fbpx

基礎知識

バイナリーオプションとFXの違いとは?どちらが儲かるのか!徹底比較

2019年5月5日

 

こんにちは、松井です。

バイナリーオプションFX

どちらも為替に関する取引ですが具体的に何が違うのか?

メリット・デメリット、どのような人が向いているのか?

など、それぞれの特徴を理解した上でどちらが自分に向いているのかを見極めるヒントにしてみてください。

この記事で得られる事

  • バイナリーオプションとFXそれぞれの特徴がわかる
  • 自分がどちらに取り組むべきなのかがわかる

バイナリーオプションとFXの違いとは?

バイナリーオプションFX
取引決済のタイミングが決まっている決済のタイミングを自分で決定
利益と損失エントリーの時点で決まっている決済のタイミングによって変動
掛金1エントリー最大20万円1エントリー最大数億円も可能(証券会社によって異なる)
メリット損失は掛金のみ勝率が低くても多く利益を伸ばせば最終的にプラスにできる
デメリット予想が外れたら掛金を全て失う価格が大きく動いた場合、大きな損失が発生する可能性がある

バイナリーオプションとFXの共通点

バイナリーオプションとFXのどちらも為替の価格(ドル円やユロドルなど)が今後上がるのか?下がるのか?を予想する投資です。

しかし、取引の仕組み自体が違うので得られる利益やメリットなどそれぞれの特徴について説明していきます。

 

取引内容の違い・比較(バイナリー・FX)

バイナリーオプションとFXそれぞれの特徴

まずは、バイナリーオプションとFXそれぞれどのような取引なのかについて説明します。

バイナリーオプション

ある通貨の価格が、規定時間が経った時に現在より上がっているか?下がっているか?を予想する投資。

例えば、現在1ドル=100円という価格が10分後、上がっているか?下がっているか?を予想。

つまり、エントリーする時点で「いつの価格を予想するか」が決まっている。

 

それに対してFXは、

FX

ある通貨の価格が今後上がるのか?下がるのかを予想する投資。

バイナリーオプションと違いエントリー後、自分のタイミングで決済のポイントを決めることができる。

例えば、1ドル=100円の時にドルを買い、1ドル=120円になったタイミングで決済を行えば、差額の20円が利益を得ることができる。

 

それぞれの違い・比較

どちらの取引も為替の価格を予想するのは同じですが、何が違うのかそれぞれ項目について説明していきます。

注意ポイント

今回の解説では、基本的に海外バイナリーオプション業者を使用した場合について解説しています(国内バイナリーオプション業者はオススメしていないためです)。

 

取引

【バイナリーオプション】
上記で説明した通り、エントリーする段階で決済の時間が決まっています。

FX
エントリー後に自分のタイミングで決済のポイントを決めることができる。

 

利益と損失

【バイナリーオプション】
エントリーした時点で、利益と損失が決定しています。

予想が外れた場合は掛け金を全て失い、予想が当たればあらかじめ決められた額(ペイアウト率によって変わる)の利益を得ることができます。

FX
エントリー後、自分が購入したポジションを決済した時のレート(価格)によって利益または損失が決まる。

 

掛け金

【バイナリーオプション】
1ポジション(1回のエントリー)1,000円〜20万円(20万円を複数回エントリーすることにより最大500万円まで取引可能)。

FX
FXの場合は、掛け金の下限と上限は「通貨単位」となっています。

業者によって違いますが、下限が1,000通貨で、上限は最大で500万から1,000万通貨となる場合が多いです。

例えば、1ドル=100円だった場合、

下限は100円✕1,000通貨 = 10万円

上限は100円✕1,000万通貨 = 10億円

となります。

 

レバレッジ

レバレッジとは

自分の資金の何倍もの金額の取引を行うことができる仕組みです。

例えば、自分の資金が10万円しかなかったとしても、レバレッジ10倍の取引を行えば100万円分の取引を行うことが可能となります。

【バイナリーオプション】
バイナリーオプションでは、レバレッジはありません。

FX
国内業者とFX業者で最大レバレッジが異なってきます。

  • 国内FX業者:最大25倍
  • 海外FX業者:最大1,000倍

リスク

【バイナリーオプション】
リスクとしては、掛け金のみなので損失のコントロールは比較的簡単です。

FX
エントリー時の価格が予想した方向から離れるほど損失は大きくなりますが、自分で決済のタイミングを決めることができるので、損失が少ない時点で決済を行うことにより損失を抑える事が可能です。

注意ポイント

ただし、急激な値動きが発生し資金の大半を失ったり、国内業者の場合、追証といって借金を追うリスクがあります。

 

取引に掛かる手数料

【バイナリーオプション】
バイナリーオプションでは取引手数料はありません。

その代わり、ペイアウト率(取引の予想が当たった時の払い戻し額)を下げることにより、業者は利益を得やすくしています。

どういうことかというと、バイナリーオプション取引の場合、価格が上がるか下がるのかの2択なので予想が当たる確率は50%です。

しかし、予想が当たったとしても得られる利益は掛け金の0.8〜0.9倍程度となっており、業者が有利となっています。

ですので、利益を得るためには53〜55%程度の勝率が必要となるため業者が有利な取引となっています。

 

FX
FXの手数料は、取引手数料スプレッドの2種類があります。

  • 取引手数料:その名の通り、取引を行うたびに掛かる手数料です。
  • スプレッド:買値と売値の差のことを指します。例えば、1ドルの買値が100.003円、売値が100.000円というように価格差がある場合、差額の0.03円(3銭)が業者の利益となります。

FXとバイナリーオプションのメリット・デメリット

バイナリーオプションとFXのメリットとデメリットについてそれぞれ説明します。

「バイナリーオプション」のメリット・デメリット

メリット

  • 取引の結果予想が外れたとしても、生じる損失は掛け金のみなので損失がコントロールしやすい。
  • 短時間で利益を得やすい
  • 価格に動きがなくとも、少しでも予想した方向に価格が進めば利益を得ることができる
  • 少額から始めることができ、大きな利益を得やすい

 

デメリット

  • レートに関係なく、少しでも予想と違った結果だった場合、掛け金を全て失う。
  • エントリー後は決済のタイミングを決めることができない。
  • 短時間での取引なので、資金管理をしっかり行わないと資金を溶かしてしまう。

 

「FX」のメリット・デメリット

メリット

  • 自分で決済のタイミングを決めることができるので、損失を抑えつつ利益を多く得ることができれば勝率が低くても利益を出すことができる。
  • 少ない資金で始めることができる。
  • エントリーと同時に利確と損切りの注文ができる。

デメリット

  • 自分で決済のタイミングを決めないといけないので、初心者には少し難しい。
  • 価格が動かないと大きな利益を得るのが難しい。
  • 価格が大きく動いた場合、大きな損失が発生する可能性がある。
  • 資金によって、保有しているポジションを決済しないと複数のポジションを持てない。

 

向いている人と向いていない人

バイナリーオプションとFXそれぞれどのような人が向いていて、どのような人が向いていないかについて僕の経験を元に説明します。

バイナリーオプションに向いている人・向いてない人

【向いている人】

  • 資金が少ない人
  • 自分で損切りができない人

【向いていない人】

  • 資金管理や取引のルールを守れない人
  • 今すぐにお金がほしいと考えている人

FXに向いている人・向いてない人

【向いている人】

  • ある程度資金に余裕がある人
  • 自分で決済のタイミングを決めないといけないので、長期的な目線での利益を想定できる人

【向いていない人】

  • 自分で損切りができない人
  • 資金管理や取引のルールを守れない人
  • 今すぐにお金がほしいと考えている人

バイナリーオプションとFXどちらにも共通するのが「ルールを守る」という事が絶対条件となってきます。

松井
またFXの場合、大きな資金を安全に運用し、安定的に利益を得続けるのに向いているため、投資初心者の方にはバイナリーオプションオプションで資金を増やし、FXで安定的に稼ぐ方法をおすすめします。

 

稼げるのはどちらなのか?

では実際のところどちらのほうが稼げるのか?についてシミュレーションしてみます。

バイナリーオプションの場合

条件

  • 資金:10万円
  • 掛け金:5,000円
  • 勝率:60%
  • 取引回数:100回/月(1日平均5回)

上記のような条件の場合、1ヶ月の利益は6万4,000円となります。

 

FXの場合

条件

  • 資金:10万円
  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 取引枚数:1万通貨(USD/JPY = 110円の場合レバレッジ11倍)
  • 1日の平均獲得pips:20 pips(1ヶ月で400 pips)

 

上記のような条件の場合、1ヶ月の利益は4万円となります。

もちろん、レバレッジを上げて取引枚数を増やせばさらに利益を伸ばすことは可能です。

松井
今回のシミュレーションはあくまで1例にすぎません。

 

どちらの条件も掛け金や取引枚数が変われば利益も変わってきますが、しっかりとルールを守った上で取引を行うことにより利益を出すことは可能です。

 

これからバイナリーオプションを始める初心者の方へ

今回の記事を読んでバイナリーオプションを始めようと思っている方は以下の記事で初心者がバイナリーオプションで稼ぐためにやるべき事をまとめているのでぜひご覧になってください。

 

 

まとめ

今回の記事では、バイナリーオプションとFXの違いについて詳しく解説しました。

どちらもしっかりとした手法があり、ルールを守った上で取引を行えば利益を出すことは可能です。

 

ただ、FXの場合は自分で決済のタイミングを決めないといけないことや投資初心者にありがちな損切りをすることができず、ただただ価格が戻ってくるのを願う塩漬け状態となりがちです。

 

松井
僕個人の考えとしては、まずはバイナリーオプションで為替取引の知識やチャートの見方などを覚え、バイナリーオプションで利益を出せるようになってからFXでの取引にもチャレンジするのをおすすめしています。

 

もし、これからバイナリーオプションを始めようと考えている方やなかなか結果が出せていない方は、僕が書いた「バイナリーの教科書」を読んでいただけたらと思います。

期間限定!!バイナリーオプションの教科書を手に入れる!!

 

LINE登録ページ    

-基礎知識