テクニカル分析

【バイナリーオプション】チャートパターンを理解すればあなたの勝率は上がる!!

投稿日:2019年5月22日 更新日:

こんにちは、松井です。

今回はチャート分析法の1つである

チャートパターン

についての解説です。

 

チャートパターンを覚えることにより、

今後の相場の流れを予測することができるので
精度の高いエントリーが可能となります。

是非ご覧下さい。

この記事で得られる事

  • 各チャートパターンの特徴とエントリーポイントがわかる
  • チャートパターンを利用方法を理解し精度の高いエントリーが可能となる

チャートパターンとは何か?

チャートパターンイメージ

 

テクニカル分析では、値動きが決まった形状をした時に過去の値動きのパターンから方向性を予測する分析方法があります。

一般的にそのような決まった形状を表した値動きを総称してチャートパターンと呼んでいます。

 

チャートパターンには大衆心理が反映されており、
各チャートパターンを知ることによりその後の値動きを予測するのに役立ちます。

 

主要チャートパターンの紹介

では具体的にどのようなチャートパターンがあるのか主要なものを紹介していきます。

まずチャートパターンは、大きく以下の2つのパターンに分けられます。

  • 天井(高値圏)(安値圏)の反転型
  • トレンド発生時中段で起こる保ち合い

上記「反転」と「保ち合い」のチャートパターンを紹介していきます。

天井(高値圏)底(安値圏)の反転型チャートパターン

 

【三尊・逆三尊】
真ん中の山を頂点(底辺)に3つの山を形成した後に、それまでの方向性から逆方向へ相場が「転換」していくチャートパターンです。

 

ダブルトップダブルボトム
M字のトップ(ボトム)を形成した後に、それまでの方向性から逆方向へ相場が「転換」していくチャートパターンです。

 

 

【V字型トップ・V字型ボトム】
徐々に上昇(下降)をしてきた後にV字を形成し急激に逆方向へ「転換」していくチャートパターンです。

 

【ソーサートップ・ソーサーボトム】
高値(底値)圏で価格が細かく上下しながら推移した後、お皿のような湾曲した形を形成し「転換」していくチャートパターンです。

 

トレンド発生時中段で起こる保ち合いチャートパターン

 

【ペナント三角もち合い】
上昇(下降)からどんどん価格幅が狭くなりボラティリティが収縮していくのが特徴。その後上昇(下降)を目指すチャートパターンです。

 

【上昇フラッグ・下降フラッグ】
上昇(下降)から価格が同じ幅の中で上下した後に上昇(下降)を目指すチャートパターンです。

 

【レクタングル】
上昇(下降)を抜け、同じ価格幅で売り買いが上下した後上昇(下降)を目指すチャートパターンです。トリプル・ダブルトップ(ボトム)化することもあるので注意が必要です。

 

 

 

チャートパターンを覚えるメリット

相場の流れが予測できる

以上のようなチャートパターンを知っておくことで、
今後の相場の流れを予測しエントリーポイントを想定したり、強い根拠とすることが可能となります。

 

そもそもなぜこのようなチャートパターンが形成されるかというと、

チャートパターンが様々な投資家の心理を表しているから

です。

 

相場には様々なポジションを持った投資家達が存在します。

あなた
買いポジションを持ったけど予想に反して高値を更新しなかった
あなた
これ以上下がると損失が大きくなるので損切りをしよう

といったように価格が変動することによって投資家達は次の行動を考えます。

このような投資家達の行動がチャートにパターンとして表されるということです。

 

もちろん、

あなた
このチャートはダブルトップを形成しそうだから売り注文を出そう

といったように、ダブルトップというチャートパターンを意識した人たちが、このような行動を取ることによりチャートパターンが形成されるという側面もあります。

もちろん、必ずしもそのチャートパターンが形成されるわけではありません。

 

なぜなら同じダブルトップでも、それまで形成されたチャートの過程も違えば、ファンダメンタルズの影響も日によって違うからです。

 

価格の値幅を予測できる

チャートパターンによっては、下落(上昇)の幅が予想できる場合があります。

例えばダブルトップの場合、
2つ目の山の頂点から谷までの値幅と同じだけ下落すると言われており、おおよその下落幅を予測することができます。

 

ダブルトップ

ダブルトップ

また、ペナントやフラッグなどはトレンドラインを引くことができるので同様に値幅を予測しやすいです。

 

とは言え、このチャートパターンだけを見てエントリー判断をするのではなく、これまで紹介してきたローソク足の動きや、ツールなどを活用し、根拠を積み重ねていく事がとても大切です。

松井
まずは、実際のチャートを見てご紹介したチャートパターンを探して見て下さい。
はじめのうちはわかりにくい形に見えるかもしれませんが、何度もチャートに向き合う内にふとした瞬間に紹介したパターンが見えてくるものです。

 

チャートパターン分析の注意点

チャートパターンを使用することにより上記のようなメリットを得ることができるのですが、使用するに当たり注意点があるのでお伝えします。

チャートパターンは主観的要素が高い

上記でご紹介したチャートパターンの図は、わかりやすい図で解説しています。

しかし、実際のチャートの場合だと上記の図のようにはっきりとパターンを認識できるとは限りません。

 

あなたが捉えているチャートパターンが相場参加者も同様にそのパターンとして認識しているとは限りません。

 

つまり、チャートパターンによる分析は「主観的要素の高い分析」というデメリットもあるわけです。

松井
自分1人だけがチャートパターンを認識しても意味はありません。

特にチャートを見慣れていない初心者の方は限られた知識の中、自分の思い込みでチャートパターンを見ようとします。

また初心者の方はチャート見る視野が極端に狭いということもあって局所的部分で捉えて、それを覚えたチャートパターンだと思ってしまいます。

そこで、一つのポイントを意識してください。

 

それは、「抽象的に波を捉える」ということです。
これはどういう事かといういうと、価格は常に上下を繰り返し波を形成しています。

 

その波を一つ一つ高値安値とカウントしていると、スケールの小さいチャートパターンが限りなく見えてきます。

そうではなく、その波をより大きなスケールで捉え波の分岐点を発見することが重要です。

そこで波を大きなスケールとして見るのに便利な「ジグザグ」といううインジケーターがあるので、チャートを見慣れない初心者の方は活用してみるのもいいかもしれません。

「ジグザグ」については、

インジケーターZigZag(ジグザグ)を使ってバイナリーの分析力大幅アップ

の記事にて詳しく解説していますのでよければ参考にご覧下さい。

 

チャートパターンのエントリー例

では実際にチャートパターンを使ったエントリー例を紹介します。

三尊・逆三尊

三尊のエントリーポイントはついては、
下記の動画で詳しく解説していますのでぜひご覧になってください(一般的に語られている間違った三尊のエントリーポイントについて詳しく解説しています)。

三尊が発生時した時の鉄板エントリーポイントの嘘【バイナリー 】

 

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップとダブルボトムの場合は、
2つ目の山(谷)を超えてネックラインを割ったところが一般的な売りサイン(買いサイン)とされています。

 

しかし、このエントリーのサインは決済ポイントを自分で決めることが出来るFXでよく使われる方法であってバイナリーオプションの場合はあまり有効ではありません。

ダブルトップ・ダブルボトムを利用した有効なエントリーポイントについては下記の動画で詳しく解説していますのでぜひご覧になってください。

前編:【バイナリー】ダブルトップ・ダブルボトムの戦い方!

後編:圧倒的に稼ぐための鉄板エントリーポイントを徹底解説!【バイナリー・FX】

保ち合いチャートパターン

ペナントやフラッグなどの保ち合いのチャートパターンは、それぞれ引いたラインをブレイクした方向への順張りのエントリーが一般的です。

特にブレイクするまでの期間が長ければ長いほどブレイクする力が強く、どちらの方向にブレイクするかは実際にブレイクするまではどちらに進むかは予想できません。

ですので、しっかりとブレイクを確認してから判断しましょう。

 

まとめ

今回はチャート分析を行う上で非常に有力なチャートパターンについて解説しました。

チャートパターン自体は主観的要素の強い分析方法であるものの、大衆心理を味方にできる強力な武器となり得ます。

ただし、バイナリーオプションの場合はFXと違いエントリーポイントを探すというよりはチャートパターンによる相場の流れを把握し、普段の手法と合わせて根拠の1つとして利用するのがいいでしょう。

LINE登録ページ       

-テクニカル分析