テクニカル分析

バイナリーオプションで使える!ローソク足ヒゲ分析3つの視点!見方・使い方を解説

投稿日:

 

こんにちは、松井です。

今回は、

ローソク足の「ヒゲ

に着目した相場分析の方法について解説します。

 

これを読んでいるあなたも普段バイナリーオプション取引の際、

ローソク足の形状には着目しているが、ヒゲに着目した分析についてはあまり行っていないのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、ヒゲの役割やどのように分析に利用すればいいのかを具体的に解説していますのでぜひご覧くだい。

この記事で得られる事

  • ローソク足の分析根拠がより高まる
  • 相場全体の圧力や方向性を理解できる

ローソクの足のヒゲとは?

具そもそもローソク足の「ヒゲ」とは何なのかについて簡単に解説します。

 

ヒゲとはローソク足において高値と実体、もしくは安値と実体の価格差を表したものです。

ヒゲとは

 

そして、この時の価格の推移をイメージしたのが下の図です。

 

そして下ヒゲと上ヒゲはそれぞれ以下の推移によって形成されます。

 

下ヒゲ:一度つけた安値が買いの勢力により押し戻された

上ヒゲ:一度つけた高値が売りの勢力により押し戻された

 

つまり、ヒゲは

売り勢力と買い勢力の攻防の後

を表したものとなります。

 

ヒゲがつく代表的なローソク足の形状を以下に載せておきます。

代表的なヒゲの付くローソク足

 

また、ヒゲのつくローソク足における反転シグナルの見極め方について下記の記事で詳しく解説していますのでぜひこちらも参考にご覧下さい。

 

ヒゲ分析の3つの視点

ヒゲの分析を行う上で僕自身、以下の3つの視点が非常に重要となってくると考えています。

ポイント

ローソク足単体:ローソク足を単体としての捉え方

ローソク足複数:どのような場面、値動きの過程で現れたか

全体:チャート全体で見た時の捉え方

 

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

 

ローソク足単体のヒゲ分析

まずはローソク足単体で見た時のヒゲの分析方法について解説します。

 

下記の画像は上ヒゲ陰線の価格推移のイメージを表した図です。

上ヒゲ陰線の価格推移のイメージ

上ヒゲ陰線の価格推移のイメージ

① 価格が下落(陰線

② 買いの圧力が強くなり上昇(下ヒゲ陽線)

③ 買いポジションの利確+新規の売り注文により下落

 

この時に注目してほしいのがヒゲの長さです。

 

②では買いの圧力が強く大きく上昇したにもかかわらず、③でその圧力を押し戻すほどの売り注文が入ったと捉えることができます。

 

松井
つまり、ヒゲが長けば長いほど、この押し戻す力が強かった事が読み取れます。

 

ヒゲがないパターン

次にヒゲがないローソク足のパターンについて解説します。

 

下記の画像のように下ヒゲをつけないまま連続で陽線を形成しているパターンを見てみましょう。

① 最初の3本のローソク足は上ヒゲをつけているが下ヒゲをつけていません。

→ローソク足が形成されてから一度も下落しておらず(始値を一度も下回っていない)、上昇の力が強いことが読み取れます。

 

そして、②で実体が小さくなり上下にヒゲをつけたことにより、上昇の勢いが弱くなり、相場に迷いが生じてきたサインとして捉えることができます。

 

 

また、下記の画像のような上下に長いヒゲをつけたローソク足は、
売り買いの激しい攻防が起きており、相場の方向が定まっていない(荒れている)事を示しています

 

松井
仮にこのようなローソク足が頻発するようならエントリーは控えたほうがいいでしょう。

 

特に以下の場面ではこのようなローソク足が頻発しやすいです。

長いヒゲが発生しやすい場面

  • ポンド絡みの通貨ペア
  • 経済指標や要人発言のタイミング

 

ローソク足複数のヒゲ分析

上記でローソク足単体でのヒゲの分析方法について解説しましたが、
各ローソク足がどのような場面で出現するかによって捉え方が変わってきます。

 

では実際の以下のチャートを使って具体的に解説します。

 

 

上記チャートの四角で囲んだ部分を拡大したのが下記の画像です。

大きな上ヒゲをつけたにかかわらず、その後価格は上昇しています。

 

松井

なぜこのような事が起きるかというと、そもそも価格は上下に動きながら大きな流れの方向に進むため、この上ヒゲは調整局面における「押し」であると捉えることができるからです。

 

ですので、このような調整局面ではない場面でのヒゲに着目する事が重要となってきます。

 

では具体的にどういう局面で有効に機能するかというと、

上位のローソク足で引くことができるレジスタンスラインやサポートラインが存在する場面

です。

 

先程のチャートの場合、天井圏にレジスタンスライン、底値圏にサポートラインを引くことができます。

 

 

そして底値圏の四角①を拡大したのが下記の図です。

 

サポートライン付近で大きな下ヒゲをつけた陽線→陰線が出現(下位足ではおそらくダブルボトムを形成)し、その後上昇しています。

 

そして底値圏の四角②を拡大したのが下記の図です。

レジスタンスライン付近で上ヒゲをつけた陽線の出現後、価格が下落しています。

 

松井
これらのように注目すべき価格帯における上ヒゲや下ヒゲをつけたローソク足は反転の根拠となりやすいです。

 

チャート全体を見た分析

これはチャート全体の圧力や注意すべき価格帯を把握して分析する方法です。

 

では実際のチャートを使って解説していきます。

 

① 上ヒゲをつけることなく3本連続で大陰線を形成している場面、強い売りの勢力が読み取れ、有効な抵抗線が無ければそのまま価格が下落するのを示唆しています。

② 強いサポートラインが引け大きな下ヒゲをつけた場面、このような価格帯は強い抵抗帯として働き、再び価格がこの抵抗体に近づくと反発する傾向にあります。

 

そして下記は上記画像の四角③を拡大した画像です。

③実体が小さくなり、上下にヒゲをつけているため、相場がどちらに進むのか迷っているのが読み取れます。

 

 

そして、このチャートを過去に遡って表示したのが下記のチャートです。

四角③が上記で説明したもみ合った部分です。

 

この価格帯を過去に遡ると同様にもみ合っているのがわかると思います。このようにもみ合った価格帯に再び近づいた時は③のようにもみ合うか、①や④のように一気にブレイクする可能性があります。

 

また天井圏におけるレジスタンスラインについても解説します。

 

下記画像は上記チャートの四角の部分を拡大したものです。

レジスタンスライン付近で上ヒゲをつけて何度も反発しています。

 

そして、さらにこのチャートを先に進んだ場面が下記の画像です。

先程のレジスタンスラインをブレイクしたポイントで上下に大きくヒゲをつけている事から、この価格帯が抵抗帯となっているのが読み取れます。

松井

このようにヒゲが現れる価格帯は、チャート分析において重要な指標として働きますので相場分析の際に活用しましょう。

 

まとめ

今回はローソク足における「ヒゲ」に着目した相場分析の方法について詳しく解説しました。

 

ヒゲを分析する際にはは以下の3つの視点を持つことが重要です。

ポイント

ローソク足単体:ローソク足を単体としての捉え方

ローソク足複数:どのような場面、値動きの過程で現れたか

全体:チャート全体で見た時の捉え方

これらを意識して取引することで、ローソク足分析の根拠が高まり、より精度の高い取引が行うことができますのでぜひ活用してみてください。

 

-テクニカル分析