必勝法

0秒エントリーでバイナリーオプションを攻略する!メリットからデメリットまで徹底解説

こんにちは、松井です。

バイナリーオプションの短期取引でよく利用される「0秒エントリー」をご存知でしょうか?

0秒エントリーとは、次のローソク足が始まるところ(0秒)でエントリーをする手法のことで、短期取引をするうえでは必須の攻略法だと言われています。

そこで今回は、0秒エントリーについてやり方からメリット、デメリットまで徹底的に解説していきます。

この記事を読めば、バイナリーオプションで必須の攻略法だと言われている0秒エントリーについてしっかりと理解できるでしょう。

この記事で得られる事

  • 0秒エントリーのやり方がわかる
  • 0秒エントリーのメリット・デメリットがわかる
  • 0秒エントリーの攻略法がわかる

 

0秒エントリーとは?

0秒エントリーとは、次のローソク足が始まるところ(0秒)でエントリーをすることです。

次のローソク足が始まるところでエントリーをするということは、前のローソク足が完成したところでエントリーをするということです。

テクニカル分析をするうえでは、ローソク足が完成した後にエントリーの判断をするのが最も正確な判断をしやすいと言われているため、0秒エントリーは有効な手法だと言われています。

特に30秒から5分までの「短期取引」で利用されることが多い手法です。

0秒エントリーのやり方

0秒エントリーをするためには、次のローソク足ができる0秒の瞬間にエントリーをすれば良いだけです。

タイミングを合わせてエントリーをするのが難しそうに感じるかもしれませんが、実は僕のおすすめしているハイローオーストラリアであれば、0秒の瞬間にエントリーをするのは簡単なんです。

実はハイローオーストラリアの取引画面では、ちょうど0秒のところにラインが入っているので、そのラインに合わせてエントリーを行えば0秒エントリーが可能になります。

松井
ハイローオーストラリアは非常に優秀なバイナリーオプション業者です。5分程度で口座開設が完了しますので、まだ口座開設していない人は、ぜひ口座開設をすることをおすすめします。

ハイローオーストラリアの詳しい解説は以下の記事をご覧になってください。

ハイローオーストラリアについて

ハイローオーストラリアの口座開設をしたい方は以下のリンクから口座開設をすることができます。

ハイローオーストラリア口座開設

MT4を使った0秒エントリーの方法

また、MT4を利用して0秒エントリーをすることも可能です。

その方法とは、「RemainingTime_ja」というインジケータを使うことです。

RemainingTime_jaは、MT4のチャート上に次のローソク足が表示されるまでの時間を表示することができるインジケータで、RemainingTime_jaのカウントダウンに合わせてエントリーを行うことで0秒エントリーができるんです。

ただし、RemainingTime_jaは、MT4に標準で入っているインジケータではなく、ダウンロードしてくる必要があるので注意が必要です。

松井
RemainingTime_jaは無料でダウンロードすることができるので、0秒エントリーをするのであれば、ダウンロードしておいても良いかもしれません。

 

0秒エントリーのメリット・デメリット

次は0秒エントリーのメリット・デメリットを知っておきましょう。

0秒エントリーのメリット

0秒エントリーのメリットとして挙げられるのは、以下の3つです。

0秒エントリーのメリット

  • 分析が行いやすくなる
  • 検証がしやすい
  • サインツールと相性が良い

分析が行いやすくなる

0秒エントリーをすると、分析を行いやすくなるというメリットがあります。

まず、多くのインジケータはローソク足の動き次第で数値が変動します。

つまり、ローソク足が1本完成しているか、していないかで大きく数値が変わってしまうということです。

ローソク足を確定させてからエントリーをすることで、最新の情報を反映した数値でテクニカル分析を行うことができ、勝率アップに繋がるでしょう。

また、短期取引では「プライスアクション」と呼ばれるローソク足のパターンで、エントリーの判断をする手法も重要になります。

ローソク足のパターンを見ようと思うと、ローソク足が1本完成しているか、していないかは非常に重要ですよね。

このように0秒エントリーをすれば、どのような手法を利用していたとしてもエントリーをするための分析が行いやすくなるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

プライスアクションについて学びたい方は、こちらの記事で解説していますので、興味があれば読んでみてください。

検証がしやすい

エントリーをするタイミングを0秒にすれば、のちにどこでエントリーをしたかが非常に分かりやすくなります。

どの場所でエントリーをしたかが分かれば、のちになぜ勝てたのか、なぜ負けたのか、手法の検証をするときに役に立つのです。

バイナリーオプションでは、エントリーポイントが適切であったか検証することが非常に重要な作業であり、エントリー手法とタイミングを分析することが一番の攻略法です。

0秒エントリーを利用して、しっかり検証をおこないましょう。

サインツールと相性が良い

バイナリーオプションをやっている人の中には、「サイン(シグナル)ツール」を利用している人も多いのではないでしょうか?

サインツールとは、チャート上にどちら方向にエントリーをすればいいかを矢印で示してくれるツールのことで、エントリーの判断材料として有効なことから人気のツールです。

すでにサインツールをご利用の方なら分かると思いますが、サインツールはサインが確定するまではサインがついたり消えたりします。

もし、サインが確定していない状態でエントリーをしてしまえば、表示されたサインが消えてしまう可能性があるんです。

0秒エントリーであれば、確実にサインが確定した状態でエントリーをすることができるので、サインが確定していなかったのにエントリーしてしまったというような事態を防ぐことができ、結果として勝率を上げることができます。

0秒エントリーのデメリット

0秒エントリーのデメリットはあまり無いのですが、あえて挙げるとすると「約定しないことがある」ということです。

0秒エントリーのデメリット

  • 約定しないことがある

約定しないことがある

0秒エントリーのタイミングは、分析がやりやすいことから多くのトレーダーがエントリーをおこないます。

もちろんバイナリーオプションのトレーダーだけではなく、FXなど外国為替を扱う投資でも多くのトレーダーがエントリーをおこなうんです。

僕たちトレーダーが注文を出して、バイナリーオプション業者が注文を確定することを「約定」というのですが、このような状況ではバイナリーオプション業者が処理できる限界を超えてしまい、約定されずにエントリーができなかったという状況が起きてしまいます。

あまりに有効なエントリーポイントだからこそ起きてしまうデメリットですね。

このデメリットを回避するためには、「取引秒を1秒ずらす」方法が有効です。

1秒ずらすことで、サーバーに負荷がかかる前にエントリーをすることが可能になります。

また、ずらすのであれば「1秒後」ではなく「1秒」にしましょう。

1秒前であれば、サインツールやインジケータもほぼ確定してますので、問題なくエントリーが可能です。

松井
なぜ、1秒前が良いのに1秒後がダメかと言うと0秒の後は、エントリー数が多くなることで急激に値動きを起こすことが多いからです。0秒エントリー直後は価格が動きやすいため、1秒後にエントリーをしても思った価格でエントリーできない可能性が高くなります。

 

0秒エントリーの攻略法

0秒エントリーは、短期取引でよく利用されている取引手法ですが、個人的に短期取引では5分取引をおすすめしています。

確かに「ペイアウト率が高い」ことや、「判定結果がすぐわかる」ことから、30秒取引や1分取引は人気ですが、一方で取引時間の短さからテクニカル分析がやりにくいというデメリットがあるんです。

なぜなら、30秒取引や1分取引の場合、以下の要因により過去の値動きのパターンとは外れた値動きになってしまうのでテクニカル分析が通用しなくなります。

  • 取引時間が短いことから、当然その時間内に行われる取引が少なく値動きも少ない
  • ちょっとした要因で大きく価格が動くことがある

先ほど紹介したように、0秒エントリーでは分析しやすいことが大きなメリットなのですが、テクニカル分析が通用しないという話だと意味がありませんよね。

なので、0秒エントリーをやるのであれば、テクニカル分析ができる5分取引にするのがおすすめです。

そこで最後に、5分取引の攻略法を紹介しておきますので、取引の参考にしてみてください。

5分取引でおすすめの攻略法

  • トレンドフォローの順張りトレード
  • RCIを利用した逆張りトレード
  • サインツールを利用する

トレンドフォローの順張りトレード

まずは、相場の値動きの方向、すなわちトレンドについていく「順張り」トレードのロジックを解説していきます。

順張りトレードでは、トレンドについていくことになるので、まず今のトレンドの方向性を見極める事が大切です。

では、実際にトレンドの方向性はどうやって見極めれば良いのでしょうか。

移動平均線を使った方向性の見極め

トレンドの方向性を見極めるのに役に立つのが「移動平均線」です。

移動平均線とは、一定期間の値動きの平均を線で繋ぐことで、値動きの方向性を示したテクニカル指標です。

つまり、移動平均線を見れば、相場の方向性が分かってしまうんです。

移動平均線での方向性の見極め

  • ローソク足が移動平均線より上にあり、移動平均線が右肩上がりになっていれば上昇トレンド
  • ローソク足が移動平均線より下にあり、移動平均線が右肩下がりになっていれば下降トレンド

また、移動平均線の傾きにより、トレンドの強さを判断することもできます。

トレンドの強さ

  • 上昇トレンドの時、移動平均線が右肩上がりであればあるほどトレンドの勢いが強い
  • 下降トレンドの時、移動平均線が右肩下がりであればあるほどトレンドの勢いが強い

このように移動平均線を利用するだけで、大筋のトレンドを見極めることができます。

トレンドの方向性がわかれば、あとはそのトレンド通りに順張りでエントリーしていくだけです。

上昇トレンドであれば「High」下降トレンドであれば「Low」です。

今回解説したトレンドを見極めて順張りでエントリーをおこなうロジックは、移動平均線を1本を表示させるだけなので、とても簡単です。

是非やってみてください。

RSIを利用した逆張りトレード

順張りのロジックはあくまでトレンドが発生している時のみ有効なロジックです。

しかし、実際の相場では一方向に値動きが起こらない「レンジ相場」が発生していることが多く、トレンドが発生していない時間も長いのが現実なのです。

つまり、順張りのロジックだけやろうと思うと、どうしてもエントリーチャンスが限られてしまいます。

そこで、おすすめなのが相場の動きに対して逆方向にエントリーする「逆張り」トレードです。

「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するテクニカル指標RSI

逆張りロジックで利用するのは、今の相場が「買われすぎているのか」「売られすぎているのか」を判断するテクニカル指標である「RSI」です。

RSIは、RSI値が30を下回ったら「売られすぎ」70を上回ったら「買われすぎ」と判断することができます。

そして、売られすぎ、買われすぎということは、レートが反発する可能性が高いということです。

この特性を利用すると、それぞれ売られすぎているのであれば「High」、買われすぎているのであれば「Low」を選ぶと勝てる可能性が高いと言えます。

今回解説したRSIを利用して逆張りでエントリーをおこなうロジックはバイナリーオプションをやっていくうえで、必ず覚えておいた方が良い重要なロジックです。

以下の記事にて詳しく解説していますので、ぜひ学んでみてください。

バイナリーオプションの逆張り必勝法!!RSIを使った攻略方法を解説

サインツールを利用する

0秒エントリーをするのであれば、「サイン(シグナル)ツール」の使用もおすすめです。

先ほどもお話ししましたが、0秒エントリーをすることにより、サインが確定してからエントリーができるので、サインが確定していなかったのにエントリーしてしまったというような事態を防ぐことができ、結果として勝率を上げることができます。

そして、僕がおすすめする5分取引であれば、取引時間の長さから、テクニカル指標を利用した正確な相場予測が出来るので、サインツールの精度(勝率)も高くなるんです。

実際に僕が開発したサインツールであるシンギュラリティも勝率が安定する5分以上(特に5分と1時間取引を推奨)の取引を推奨してます。

5分取引で0秒エントリーをするのであれば、サインツールの勝率も上がるはずなので、ぜひ利用してみてください。

また、僕が開発したサインツール「シンギュラリティ」に興味がある方は以下のリンクからご覧になってください。

シンギュラリティの詳細はコチラ

 

まとめ

今回は0秒エントリーについて解説しました。

最後におさらいをしておきましょう。

0秒エントリーまとめ

  • 0秒エントリー:次のローソク足が始まるところ(0秒)でエントリーをする手法
  • メリット①:分析が行いやすくなる
  • メリット②:検証がしやすい
  • メリット③:サインツールと相性が良い
  • デメリット:約定がしにくい(1秒前にエントリーすることで解消可能)
  • 0秒エントリーをするのであれば、5分取引がおすすめ

0秒エントリーはバイナリーオプションにおいては絶対覚えておいた方が良い手法です。

今回解説したことをしっかり覚えれば、勝率アップに繋がるはずですので、0秒エントリーをやったことない方はまずはデモトレードなどで検証してみるのも良いと思います。

松井
新しい手法を学んだ時は、いきなり実弾で取引をするのではなく、デモトレードで検証してから取り組むようにしましょう。バイナリーオプションで勝つためには検証を繰り返すことが重要です。
LINE登録ページ     シンギュラリティ

-必勝法