押し目買い本質理解

テクニカル分析

「押し目買い」「戻り売り」とは?バイナリーオプションで使う勝てるポイントを解説!

2019年2月14日

今回は、「押し目買い」と「戻り売り」とは何なのか?チャートを見た時にどのようなポイントで「押し目買い」や「戻り売り」を狙っていけばいいのかを具体的に解説します。

押し目買い」と「戻り売り」のポイントを見極めることにより、精度の高いエントリーが可能となりますのでぜひ参考にしてください。

この記事で得られる事

  • 押し目買い」と「戻り売り」の意味が理解できる
  • 具体的な押し目買いのポイントが理解できるのでエントリーの精度が上がる

「押し目買い」と「戻り売り」とは

まずは「押し目買い」と「戻り売り」とは、どんなものか説明します。

押し目買い・戻り売りとは?

  • 押し目買い:上昇トレンドにおいて、一時的に価格が下がったポイントを狙ってエントリーする事
  • 戻り売り:下降トレンドにおいて、一時的に価格が上がったポイントを狙ってエントリーする事

ちなみに上昇トレンドと下降トレンドは、ダウ理論に基づいて以下のように定義されます。

 

トレンドの定義

  • 上昇トレンド:連続した高値と安値がそれぞれ前の高値と安値より切り上がっている状態
  • 下降トレンド:連続した高値と安値がそれぞれ前の高値と安値より切り下がっている状態

ダウ理論について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

ダウ理論とは??バイナリー初心者にもわかりやすく図解で説明!!

 

なぜ押し目が形成されるのか?

そもそも、押し目と言われるポイントが形成されるのでしょうか?

その理由を理解するには、相場を動かしているFXトレーダーがどのような考えで取引を行なっているのかを考える必要があります。

当然ですが、FXのトレーダーは、「安く買って、高いところで売りたい」または「高い所で売って安く買い戻したい」と考えているわけです。

そのような考えのもと、 FXトレーダーはどのような行動をするかというと

FXトレーダーの行動

  1. 買いポジションを仕込む
  2. 持っていたポジションを手放す(利確)
  3. 上昇トレンドが継続してるという考えのもと、価格が下がってきた所で買いポジションを持つ
  4. 再び価格が上がってきた所で新規の買いが入り、価格が上昇

以上のようなトレーダーの売買(大衆心理)により押し目は形成されます。

 

押し目買いのポイントの見極め方

それでは、具体的にどういった基準で押し目買いを見極めればいいのかを解説します。

押し目買いの見極め方

  • 移動平均線を利用する方法
  • 水平線を利用する方法

 

移動平均線を利用する方法

注意ポイント

この方法は、主にFXで利用されている方法ですので、バオナリーオプション取引においては、あくまで参考程度に頭に入れておいてください。

移動平均線によるパーフェクトオーダーが形成し、上昇トレンドが確認できた上でローソク足が移動平均線にタッチをした時に押し目買いを行う方法です。

上記の図のように移動平均線で反発することもあれば、そのまま突き抜けてしまうことも多々あります。

松井
この方法は、自分で利確ポイントを決める事ができるFXでは有効に働く場合がありますが、5分から15分程度の取引が主となるバイナリーオプションの場合、移動平均線を突き抜けてから戻ってくるまでに取引が終了してしまい、結果として負けてしまう可能性があるので参考程度にしてください。

 

水平線を利用する方法

この方法は、高値や安値の位置に水平線を引いて押し目買いを行う方法です。

この時に注意して欲しいのが、

ポイント

「相場を大局的に見る意識を持つ」

という事です。どういう事なのか説明します。

まずは下の図をご覧ください。
左から下降トレンド→上昇トレンドとなっており②の高値をつけた後、下降していった時に「どの部分が押し目となるのか?」を予想するとします。

その際に、①の高値の位置にラインを引き、そのライン付近(③)で押し目を狙ったとします。

松井
このポイント(③)で押し目を狙うのも悪くはないのですが、この場合、上昇トレンドに入ってからの高値にしか着目していません。

そうではなく、その前の下降トレンドにおける高値と安値にもラインを引いて意識をすることが「大局的に相場を見る」という事に繋がってきます。

では、もう少し大きい目線で相場を見た場合、どの位置にラインを引いたらいいのかを説明します。

 

有効な押し目買いのポイント①

まず意識されやすいポイントとして挙げられるのが、レジスタンスラインとして機能したポイントです。
他の記事でも解説していますが、

元々はレジスタンスラインとして働いていたラインがサポートライン

に切り替わることがよくあります。

よって下の図で示したように、レジスタンスラインがサポートラインに切り替わり、押し目買いのポイントとして有効に働きやすいです。

 

有効な押し目買いのポイント②

2つ目の有効な押し目のポイントとしては、相場の転換点となる位置に引いたラインです。

松井
「相場の転換点」については、ダウ理論について解説した以下の記事で詳しく説明していますが、簡単に言うと戻り高値と押し安値をブレイクしたポイントが「相場の転換点」となります。

ダウ理論を用いた相場の転換点?バイナリーにおけるエントリーを公開!

では下の図をご覧ください。
まず、左側の下降トレンドにおいて①のポイントが「戻り高値」となります。

そして相場がもみあった後、戻り高値のラインをブレイクしている②のポイントが相場の転換点として捉えられ、相場が「上目線」に切り替わったと判断できます。

その後、③のポイントで高値 → 下落 → ①の戻り高値の位置で引いたライン(強く意識される)→ ④のポイントは押し目を狙うのに有効となってきます。

 

有効な押し目買いのポイント③

3つ目の有効な押し目のポイントとしては、FXトレーダーの取引時の心理から予想する方法です。

ではFXトレーダーのはどのような考えのもとに取引を行なっているのかを説明します。

FXトレーダーの考え

「損小利大」という考えに基づいてエントリーポイントを探します。

「損小利大」とはその言葉の意味通り、損失を少なくして利益を大きくしようする考えのことで、トレーダーは小さなリスクで大きな利益を得れそうなポイントを探してエントリーします。

 

【パターン①】

そのような前提で下の図を見た時に、FXトレーダーはどのポイントでエントリーすると考えられるでしょうか?

松井
結論から言うと、①のポイントでのエントリーを考えます(バイナリーでのエントリーも同じ)。

なぜなら、先ほどの損小利大の考えのもと、すぐ下の高値のライン(③)を損切りラインとし、最終的な利確のポイントをレジスタンスラインとして働いた②のラインというシナリオを描けるからです。

要するににエントリーポイントから損切りラインまでの値幅は狭く、ゴールとなる利確のポイントまでの値幅は広く設定できるようなポイントを探してエントリーしているということです。

 

【パターン②】

他のケースでも考えてみます。
以下の図に示したように、①のポイントで反発し②のポイントで仮に陽線をつけた場合、押し目買いを行うのは有効でしょうか?

松井
このような場合、押し目買いを仕掛けるのは有効とは言えません。
なぜなら「損小利大」の考えに乗っ取った時に、想定される利確ポイント(③のライン)までの値幅が少ないからです。

このように、FXトレーダーの視点に立ち、損切りと利確ポイントを予測することにより有効な押し目買いのポイントを見極める事ができます。

 

また、僕のLINE@に登録してくれた方限定で「押し目買いの特典動画」をプレゼント中です。

この機会にぜひ手に入れて下さい!!

特典動画を手に入れる!!

まとめ

今回の記事では「押し目買い」と「戻り売り」をどのようなポイントで狙っていけばいいのかを具体的に解説しました。

具体的なポイントとしては

押し目買いのポイント

  • レジスタンラインがサポートラインとして働くポイント
  • 相場の転換点となる位置に引いたライン
  • FXトレーダーの取引時の心理から予想する方法

以上3つの方法を解説しました。

どれも非常に重要な考え方となってくるのでぜひ理解して普段の取引に活用してください。

 

 

 

LINE登録ページ       

-テクニカル分析