基礎知識

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いとは?どちらが有効?

投稿日:2019年1月13日 更新日:

今回の記事では為替の主な分析方法である

ファンダメンタルズ分析テクニカル分析

について解説していきます。

バイナリーの取引を行う前にまずはこの2つの分析方法についてしっかりと理解しましょう。この記事を読むことにより自分自身が今後どのように分析を行えばいいのかが明確になるはずなので是非ご覧になってください。

この記事で得られる事

  • ファンダメンタルズとテクニカル分析の違いが明確になる
  • バイナリーの取引を行う上でどのような分析を行えばいいのかがわかる

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、一言で言うと

ファンダメンタルズ分析とは

世界の経済状況や情勢から値動きを読み、相場の先行きを予想する方法


となります。

そして、ファンダメンタルズの意味としては「経済の基礎的条件」と訳され、各国の経済成長率(GDP)や雇用系指標(失業率や新規雇用者数など)、物価指数(CPI・PPIなど)などの経済要因の事を指します。

つまり、そのような各国の経済的要因をはらんだ発表要人発言、あるいは災害による被害など経済に与える影響が少しでもあると為替相場に影響を与える事になります。

松井
要するに、世界情勢のニュースをチェックして、トレードをしていきましょうと言う事です。

 

そうは言ってもわかりづらいので、GDP(国内総生産)の値を例に説明します。

具体例

米国のGDPが発表される前に、上昇するという予想がされる

「上昇=経済が上向き」ということなので米国のドルの価値があがる。と予想がされる

投資たち多くはドルを購入

ドルの価値が上がり、ドル高が進む

このような流れがあったとして、実際の発表時・・・

もしそのまま上向きの発表があれば、ドル高は更に進みます。

逆に下降の発表があったとしたら、ドルの価値は落ちると予想されるのでドルを売られるのが進み、ドル安の方向に進みます。

特に予想と結果に差があるほど価格は大きく動く傾向にあります

松井
つまり、経済指標の発表や要人発言などが行われるタイミングでは価格が大きく動く可能性があるということです。

 

バイナリーオプション取引をする上での注意点

上記でファンダメンタルズ分析について説明しましたが、基本的に短期取引であるバイナリーオプションにとっては、ニュースの内容をそこまで神経質に気にする必要はありません。

松井
経済指標の発表時間の前後約30分~1時間はエントリーを控え相場の動きが落ちついてきた段階でエントリーをするようにしましょう。

なぜなら上記でも説明した通り、経済指標の発表や要人発言などが行われると価格が大きく動く可能性があります。
もちろん動かない時もありますが、それは発表が行われるまでわかりません。

注意ポイント

どう動くかわからないのに取引をする=ギャンブル

となってしまいます。

情報発信している人の中には「指標の動きを狙ってエントリーする」みたいな人もいますが、そんな所でわざわざ取引する必要はないので指標発表前後はエントリーを控えましょう。

 

経済指標の確認方法

経済指標や要人発言が行われる日時はあらかじめ決められていて簡単に調べることができます。

松井
今回は僕が普段見ている経済指標のサイトを紹介します。

「経済指標情報 - Yahoo!ファイナンス 」

このサイトに掲載されている発表のうち重要度の高い(星2つ以上)の発表の前後約30分~1時間はエントリーを控えるようにしましょう。

 

テクニカル分析とは

一方のテクニカル分析とは、簡単にいうと

テクニカル分析とは

過去チャートの値動きのパターンから相場の先行きを予想するもの

となります。

バイナリーオプションのような短期取引の場合は、ファンダメンタルズ分析ではなくこちらのテクニカル分析がメインとなってきます。

テクニカル分析はファンダメンタルズ分析と違い、進行形のチャートの動きからパターンを把握したり、その他インジケーターと言われる分析ツールを使用します。

インジケーターには大きく分けて以下の2種類があります。

トレンド系

現在の相場の方向性(トレンド)を把握するインジケーター

【代表例】

オシレーター系

今現在の価格が過去価格と比較して割高なのか割安なのかを判断するインジケーター

【代表例】

各インジケーターの詳しい特徴は他の記事で解説していきます。

手法の確立

当然ですが、テクニカル分析がどんなものかがわかったからといって、いきなり取引できるわけではありません。

松井
上で紹介したようなインジケーターを使いながら、「どのようなポイントでエントリーすれば勝てるのか?」を探して、本当に勝てるのかを過去の相場で検証して、手法を確立しなければいけません。

「ボリンジャーバンドの2σにタッチしたから反発するはずだ」

「RSIが70に達したから反発するはずだ」

という理由だけでエントリーしていても勝ち続けることはできません。

注意ポイント

過去の相場において、その条件でエントリーした時に〇〇%の勝率が出ていて、最大連勝数は〇〇回で、最大連敗数は〇〇回、1日の平均エントリー回数は〇〇回といったようにしっかりと数字による根拠を持つ事が非常に大切です。

このような検証(バックテストと言います)を行わず、明確な根拠を持たずに取引をしているから、負けを取り返そうとして無茶なナンピンをしたりマーチンをしてしまって資金を溶かすことになるんです。

例えばバックテストの結果、勝率が60%に収束すると分かっていれば、「10回取引したら4回は負ける」ということも理解できるはずです。
それを理解できていたら、無茶な取引なんてせず、ルール通り淡々と取引をすれば最終的には資金は増えるはずです。

松井
まずは、取引する前に「数字に基づいた手法を確立する事」を行ってください。

 

まとめ

今回の記事ではファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について解説しました。

・短期の取引のバイナリーオプションでは、過度に経済情勢を意識する必要はありませんが、指標発表時による激しい値動きには注意すること。

・テクニカル分析では、過去の相場を検証して「数字に基づいた手法の確立」が重要になっていくということ。

という内容でした。

上記の記事では、一般的なテクニカル分析といわれる観点からファンダメンタルズ分析との違いについて解説しましたが

テクニカル分析はインジケータの分析だけではなく、チャート分析と言われるライントレードやプライスアクション、波動の動き、もっと言えばトレーダーの大衆心理を捉えることでより深い分析ができると思っています。

この点については、既存のYouTubeのチャンネルで詳しく紹介しているのでそちらも是非参考にご覧ください。

-基礎知識