fbpx
デモトレード始める前に

バイナリーオプションおすすめの業者

バイナリーオプションのデモトレードを始める前に知らないとヤバイこと

2019年11月28日

 

デモトレード

と聞くとお金を使わないトレードの練習程度に思っている方は多いと思いますが

正しいデモトレードの使い方・考え方というものがあって

バイナリーオプションで稼げるようになるために非常に重要な役割を担っています。

 

もし、あなたがバイナリーオプションを始める前にこの記事に出会えたのであれば非常にラッキーです。

この記事の内容を実践することにより資金を溶かすことは極めて低くなるでしょう。

 

また、1度でも資金を溶かしたことがある人にとっても非常に役立つ記事となっていますので是非ご覧になってください。

この記事で得られる事

  • デモトレードの重要性と取り組み方がわかる
  • 資金を溶かすリスクを回避できる

バイナリーナリーオプションのデモトレードとは

デモトレードとは、実際の資金を使わずにお試し用の口座を用いて取引を行うことを指します。

 

お試し用の口座と言っても本番用の口座と同じ画面・同じ環境(同じレート)で取引ができるのでバイナリーオプション未経験者でも気軽に取引を行うことができるはずです。

 

松井
また、一般的に「デモトレードの解説」と聞くと各バイナリーオプション業者でのデモ口座の使い方などをイメージするかもしれませんが、今回の記事ではもう少し広い意味でデモ口座を用いてどのような考え方でデモトレードに取り組むべきなのかを数多くのトレーダーを見てきた僕の経験を踏まえて解説してきます

 

デモトレードが重要な理由

デモトレードを行うメリットは取引に負けたとしても実際に自分の資金が減らない事です。

 

つまり、「必ずしも利益を出すことを考えなくていい」という事です。

 

バイナリーオプション取引を行う目的は「利益を出す事」にもかかわらず「利益を出すことを考えなくていい」と言われたら矛盾を感じるかもしれません。

 

松井
しかし、負けたとしても資金が減る事のないデモトレードだからこそ、勝率が不確定な手法でも気にせず取引できますし、負けたとしてもメンタルがブレることなくルールに従って淡々と取引を続けることができるはずです。

 

ですのでこのメリットはとても大きいです。

 

初心者の方にありがちなのがバイナリーオプションを始めたばかりにもかかわらず、デモトレードをほとんど行わずに実弾で取引をしてしまう方が多いです。

 

デモトレードだと負けても資金が減らない反面、勝ったとしても資金が増えないので取引をしても楽しくないですし、

 

「早く稼ぎたい!!」

 

という気持ちの方が強いので資金が減る事はあまり想定しないわけです。

 

そうすると、ほとんどの人は負けを許容する事ができずに資金管理のルールを破ったり、エントリーの基準を満たしていないにもかかわらず無理矢理エントリーをしてしまい、さらに損失を膨らませてしまいます。

 

ここまで来てしまうと立て直すのは非常に難しいです。

 

なぜなら取引を始めた時と違って損失を抱えてしまっているからです。

 

「とりあえずはプラマイゼロを目標にがんばろう!!」

 

と考えてしまいがちですが、そう上手くはいかずに、さらに損失が膨らんでしまうでしょう。

 

松井

こうなってしまった人は1度損失の事は忘れましょう。

 

その上でゼロの状態からしっかりとした手順を踏んだほうが確実に近道です。

 

正しいデモトレードの始め方(やり方)

ではどういった方法でデモトレードを行うのがいいのでしょうか?

 

デモトレードで重要なのが

  • 自分の手法の検証
  • 勝率の向上

です。

 

バイナリーオプションでは安定して高い勝率をキープさえ出来ていれば自ずと資金は増え続けます

 

まずはこの点をしっかりと理解してください。

 

松井
しかし、かといって最初から高い勝率を出すことばかりを意識してしまい、やたらとインジケーターを増やしたり、テクニカル分析の知識を詰め込みすぎてエントリー自体がほとんどできなくなってしまってはいつまで立っても勝率を上げることはできません。

 

ではどうすればいいかというと、

できるだけシンプルなルールで取引を繰り返す

まずはこれだけを実行して下さい。

 

余計なインジケーターも入れず、余計なルールを追加せずに自分の手法の最低限の基準のみで淡々とデモトレードを行ってください。

 

そして取引の際に

  • 取引記録を残す
  • 取引時のチャートの画像を残す

この2つを必ず行ってください。

 

松井
自分の取引記録を残すことにより、勝率や勝ちやすい時間帯、通貨ペアなどを把握し、客観的に自分の取引を振り返ることができますし、取引画像を検証することにより自分の手法がどのような相場に強いのか?反対にどのような相場に弱いのかがわかるはずです。

 

取引記録の残し方や画像の保存について、勝率を上げる具体的な方法は以下の記事で解説しています。

 

デモトレードにおすすめのツール「Forex Tester(フォレックステスター)」

そしてデモトレードを通して検証を行う際におすすめのツールが「Forex Tester(フォレックステスター)」というツールです。

Forex Tester(フォレックステスター)

このツールはFXの自動売買のロジックを作ったり、バックテストのために作られたツールで過去の為替レートの値動きが記録されています。

 

このツールを使うことにより、過去の為替相場の値動きを自分の好きなスピードに調整して再現してくれます(過去のチャートの値動きを全て録画しておいて、早送りで再生しているイメージです)。

 

松井

これだけ聞くと大したことがないように感じるかもしれませんが、このツールを使用することにより検証作業にかかる時間を大幅に短縮する事が可能です。

 

興味がある方は以下のページからForex Testerの詳細をご覧になってください。

 

デモトレードばかりやっていても勝てない

ここまでデモトレードの重要性や具体的な方法を説明してきましたが、このような意見を聞いたことはありませんか?

「デモ取引だと実際に損失が出るわけではないから、甘いエントリーをしてしまうしメンタルが鍛えられないから本口座(実弾での取引)を使ったほうがいい」

この意見に関しては間違いではないと思います。

 

松井
しかし、だからといって最初から実弾で取引を行うのは非常に危険です。

 

精神論を語っても説得力が無いように感じるかもしれませんが、結局の所、本人のやる気次第です。

 

デモトレードだろうと実弾でのトレードだろうと、ルールを破ってしまう時点でバイナリーオプションで稼ぐことはできません。

 

むしろデモトレードでルールを破ってしまうような人はおそらく実弾でのトレードでもルールを破るでしょう。

 

バイナリーオプション取引では「ルールを破ったら負ける」とまずは覚えておいてください。

 

松井
その上でルールを守るための工夫をしてください。

 

上記でお伝えした取引記録を残すことにより自分の取引を客観的に見ることができますし、その記録を定期的に第3者に見せることにより、ルールを守る事ができるはずです。

 

デモトレードから実弾へ移るタイミング

では実際にどのタイミングでデモトレードから実弾での取引に移行すればいいのでしょうか?

 

この疑問に対する僕の意見としては

松井
自分の手法を使って最低でも2週間取引した結果、勝率が約60%である事を確認してから実弾へ移行したほうがいいです。

となります。

 

なぜなら相場はその日によって大きく変化するため数日取引しただけでは本当の勝率とは判断できないからです。

もちろん不安なら2週間以上デモトレードを行ってもいいでしょう。

 

慎重すぎるくらいが丁度いいです。

 

そして実弾に移行してからも、いきなり大きな掛金で取引するのではなく、まずは最低金額から始めましょう。

 

ここでまずは大きな壁があります。

いくらルールを破ったら負けるとわかっていても、人は自分の資金が失われると冷静な判断ができなくなります。

 

「デモでは勝てるのに実弾に移行したら勝てなくなった」

というのはありがちな話です。

 

松井
もし実弾で取引で勝てないのであればデモトレードの量が足りないだけです。

 

その際はもう1度デモトレードを行い、自分の手法に自信が持てるまで何度でも繰り返しましょう。

 

デモトレードができるおすすめのバイナリーオプション業者

現在では大半の業者がデモ口座を提供しているのですが、僕がおすすめするのはハイローオーストラリアという海外のバイナリーオプション業者です。

 

ハイローオーストラリアは海外業者にもかかわらず日本国内で圧倒的な人気を誇る業者で、ほとんどのトレーダーが利用しています。

 

ハイローオーストラリアを選ぶべき理由については以下の記事で詳しく解説しています。

 

おそらく今後バイナリーオプションで稼ぎたいのであれば必ず利用するであろう業者ですので以下の記事を参考にデモトレードを実践してみてください(登録不要・無料で使用できます)。

 

まとめ

今回の記事ではバイナリーオプション取引におけるデモトレードの重要性や具体的な方法についてお伝えしました。

 

デモトレードは単純に取引画面の使い方を覚えるためではなく、自分の手法を検証し、勝率を上げるために行うべきです。

 

初めから複雑なルールで取引を行うのではなく、できるだけシンプルなルールで取引を繰り返し、取引記録と取引時のチャートを振り返り自分の勝率を上げることに注力しましょう。

 

そして自分のトレードに自信が出てはじめて(安定的に60%の勝率が出せる状態)実弾での取引を行いましょう。

 

松井
今回の記事では精神論の部分もあったかもしれませんが、

バイナリーオプションは最終的にはメンタル次第

と言われるくらいメンタルが結果に影響します。

 

今まで「楽して稼ぎたい」と考えていた方は一度気を引き締め直してバイナリーオプションに取り組んでみて下さい。

 

また、バイナリーオプションの取り組み方に不安がある方は僕に直接相談してください。

松井に直接相談する

LINE登録ページ    

-バイナリーオプションおすすめの業者