テクニカル分析

三尊が発生時した時の鉄板エントリーポイントの嘘【バイナリー 】

今回の記事では、チャートパターンとして非常に有名な

三尊におけるエントリーポイントの嘘」について解説します。

「エントリーポイントの嘘」とは、どういうことかというと、

一般的に言われている三尊のエントリーポイントについて、

僕が間違っていると感じた部分」と「三尊における正しいエントリーポイント」について解説していきます。

そして、その疑問を理解することにより、理にかなった正しいエントリーポイントを探す参考にもなりますのでぜひご覧ください。

三尊とは

上昇トレンドにおいて、高値圏で以下の画像のように3つの山を形成したパターン(真ん中の山が1番大きい)を

三尊」またの名を「ヘッドアンドショルダー」と呼びます。
(下の図の赤い四角で囲んだ部分です)

ヘッド = 頭
ショルダー = 肩

という意味ですね。

このチャートパタンが出現すると

  • 強いトレンド転換サイン
  • ダブルトップより強い転換サイン

とさされています。

一般的に言われている間違ったエントリーポイント

一般的に言われている「三尊が発生してた時の間違ったエントリーポイント」を3つ紹介します。

間違ったエントリーポイント①

1つめのエントリーポイントは
3つめの山の頂点を狙ってエントリーする方法です。


エントリーポイントの見極め方としては
1つめの山の頂点と3つめの山の頂点は同じ価格で反発する」という考えのもとに行います。

あらかじめ1つめの山の頂点の価格に水平線を引いておき
3つめの山を形成している時にそのラインに達したら逆張りのエントリーする方法です。

この手法が間違っている理由

結論から言うと「この時点ではまだ相場が上目線だから」です。

以前の記事で説明した「ダウ理論」に基づいて考えた時に
「トレンドの転換点はどこになるか?」というと「押し安値をブレイクした時が転換点」となります。

なので、このエントリーポイントに達した時点では、まだ相場は上目線で捉えられているので
このまま1つ目の山の頂点のラインをブレイクし上昇を続ける可能性は十分にあるという事です。

 

ダウ理論について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

有料級!「ダウ理論」を使った転換時の鉄板エントリーポイントを公開!


ちなみに、

1つ目の山の頂点のラインをブレイクした後
2つめの山の頂点の価格で反発を狙った方が勝てる確率が高くなります。

しかし、このエントリーポイント自体も先ほどと同じで、「この時点ではまだ相場が上目線」であることから
プラスで大きな根拠がない限りはオススメできません。

間違ったエントリーポイント②

2つめのエントリーポイントは、3つめの山を形成した後
ネックライン(1つ目の山と2つ目の間の谷の部分で引いたライン)をブレイクした時にLowエントリーする方法(順張り)です。

この手法が間違っている理由

ネックラインをブレイクしたからといって、下降の勢いが強くなるわけではありません

一時的にはブレイクしたとしても、ネックライン付近で価格がもみ合うことが多々あるため
Lowエントリーを行なったとしてもそのまま素直に価格が下がってくれるとは限らないからです。

間違ったエントリーポイント③

3つめのエントリーポイントは
2つめのエントリーポイントよりさらに価格が下がった所でエントリーする方法です。

このポイントは、ネックライン(1つ目の山と2つ目の間の谷の部分で引いたライン)をブレイクし
ネックライン付近でのもみ合いも無く、連続して陰線を引いたりして、相場の流れが下方向に切り替わったように見えるポイントです。

この手法が間違っている理由

三尊の山の頂点付近で「売り注文」を仕掛けたトレーダーたちが
2つ目の山の頂点からネックラインまでの値幅と、ネックラインを抜けてから同じ値幅の位置で
「買いの決済(利確)」を行うことにより反発する可能性があるからです。

つまり、ネックラインをブレイクして陰線を引いているのを確認して順張りのエントリーを行なったとしても
再び反発してしまい、その結果負けてしまう可能性があるということです。

三尊での正しいエントリーポイント

僕の考える正しい三尊でのエントリーポイントは
ネックラインをブレイク後、再びネックライン付近に戻って来た時に下落方向への反発を狙ってエントリーする方法です。

他の記事でも言っていますが、
エントリーにおける大前提として「トレンドの流れと同じ方向へのエントリーの方が勝率が高い」ということを覚えておいてください。

この「正しいエントリーポイント」の場合
すでに安値を切り下げており、トレンドも下方向に切り替わっていて、意識されるであろうネックラインでの反発を狙うのは理にかなっているというわけです。

三尊の形について

今回は説明がしやすいように図形で説明しましたが
実際のチャートでは谷の部分や山の頂点の位置がずれたりして、綺麗な形を描かないこともあるということを覚えておいてください。

まとめ

今回の記事では、一般的に言われている三尊での間違った3つのエントリーポイントについて解説しました。

三尊の特徴を理解した上で、ダウ理論をもとにエントリーポイントを探せば
非常に理にかなったエントリーを行うことが可能となりますので
ぜひしっかりと理解して普段の取引に取り入れてみてください。

 

関連記事

  1. テクニカル分析

    【超重要】バイナリー 勝ち組は何故ラインを使うのか?

    こんにちは、松井です。今回は相場分析において非常に…

  2. テクニカル分析

    バイナリーで稼ぎたいなら必須!マルチタイムフレーム分析(MTF分析)を解説!

    FXなどでよく使われるマルチフーレム分析当然ですがバイナリーオ…

  3. テクニカル分析

    勝率を10%高める!バイナリーラインの引き方を公開!

    こんにちは、松井です。今回は、超重要ライントレードについてのお話で…

  4. テクニカル分析

    4つポイントからバンドウォークの発生を見極める!

    こんにちは、松井です。今年の夏は本当に暑いですね…僕は基本…

シグナルツール「シンギュラリティ」

有料級レポートプレゼント!

ハイローオーストラリア 口座開設はこちら

最近の記事

  1. インジケーター

    バイナリーオプションでのMACD使い方と活用方法を解説!
  2. テクニカル分析

    勝率を10%高める!バイナリーラインの引き方を公開!
  3. MT4

    作業効率5倍!!絶対に覚えたほうがいいMT4のショートカット術
  4. 基礎知識

    バイナリーオプションでの「押し目買い」と「戻り売り」のポイントとは?誰も教えてく…
  5. インジケーター

    【バイナリー・FX】世界中で使われている移動平均線の使い方
PAGE TOP