月に他国の通貨をドルに戻します。

結果、ドル高が進むと言った傾向もあるんです。

また、アメリカ企業の年度末決算の結果次第で為替相場が大きく反応し、予想できない値動きをすることも多いので、投資家たちは取引を控える傾向にあり、相場の流動性がなくなってしまいます。

実際にiPhoneを販売しているApple社の決算結果が悪く、為替相場で大暴落が起きたということも過去にあるので、注意が必要です。

このように12月は様々な要因が重なり、相場の流動性がなくなり、荒れやすい相場になります。

クリスマス休暇前は要注意

また、欧米ではクリスマスから年始まで長期休暇に入るため、為替相場が開いていたとしても取引自体が極端に少なくなる傾向にあるんです。

そしてクリスマス休暇前は為替ディーラーは保有しているポジションを決済するため、相場が荒れやすいとされています。

欧米のトレーダー達は、クリスマスからの長期休暇に入る代わりに年始では元旦である1月1日のみ休んだら2日から一斉にトレードを再開するので通常通り、盛んな市場として動きます。

【補足】アノマリーとは?

為替相場を利用したバイナリーオプションをやるのであれば知っておきたい言葉に「アノマリー」という言葉があります。

為替相場についての解説でよく出てくる言葉なのですが、

市場において理論的な根拠が無いものの、よく当たる経験則

のことをアノマリーといいます。

有名なところで言うと、

  • 5や0のつく日(5日、10日2、0日など)は、東京時間の仲値(9時55分)にかけてドル円が上昇しやすい。
  • ジブリの呪い:米国雇用統計の発表日に金曜ロードSHOWでジブリの映画が放送されると、ドル円が暴落する

など数多くのアノマリーが存在します。

そして各月ごとにもアノマリーが存在し、上記で説明した「12月は円安ドル高に進みやすい」というのもアノマリーの1つです。

このアノマリーについては、短期的な取引を行うバイナリーオプショントレーダーにとってはそこまで詳しく知っておく必要はないですが、興味がある方は調べてみてください。

1月(年始・お正月)の為替相場の特徴

1月(年始・お正月)の為替相場の特徴は「年明けの初日は活発な値動きを見せる」です。

欧米のトレーダー達は、クリスマスからの長期休暇に入る代わりに年始では元旦である1月1日のみ休んだら2日から一斉にトレードを再開するので通常通り、盛んな市場として動きます。

2日が土日の場合は、次の平日が開場日です。

つまり、年始一発目の開場日は、多くのトレーダーが為替相場になだれ込むことにより、相場が荒れやすくなるんです。

また、以下で紹介する「1月効果」と呼ばれるアノマリーもあるので、年始はしばらく取引を控えるのも良いと思います。

1月効果に要注意

1月効果とは、先ほど解説したアノマリーの一種です。

1月効果とは

相場における1月の値動きが、その年の方向性を示すとされており、例えばUSD/JPYが1月に上昇すればその年1年間を通してドル高となり、その反対に1月に下落すれば1年を通して円高となるとされています。

 

年始の値動きにより当面の値動きが左右される可能性があるので、年始の取引は十分に注意してください。

1月2日の窓開けが発生しやすい

また、年始(1月2日)には窓開けが発生する可能性が高いです。(2日が土日の場合は翌開場日)

下記は2018年〜2019年の年末年始のUSD/JPYの日足のチャートです。

2018年12月31日の日足と2019年1月2日の日足に大きな窓が空いているのがわかると思います。

年末年始の為替チャート

そして1月3日の日足に注目していただきたいのですが、長い下ヒゲを形成しています。

そして、さらにこの部分を15分足で表示したのが以下のチャートです。

年末年始の為替チャート

突然、非常に大きな下ヒゲを形成し、次の足ではさらに低い価格となっています。

年始ではこのように突如大きな値動きを起こすことがあるので取引をおこなう際は注意が必要です。

ご祝儀相場手法は有効か?

年末年始の取引について調べているとよく出てくるのが

ご祝儀相場

という言葉です。

ご祝儀相場とは

お祝いや景気付けの意味を込めて相場が上昇する現象の事を指します。

年始においても相場が大きく事があり、ご祝儀相場とされています。

なぜ年始に大きく動くかというと、市場が年明けと共にトレーダー達が一斉に取引を開始する事により相場が大きく動くからです。

そしてこの年始のご祝儀相場での取引方法として紹介されているのが、

年始のご祝儀相場では円高方向進みやすいのでUSD/JPYでLowエントリーを狙う

といった方法です。

結論から言うと、この方法はバイナリーオプションでは使えません。

なぜなら円高方向に進むと言ってもあくまで数時間単位の話ですので短い時間軸で取引を行うバイナリーオプション取引に対しては有効となりえないからです。

当然、円高に進む可能性がある事を頭に入れておくことは重要です。

相場がどちらの方向に進んでいるのかを把握した上で取引を行うことは勝率を高める上で重要な要素となるからです。

単純に「円高に進むからLowエントリー」というのは勘で取引しているのと変わらないのでやめておきましょう。

年末年始の為替相場の特徴まとめ

ここまで解説した為替相場の特徴を表にまとめてみましたのでご覧ください。

12月24日市場は開いているがアメリカがクリスマス休暇のため流動性が低い
12月25日日本以外のほとんどの主要国がクリスマス(祝日)で休場
12月26日~31日平日は市場は開いているが欧米がクリスマス休暇に入っているため流動性が低い
1月1日世界中の市場が休場
1月2日市場が開き、通常通りの相場

※土日の関係による日にちは前後する場合があります。

年末年始は為替市場の流動性が下がり、荒れた相場となりやすいです。

そのため、年末年始に取引する場合は、以下の対策を取ることをおすすめします。

年末年始の対策

  • 掛金を下げる(またはデモに切り替える)
  • 取引の基準を上げる
  • 取引をやめて相場検証を行う

「取引の基準を上げる」とは普段の取引の基準(ルール)より厳しい水準(ルール)やプラスの根拠と合わせて取引を行うという意味です。

「普段とは違う相場」という事は、言い換えれば「普段使っている手法が通用しない可能性がある」という事です。

そのような相場でわざわざ取引する事もありません。

危険な場面を避け、勝てる場面で利益を出す。

これを意識してください。

年末年始にトレーダーがやるべきこと

年末年始は比較的時間が取れるという方が多いと思いますので、この項目では年末年始にトレーダーがやるべきことを解説していきます。

日常からやるには難しい作業ですが、年末年始で時間が取れるうちにやっておきましょう。

年末年始にやるべきこと

(1)取引結果を振り返る

(2)来年の目標を立てる

(3)確定申告の準備をする

 

(1)取引結果を振り返る

年末年始には1年間の取引結果を振り返るようにしましょう。

取引結果を振り返ることで、長い目で見たときに自分に向いている手法や取引時間を見つけることができます。

なお、特に確認すべきなのが以下の3点です。

確認したい取引結果

  • 全体の取引勝率
  • 時間帯毎の取引勝率
  • 手法毎の取引勝率

投資において重要なのは、長い目で見て勝ち続けることです。

年末年始の振り返りを繰り返すことで、長く勝ち続けることができるトレーダーになれるでしょう。

(2)来年の目標を立てる

今年の取引結果を元に来年の目標を立てておきましょう。

この際に注意してもらいたいのは「利益目標を立てない」ということです。

来年は〇〇万円稼ぐ!

といった利益目標を立てているとメンタルを崩す元になります。

例えば、

今月はまだ〇〇万円しか稼げていない…。取り返さなければ!

今月はマイナスになってしまった…。取り返すために掛け金をあげよう!

などといった思考に至ってしまうんです。

そのため個人的におすすめしたいのは「勝率」を目標にすることです。

勝率であれば、仮に勝率が落ちていたとしても

勝率が下がっている…。慎重に取引をしよう!

という思考になるので、メンタルを崩すことがありません。

勝率アップを目指せば、結果として利益もついてきますので、意識してみてください。

(3)確定申告の準備をする

確定申告とは、1年間(1月1日〜12月31日)における所得にかかる税金を支払う手続きの事を言います。

ちなみにバイナリーオプションで利益を得たからといって必ずしも確定申告をしないといけないわけではありません。

以下の条件に当てはまる場合は確定申告が必要です。

確定申告が必要な人

  • 給与以外の所得(利益)が20万円を超えた方
  • 給与による所得が無く、所得が(利益)が38万円を超えた方
  • 給与の年間収入額が2,000万円以上の方

つまり

  • サラリーマンなどの給与を貰っている方は年間で20万円を超える利益
  • 専業主婦や学生など給与所得が無い方は年間で38万円を超える利益

を得た場合は確定申告が必要です。

納付の期間は翌年の2月16日〜3月15日となっており、期間内に税務署に申告し納税しなければなりません。

上記に当てはまる利益を得た方は、年末年始に確定申告の準備をしておきましょう。

なお、バイナリーオプションの税金については以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事いくら稼いだら確定申告が必要かわかる 国内と海外のバイナリー業者のどちらが税金が安いかわかる バイナリーオプションの節税方法がわかるこんにちは、松井です。投資で利益を出して[…]

バイナリーオプションの税金について

年末におすすめの節税方法

バイナリーオプションに関連する費用を経費にする事により支払う税金を安くすることができます。

以下に代表的な経費として認められる費用を紹介します。

経費として認められる費用

  • バイナリーオプション関連書籍代
  • バイナリーオプションのセミナー参加費や交通費
  • バイナリーオプションに使用するパソコンやインターネット料金

基本的にはバイナリーオプションの為に使ったお金を証明できるものがあれば、経費として認められますので、年末に書籍やセミナーに参加することで経費を利用し、節税するのがおすすめです。

【補足】ハイローオーストラリアの営業日・休業日

最後に年末年始以外のハイローオーストラリアの営業日と休業日についてお話ししておきます。

ハイローオーストラリアの営業時間

月曜日 AM7:00 ~ 土曜日AM 6:00

※土日(土曜日AM6:00〜月曜日AM7:00)は休業日となります。

バイナリーオプションは、世界中の通貨を扱う為替取引を利用した取引なので、為替市場が動いている平日の間は、ほぼ24時間取引をおこなうことができます。

ただし、ハイローオーストラリアでは円滑な運営のために毎朝メンテナンスを実施しており、メンテナンスの時間にハイローオーストラリアを開いても取引をすることはできないので注意してください。

メンテナンス時間

平日AM 6:00 ~AM 6:45

また、ハイローオーストラリアの休業日となる土日以外は、全ての平日で取引が可能なわけではありません。

以下の日程では、特例として平日でも取引時間外扱い(休業日扱い)になっています。

ハイロー土日以外の休業日

  • オーストラリアの休日
  • 年末年始

年末年始や休業日にできること

ハイローオーストラリアでは休業日になると取引ができなくなってしまうのですが、取引が出来なくてもいくつかできることがあります。

休業日でも意外とできることが多いので、取引が再開された際にスムーズに取引ができるように事前にやれることはやっておきましょう。

新規口座開設

ハイローオーストラリアは休業日であっても「口座開設」をおこなうことができます。

また、現在ハイローオーストラリアでは、2020年1月よりリアルタイム承認が導入されたので、休業日でも本人確認書類の審査を完了させ、口座開設を完了させることができるんです。

2019年12月以前口座開設後、取引まで2~3日(人的作業による本人確認作業のため)
2020年1月以降口座開設後、3分程度で取引可能(本人確認作業が自動化されたため)
2019年12月以前は、休業日に口座開設申請は出来ても本人確認書類の審査を完了させることができませんでした。

ただし、このリアルタイム承認が利用できるのは、本人確認書類を「運転免許証」「パスポート」を提出した場合のみなのでマイナンバーカードを利用した場合、承認作業に1〜2日ほどかかりますので注意してください。

なお、ハイローオーストラリアの口座開設方法について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事

この記事で得られる事ハイローオーストラリアの口座開設方法の手順がわかる 口座開設に伴う注意点、よくあるトラブルがわかる 口座開設後の流れがわかるこんにちは!松井です。ハイローオーストラリアの口[…]

ハイローオーストラリアの口座開設(最新)

マイページへログインする

ハイローオーストラリアが休業日だったとしても、ログインをおこなうことは可能です。

ログインができることにより以下で解説する入出金(出金は申請のみ)をおこなうこともできますし、取引履歴を確認して取引を振り返ることもできます。

クレジット・ビットコインなら入金も可能

ハイローオーストラリアの入金方法は以下の3つが用意されています。

銀行入金クレジットカード入金ビットコイン入金
最低入金額10,000円5,000円5,000円
手数料無料(送金手数料は自己負担)無料無料
反映までの時間銀行営業日の12時(正午)までの入金は、通常同日の15時までに反映。12時(正午)を過ぎた場合は、翌銀行営業日に反映。即時基本的に即時(利用するウォレットによっては、30分程度かかる場合あり)
入金対応全ての日本国内の銀行VISA・Master・JCBカードほぼ全てのウォレットに対応

この中でも「クレジットカード入金」と「ビットコイン入金」は24時間即時反映となっているので休業日でも問題なく入金することができます。

ただし、銀行入金に関しては、ハイローオーストラリアが営業日で着金確認ができないと口座に反映できないため、休業日明けの反映となります。

出金依頼のみ可能(振込は休業日明け)

ハイローオーストラリアが休業日だったとしても、出金依頼をおこなうことは可能です。

なお、ハイローオーストラリアでは、土日に申請した場合は翌営業日(※月曜日又は祝日明け)の着金となります。

まとめ

今回はハイローオーストラリアの年末年始の取引時間やバイナリーオプションをやるうえで知っておきたい為替相場の値動き傾向を解説しました。

2020年〜2021年の取引スケジュールは以下になります。

年末年始日程営業時間(取引可能時間)カスタマーサポート入金
12月23日(木)通常営業通常営業通常営業
12月24日(金)AM2:00まで取引可能××
12月25日(土)×××
12月26日(日)×××
12月27日(月)通常営業通常営業通常営業
12月28日(火)AM2:00まで取引可能××
12月29日(水)通常営業通常営業通常営業
12月30日(木)通常営業通常営業通常営業
12月31日(金)AM2:00まで取引可能××
2021年1月1日(土)×××
2021年1月2日(日)×××
2021年1月3日(月)通常営業通常営業×
2021年1月4日(火)通常営業通常営業通常営業

年末年始は通常と違った営業時間となりますので、取引だけでなくカスタマーサポートや入出金などをおこない場合も十分に注意してください。

また、年末年始の取引傾向ですが、個人的には年末年始は相場が荒れやすいため取引をおすすめしていません。

もし取引をする場合は十分に注意してください。

年末年始は取引をするより、次の1年間でより良いトレーダーになるために1年間の振り返りなどをおこなうことをおすすめします。

LINE登録ページ     シンギュラリティ

はじめまして松井隼人と申します。 僕は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、システム開発と投資事業を展開しています。   このブログサイトでは、バイナリーオプションやFXについてこれまで僕が学んだ知識や失敗経験を踏まえ 「ゼロから月収100万円稼げるスキルを身につける」 をテーマにトレード全般の情報をお届けしています。  

CTR IMG