バイナリーオプションで生計を立てるには?投資で稼ぐために重要なことを徹底解説!

こんにちは、松井です。

 

僕は初心者の方からこんな質問をいただくことがよくあります。

「バイナリーオプションだけで生計を立てることはできますか?」

 

この質問に対して正直に答えると、バイナリーオプションだけで生計を立てるのは容易ではありません

不可能ではないものの難易度が高くリスクも伴います。全く勉強せずに取引を繰り返したり、運任せのギャンブルトレードをしていては生計を立てることはほぼ100%無理です。

 

ただ、生計の立て方さえ理解して地道に実践していけば少ない労力で大きなリターンを得て自由な生活を手に入れることができます。

そこで今回の記事では、バイナリーオプションで生計を立てる方法について徹底的に解説していきます。

バイナリーオプションで実際に生計を立てている人の共通点から生計を立てるための注意点まで、詳しく説明していくのでぜひ最後までご覧ください。

 

なお、記事内でも説明していますがバイナリーオプションで生計を立てるには業者選びも重要になってきます。勝率を少しでも高くするにはハイローオーストラリアでの口座開設がおすすめです。

バイナリーオプションだけで生計は立てられるのか、という疑問に答えるなら「可能」です。

その理由について、これから詳しく説明していきましょう。

専業トレーダーは生計を立てている

バイナリーオプションで生計が立つ根拠として、まず僕のような専業トレーダーの存在が挙げられます。

 

専業トレーダーはバイナリーオプションの利益だけで生活しているので、会社への通勤や勤務時間、人間関係などに縛られることなく自由な生活を送っています。

誰でも簡単にできるわけではない

しかし専業トレーダーはバイナリーオプションの利益のみで生活を成り立たせなければならないので、決して簡単ではありません。

当サイト内でもたびたび説明しているようにバイナリーオプションでは勝率100%は有り得ないので、専業トレーダーとして自立するには負けや損失も抱えながら利益を上げていく必要があります。

 

正直なところバイナリーオプションだけで生計を立てることは簡単なことではなく、誰でもすぐにできることではないというのが実情です。

 

それでも本気で専業トレーダーになりたいという方のために、絶対に知っておいて欲しいことをこれから説明していきます。

バイナリーオプションで生計を立てられる人の特徴

それではバイナリーオプションで生計を立てている人に共通する特徴について見ていきましょう。

知識や経験の必要性を感じそのために努力することができる

バイナリーオプションで生計を立てている人は、例外なく努力家です。

 

 

バイナリーオプションはハイ・ローを選ぶ二者択一のギャンブルと思われがちですが、明確な根拠に基づいた分析を行えば勝率は少しずつでも確実に上がっていきます。

ただし、そのためには投資に関する知識を身につけたり、トレード経験を積んで実践的な技術を学ぶことが欠かせません。

 

勘を頼りにしたトレードでは勝率50%を超えることは非常に難しいですし、サインツールなどに頼りきっていてもなかなか生計を立てられるようになるまでは大変です。

バイナリーオプションで生計を立てている人は、直感をあてにしたトレードでは勝てないことを理解して裁量トレードの技術を日々磨き続けています。

裁量トレードの要となる「テクニカル分析」や「ファンダメンタルズ分析」を学ぶことが専業トレーダーへの近道です。

 

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について、詳しくはこちらの記事で解説しているのでご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事テクニカル分析の重要性がわかる どのような分析方法があるのかがわかるこんにちは、松井です。バイナリーオプションをはじめてからチャート分析で悩んでいませんか? […]

バイナリーオプションのチャート分析
関連記事

この記事で得られる事ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いが明確になる バイナリーの取引を行う上でどのような分析を行えばいいのかがわかる今回の記事では為替の主な分析方法であるファンダメンタ[…]

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

細かい勝率やペイアウト率にこだわる

勝率やペイアウト率にこだわることもバイナリーオプションで生計を立てている人の特徴です。

もっとも、こだわりというのは「勝率100%を維持する」といった意味ではありません。バイナリーオプションで勝つために必要な勝率は55%であり、専業トレーダーでも勝率60%~70%をキープして生計を立てている人がほとんどです。

 

さらに、ペイアウト率も勝率と同じように利益に直結します。ペイアウト率が1.7倍か1.8倍か、という些細な違いでも数十回、数百回とトレードを繰り返すうちに大きな差となっていきます。そのため、バイナリーオプションで生計を立てている人ほどペイアウト率の高さにこだわります。

 

生計を立てている人のポイント

  • 勝率60%~70%程度を常に維持している
  • ペイアウト率が少しでも高い業者を選んでいる

 

生計を立てるとなれば損益は必ず一定額以上プラスにしなければいけませんが、専業トレーダーは一度の大勝ちや爆益は狙いません。そういったスタイルだと調子が悪くなった時に全く稼げなくなるどころか、資金のみならず生活費まで一瞬で溶かしてしまう可能性もあります。

堅実に稼ぎ続けられるように様々な工夫を凝らすことこそが、バイナリーオプションで生計を立てる秘訣なのです。

強靭なメンタルを持っている

強靱なメンタルを持っていることもバイナリーオプションで生計を立てている人に共通する要素といえます。

「細かい勝率やペイアウト率にこだわる」で説明したように、バイナリーオプションは勝率60%~70%をキープすることが生計を立てるためのひとつの目安です。

 

しかし、勝率60%~70%ということは残りの30%~40%は負けることを意味します。6割勝てれば確実に利益が出るものの、負けた時に冷静でいるのはプロでも難しいことです。

連勝を続けて10万円稼いだ直後に連敗し、8万円の損失が出ればトータルでは2万円儲かっているのに損をした気持ちになってしまいます。これは精神論ではなく行動経済学から見て全ての人に当てはまることで、「プロスペクト理論」あるいは「損失回避性」と呼ばれるものです。

 

  プロスペクト理論とは

「人間は本質的に損失を回避したがる性質を持つ」、という行動経済学の理論のひとつ。10万円儲かった時の喜びと10万円損した時の悲しみだと、10万円損した時の方が儲かった時よりも2.5倍強く感じるという実験結果が出ている。

つまりプロスペクト理論に照らしていえば損失が出た時に焦りや不安を抱くのは至極当然であり、人間なら誰しも抱える葛藤だということになります。

しかし、専業トレーダーはメンタル管理を徹底することで常に同じ精神状態でトレードに臨めるよう訓練しています。その安定感こそが高い勝率へとつながるのです。

 

メンタル管理の方法について、詳しくはこちらの記事で解説しているのでご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事バイナリーオプションにおけるメンタルの重要性がわかる メンタルが崩れる原因がわかる メンタルを保つための具体的な方法がわかるこんにちは松井です。 […]

バイナリーオプションメンタル管理術

バイナリーオプションで生計を立てる方法

それでは、実際にバイナリーオプションで生計を立てるにはどうしたら良いのでしょうか。

安定した収入を得るために欠かせない5つのポイントを解説していきます。

最初は副業から始める

バイナリーオプションで生計を立てるために必要なことの1つ目は、副業として始めることです。

「専業トレーダーとして食べていきたいのに、なぜ副業から?」

と思うかもしれません。

 

確かに生計を立てようとすれば将来的には専業トレーダーになり、バイナリーオプションだけで生活できるだけの稼ぎを得る必要があります。

しかし、バイナリーオプションのほかに収入の柱がない状態だとトレードの大敵である焦りや不安が生じやすくなってしまうのです。

「強靱なメンタルを持っている」でも説明したように、バイナリーオプションで生計を立てている人は強い自制心を持って高確率で勝てるポイントに絞ったトレードをしています。負けた時にも冷静にトレードを振り返り、反省と改善によってさらに勝率を上げていきます。

 

ですが、まだ知識や技術を身につけようとしている段階で収入源をバイナリーオプション1本に絞るとメンタルを安定させることは至難の業です。

  • 「少しでも多く稼ぐために勝負できるポイントをもっと探さなければ」
  • 「負けると利益が減って生活が苦しくなるから絶対に勝たないと」

こうした気負いがあると、勝率は下がることはあっても上がることはありません。

根拠の薄いトレード回数を増やせば負ける回数も必然的に増えていき、損失が膨らむと「このままでは生活できない」と焦ります。そして焦りからチャート分析を怠り、勘や直感に頼ったギャンブルトレードで損失を取り戻そうとさらに負けを重ねる、という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

そのため、バイナリーオプションは本職に就いた状態から始めることをおすすめします。

「働いていると勉強時間が削られてしまうから非効率なのでは?」

と考える人もいるかもしれません。

ですが、焦ってギャンブルトレードに走るより短時間でも冷静にチャート分析を行い、根拠に基づいたトレードを繰り返す方がはるかに高い経験値が得られます。

 

焦りや不安といった敵を排除した上で効率的に勉強した方が成長は何倍も早いので、バイナリーオプションに本腰を入れて取り組む準備から先に整えておきましょう。

稼ぎやすい業者で口座開設をする

2つ目のポイントは、稼ぎやすい業者で口座開設を行うことです。

バイナリーオプション業者は国内・海外に多数存在していますが、どの業者を利用するかによって稼ぎやすさは大きく変わります。

 

僕がおすすめしているのは、バイナリーオプションの初心者からプロの専業トレーダーまで稼ぎやすい環境が整っているハイローオーストラリアです。

 

ハイローオーストラリアは海外業者ですが、2009年に日本でサービス提供を開始して以来10年以上にわたって多くの日本人トレーダーが愛用し続けています。正規の金融ライセンスを所有しているだけでなく、出金や入金もスムーズなので安心感のある業者です。

しかも海外業者は国内業者と違って15分や5分の短期売買が可能であり、ペイアウト率も固定です。

ギリギリまで粘って最良のタイミングでエントリーすることができるため、高い勝率を確保しやすいというメリットがあります。さらにハイローオーストラリアなら海外業者の中でも高水準のペイアウト率1.8倍を提供していて大きなリターンも見込めます。

ハイローのメリット

  • バイナリーオプション業者としての実績があり信頼性が高い
  • 15分や5分などの短期売買が可能なので短期間・短時間に稼ぎやすい
  • ペイアウト率が1.8倍~1.85倍と高い水準で大きなリターンが見込める

逆に、国内業者で始めてしまうと上で挙げたバイナリーオプションのメリットはほとんどありません

 

国内業者で始めるなら、バイナリーオプションではなくFXの方が良いです。国内業者のバイナリーオプションの仕組みはFXとほとんど変わりません。バイナリーオプションで稼ぎたいなら圧倒的に海外業者がおすすめですね。

業者選びひとつ取っても、バイナリーオプションで生計を立てられるかどうかを左右するほどの要素になります。バイナリーオプションの海外業者と国内業者の違いについては、こちらの記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

関連記事

こんにちは松井です。これからバイナリーオプションを始めたいと思っている初心者の方の中には、「バイナリーオプションの仕組みが分からない...。」「バイナリーオプションって初心者でもできるの?」「バイナリーオプシ[…]

バイナリー仕組み トップページ

デモトレードから始める

口座開設を行っても、いきなり本番のトレードは避けましょう。

まずはデモトレードで取引方法やバイナリーオプションの仕組みなどを理解することが大切です。

 

これから説明するチャート分析や資金管理の方法を理解した上でデモトレードを使って実践できるか試してみてください。

デモトレードで1週間など期間を決め、資金管理のルールを守った上で勝率60%をキープできたらリアルトレードにチャレンジすると操作ミスなどのトラブルによる損失リスクを抑えられます。

チャート分析を行いトレードを振り返る

これまで業者選びなどについて解説してきましたが、バイナリーオプションで生計を立てるためにはチャート分析が一番重要といっても過言ではありません。

もちろん副業から始めることや業者選びも大切ですが、勝率に最も影響するのはチャート分析の精度です。

 

 

チャート分析の能力が高くなればなるほどギャンブル性が減り、勝率が安定します。バイナリーオプションはハイ・ローのいずれかを選ぶ取引方法なので、もともと勝率は50%ありますが、そこから55%、60%と勝率を上げていくためにはチャート分析が欠かせません。

むしろチャート分析をせずに勝率60%〜70%を維持し続けていくことはほぼ不可能といっていいでしょう。

 

テクニカル分析を中心に、ロウソク足の読み方やダウ理論を基礎から学んでいけば確実に成果はついてきます。

ダウ理論を使ったトレード手法について、こちらの記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事ダウ理論の基本が理解できる トレンドを把握する上で重要となる「相場の転換点」を判断できるようになる今回は、バイナリーオプションでテクニカル分析を身に付けたいなら絶対に覚えておきたい […]

ダウ理論について

 

チャート分析で土台を固め、勝率の高いポイントを見極められるようになることが専業トレーダーへの近道です。

また、バイナリーオプションで安定して稼いでいくためにトレード後の振り返りも必ず行いましょう。

トレードノートを作って取引ごとに記録をつけていけば、自分の癖や負けやすい時間帯、通貨ペアなども視覚的に把握できるようになります。

 

例えば月曜日は負けが多く、火曜日・水曜日は勝つことが多いなら、曜日を絞り込むだけでも勝率の向上が見込めます。トレード中に焦って転売してしまうことが多かったり、途中で理由なくロットを変更しているようならメンタル管理・資金管理に問題があるかもしれません。

トレードを記録し、振り返っていけばこういった情報の整理につながるのでチャート分析とセットで取り組みましょう。

 

トレード記録の付け方については、こちらの記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事バイナリーオプションのトレード記録のつけかたがわかる トレード記録用のシートを手に入れることができるこんにちは、松井です。 「トレード記録って何を残せばいい[…]

バイナリーオプションのトレード記録のつけ方

資金管理のルールを徹底する

資金管理もバイナリーオプションで生計を立てるためには絶対に必要です。

なぜならどんなに論理立ててチャート分析を行い、戦略的にトレードをしていたとしても、資金管理がおざなりだと一瞬で資金は溶けてしまうからです。

 

例えば元手10万円から取引をスタートするのに、1回5万円のロットで勝負していたら結果はどうなるでしょうか。

無事に勝てていれば元手からは考えられないような高額のリターンが次々と得られますが、負けた時はたった一度のトレードで資金の50%を失います。スタートから二連敗すればその時点でトレード終了です。

このようなリスクの高いトレードを行っていても、安定して稼げるようにはなりません。

 

何度もお伝えしているようにバイナリーオプションで勝率100%は有り得ず、トレードを繰り返す中では必ず負けも発生します。

勝率60%〜70%を維持するとしても30%〜40%は負ける可能性がある以上、リスクを考慮した資金管理を行うことが非常に重要です。いくら70%の確率で勝って多額のリターンを得ても、30%の確率で負けるタイミングで資金を全額投入していたら取り返しがつきません。

逆に資金管理さえ徹底してできていれば、1日で全財産を溶かしたり半減するようなことはなくなるため、資金管理はトレーダーの生命線といっても良いでしょう。

資金管理のルール

  • 1日の取引回数は5回まで
  • 5連敗したらその日はもうトレードしない
  • 1回のロット金額は資金の2%まで
  • 1ヶ月に許容できる損失額は10万円まで(10万円に達したらその月はトレードしない)

このように、資金管理とあわせてトレードルールを作っておくことも効果的です。

 

資金管理の方法については、こちらの記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事バイナリーオプション取引における資金管理の重要性がわかる 資金管理の考え方が身に付くこんにちは松井です。バイナリーオプションでしっかりと資金管理をしていますか?バイナ[…]

バイナリーオプションの正しい資金管理

取引の経験を積む

バイナリーオプションで生計を立てるために必要なことを理解したら、あとはひたすら実践しましょう。

知識だけを蓄えていても実際のトレードで勝てるようにはなりません

  • 自分のチャート分析が正しかったのか
  • エントリーするタイミングは的確だったか
  • トレード中メンタルは安定していたか
  • 1日〜1ヶ月を通して資金管理はできていたか

など、実践で確認すべきポイントはいくつもあります。

またバイナリーオプションは突発的に大幅な変動を起こす、いわゆる「ノイズ」という動きをすることもあるため、安定して勝っていくためにはトレードの慣れも必要です。

 

最初はデモトレードから始めて、注文の仕方など操作方法がわかってきたら積極的にリアルトレードにも挑戦してみてください。ただし、「資金管理のルールを徹底する」で解説したようにロット金額は資金の2%など少額に抑えることが大切です。

 

リアルトレードになった途端プレッシャーから勝てなくなることもありますが、チャート分析・資金管理を徹底し冷静にトレードしていけば勝率は徐々に上がっていくので一歩ずつ着実に進みましょう。

バイナリーオプションで生計を立てる際の注意点

最後に、バイナリーオプションで生計を立てる際の注意点を2つ解説します。

稼いだら税金がかかる

まず、バイナリーオプションで生計を立てていくなら税金は絶対に切り離せない存在です。

バイナリーオプションでは下記条件に当てはまった場合に確定申告、つまり納税の義務が発生します。

確定申告が必要な利益額

  • 会社員:1年間の利益額が20万円以上
  • 専業トレーダー・主婦・学生:1年間の利益額が合計38万円以上

生計を立てようと思うなら1年間の利益は確実に20万円、38万円を超えるので、税金は必ず発生すると考えておかなければいけません。

会社員であれば給料から天引きされる形で納税が行われるため自分で手続きする必要はありませんが、バイナリーオプションの場合は年末に自分で確定申告を行う必要があります。もし納税義務が発生するだけの利益を上げているにも関わらず確定申告を行わなければ脱税となってしまいます。

 

さらにもう一点注意しなければいけないのが、納税を行う関係でトレードで得た利益は全額が懐に入るわけではないということです。

日本は累進課税なので、バイナリーオプションで稼いだ額が多くなればなるほど税金額も上がっていきます。利益を引き出す際はあらかじめ納税する金額を把握して生活費等とは別に確保しておき、確実に納税できるようにしておきましょう。

 

バイナリーオプションの税金の仕組みや確定申告のやり方については、こちらの記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事いくら稼いだら確定申告が必要かわかる 国内と海外のバイナリー業者のどちらが税金が安いかわかる バイナリーオプションの節税方法がわかるこんにちは、松井です。投資で利益を出して[…]

バイナリーオプションの税金について

口座凍結には注意する

もう一点注意したいのは口座凍結のリスクです。

バイナリーオプションには様々な規約があり、不正を行って規約違反と判断されれば口座凍結されることがあります。

口座凍結とは
規約違反などによりサービスの利用停止や利用制限が課されること。エントリーする際にロット上限が定められたり、アカウントがBANになってトレードできなくなることもある。

口座凍結で利用停止処分を受ければ問答無用でトレードできなくなるだけでなく、利益の出金が不可能になるケースもあるため十分に注意しなければいけません。特にマーチンゲールやスキャルピングの乱用はトレード中に行わないよう気をつけてください。

 

まれに不正行為をしていなくても稼ぎ過ぎで口座凍結されることもありますが、初心者なら非常に低い確率なので警戒し過ぎる必要はありません。ただ稼げる金額が大きくなってきたら、複数の業者を使ったりFXも利用するなど、リスクを分散させるなどの対策も考えておきましょう。

口座凍結について、こちらの記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

関連記事

この記事で得られる事ハイローオーストラリアの2種類の口座凍結についてわかる ハイローオーストラリアの口座凍結の条件がわかる 口座凍結への対処法がわかるこんにちは、松井です。あなたは口座凍結[…]

ハイローオーストラリアの口座凍結

まとめ

今回はバイナリーオプションで生計を立てる方法について解説しました。

バイナリーオプションだけで生計を立てるには、身につけなければいけないことが多々あります。しかし、記事内で解説した方法を実践し地道に努力すれば不可能ではありません。

バイナリーオプションで生計が立てられるようになれば会社員よりも圧倒的に自由な生活が手に入るだけでなく、自分の力で稼げるスキルも身につけることができます。

 

もし一人で学ぶのが不安なら、僕のLINEではバイナリーオプション初心者の方に向けて情報発信を行っています。

今なら登録無料で「トレード1年目の教科書」というバイナリーオプション初心者向けの教科書もプレゼントしているので、興味があればぜひ登録してみてください。

LINE登録ページ     シンギュラリティ

はじめまして松井隼人と申します。 僕は現在バイナリーオプション、FXのトレードを中心に、システム開発と投資事業を展開しています。   このブログサイトでは、バイナリーオプションやFXについてこれまで僕が学んだ知識や失敗経験を踏まえ 「ゼロから月収100万円稼げるスキルを身につける」 をテーマにトレード全般の情報をお届けしています。  

CTR IMG