ハイローオーストラリア 基礎知識

バイナリーオプション「転売攻略法」の嘘と真実を徹底解説!

投稿日:2019年4月22日 更新日:

ハイローオーストラリアでは、

エントリー後判定時刻前に、利益(または損失)を確定させる事ができる

転売という機能があります。

 

ネットでバイナリーオプションの転売について調べると、
「転売を使った稼ぎ方」のような記事をよく見ますが、

 

実際のところ本当に勝てるのか気になりませんか?

 

今回はそんな疑問に答えるべく、

そもそもなぜハイローオーストラリアが転売という機能を設けているのか?

転売は使ったほうがいいのか?

 

なども含め詳しく解説していきますので、

1度でも転売をしたことがある方はぜひご覧になってください。

 

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は以下のリンクから完了させておきましょう(口座開設・維持費は無料で5分程度で完了します)。

この記事で得られる事

  • ハイローオーストラリアの転売のやり方がわかる
  • 転売を使うない方がいい理由ががわかる
  • ハイローオーストラリアが転売機能を設けている理由がわかる
  • 転売を使ってもいい条件がわかる

転売とは

転売とはエントリー後、判定時刻になる前に利益(または損失)を確定させる事ができる機能です。

 

転売ができるバイナリーオプション業者は複数ありますが、今回は僕がオススメしている業者であるハイローオーストラリアの転売について説明していきます。

 

転売の方法

ではさっそくハイローオーストラリアにおける転売のやり方について説明していきます。

 

ハイローオーストラリアでエントリーすると、画面下部にエントリーしたポジションの詳細情報が表示されます。

 

そして各ポジション詳細の1番右側に「転売」のボタンが表示されます。

ハイローオーストラリア転売

 

「転売」のボタンをクリックすると、以下のように新たに「転売する」と記載されたウィンドウが表示されます。

ハイローオーストラリア転売

 

表示されたウィンドウの一番下の「転売する」をクリックすると「転売時ペイアウト」と記載された部分の金額が払い戻されます(下記画像の場合だと10,000円の掛金に対して4,750円が返ってくるので5,250円の損失なります)。

ハイローオーストラリア転売

「転売時ペイアウト」の金額は、判定時刻までの残り時間と現在の価格によって決められます。

現在の価格がエントリー時に予想した方向と反対に進むほど払い戻される金額は少なくなります。

上記の画像の場合

エントリー時の価格:110.812でLowエントリー

価格が下がると予想してのエントリーなので、価格が上昇するほど(逆行するほど)転売時の金額は低くなります。

注意ポイント

ちなみに価格が逆行して、差が大きくなりすぎると転売しても1円も払い戻されません(転売時ペイアウト:0円と表示されます)。

 

利益の確定

上記画像の例だと、エントリー時の予想と反して価格が逆の方向に進んだため、払い戻される金額が掛金より低くなっていますが、予想通りの方向に進んだ場合でも判定時刻が来る前に利益を確定することができます。

 

下記画像の場合、10,000円をLowエントリー後、予想通り価格が下落しています。

判定時刻までは残り7分20秒ありますが、この時点で転売をする事により、11,946円払い戻されるので1,946円の利益を確定することができます。

ハイローオーストラリア転売

注意ポイント

価格が予想通りの方向に進んだとしても、転売時の価格がエントリー時の価格と差が少なければ利益が出ない場合があるので注意してください(ペイアウト倍率が1倍未満)。

 

転売の期限

転売は、判定時刻より前であればいつでもできるわけではなく、判定時刻の1分前までであれば可能です。

ちなみにTurboの30秒と1分取引の場合、転売はできません。

 

よく語られる転売の使い方の例

松井
まずはじめにお伝えしておきますが、僕は誤ったエントリーを除いては基本転売をしませんし、転売の使用も推奨していません。

 

この記事を読んでいるあなたも、もしかしたら「バイナリーオプション転売攻略法」のような記事をご覧になったことがあるかもしれません。

そのような記事には、以下のような内容が書かれている事が多いです。

 

転売の記事に書かれている内容

  • 転売を使う事で損失を抑えることができる
  • 有利な価格に動いた時点で転売して利益を確定することができる
  • 値動きの激しい通貨にHighとLowに同時エントリー

 

では、上記のような攻略法は本当に有効なのか?

この点について詳しく解説したいと思います。

 

転売を使う事で損失を抑えることができる

エントリー後に価格が予想した方向と逆に進んでしまった場合、このままの価格だと掛金の全額を失ってしまうのに対して、転売を行うことにより少しでも掛金を回収して損失を抑える使い方です。

 

当然、負けて掛金を全額失うより、転売を行い少しでも損失を抑える事ができればトータルで考えたら利益は大きくなります。

 

ですが、

あなた
転売をしなければ勝てていた

という事も当然起こりえます。

 

そうなると本来得ていたはずの利益が少なくなってしまいます。

おそらく大半の人が転売を考えるタイミングは「予想した方向から少し逆行し始めた時」だと思います。

 

つまり

あなた
予想した方向と反対に進んじゃったけど、もしかしたらまた戻ってくるかも

という微妙なタイミングの時です。

 

また、急激に予想したのと反対の方向に進んでしまった時に転売を行っても、掛金がほとんど返ってこないか「0円」となっていて「転売をする意味が無い」という状態だと思います。

松井
当然ながら負けるかどうかなんて判定時刻になるまでわかりません。

ベストな転売のタイミングを決めることなどできないのでこの方法はおすすめできません。

 

有利な価格に動いた時点で転売して利益を確定する

エントリー後、価格が予想通りの方向に動き、残り時間が少なくなってきた時点で判定時刻が来る前に利益を確定するという方法です。

この使い方は、判定時刻が来るまでに価格が逆行してしまう可能性を考えて転売を行うパターンですね。

このパターンも上記の損失を抑えるための転売と同じで、その後本当に価格が逆行するのであれば転売を行ったほうがいいです。

 

しかし、結果として

あなた
転売しないほうが利益が多かった。

といった場合も必ず出てきます。

 

松井
そうなってしまうと、勝率は高いのに利益は少ないという事態になりかねません。

 

値動きの激しい通貨にHighとLowに同時エントリー

この方法は、あらかじめ値動きの激しい通貨を見極めて、HighとLowに同時にエントリーし、それぞれのポジションで利益が出たところで転売をして利益を得る方法です。

この方法も価格が上手く狙い通りに動けば当然利益を得ることができます。

 

ですが、当然ながら毎回予想通りに価格が動き、両方のポジションで利益を出せるわけではありませんし、基本的に転売をする時点でこちらに不利なレートでの払い戻しとなるので利益を出し続けるのは難しいです。

 

転売を行う時点で不利になる

上記3つの方法含め転売をした時点で自分の使っている手法の期待値が下がることを理解しましょう。

 

期待値とは?

1回の試行で得られる値の平均値の事。

つまり1回の取引において、いくら損益が期待できるのかを表した数値です。

例えば、以下の条件の場合、

  • 勝率:60%
  • エントリー金額:10,000円
  • ペイアウト率:1.88倍

1回あたりの取引の期待値(期待できる収益)は1,280円となります。

つまり、取引すればするほど利益が増えていくということになります。

バイナリーオプションは、エントリー金額が一定で勝率が損益分岐点を超えていれば利益が出るにもかかわらず、転売を使用すると勝率が高くても損失が出てしまう可能性もあります。

松井
そもそも勝率が損益分岐点超えている手法を使っているのであれば、転売などを行わず淡々と負けを受け入れながら取引を続けたほうが確実に収益は大きくなります。

 

なぜハイローオーストラリアが転売機能を設けているか?

そもそも、なぜハイローオーストラリアが転売という機能を設けているのかを考えてみてください。

あなた
ユーザーが少しでも利益を得やすくするためかな…?

というわけではありません。

 

注意ポイント

ユーザーの損失=ハイローオーストラリアの利益

という構造を考えればおのずと答えは出てきます。

 

つまり、ハイローオーストラリアは、あなたにできる限り負けてほしいんです。

 

上記で説明した通り、転売により期待値は確実に下がり、あなたの利益は減っていきます。

 

普段から転売を行っているのであれば、今後は転売を行わないことをオススメします。

 

転売をオススメしている人は絶対に取引をやっていない

ここまで転売を行う事により利益が少なくなるという事をお伝えしました。

では、なぜ転売について調べた時に

「転売で稼ぐ方法」

のような説明をしている人がいるのでしょうか?

 

その答えは

自分は使ってもいないのに、ただ単純に皆がそう言ってるから

というだけです。

 

そのような人たちは、自分自身で転売を使っていないどころか、バイナリーオプション取引自体やっていません。

松井
稼いでいる人は、確立された手法を使っており、転売を行うことにより期待値が下がってしまうのを理解していますので、1回の取引における収益が不明確になる転売をやるわけがないからです。

 

転売を行ってもいいケース

ここまで転売は使わないほうがいいと説明してきましたが、以下の場合のみ転売を使ってもいいでしょう。

転売を行ってもいいケース

  • 経済指標や要人発言が控えているのにエントリーしてしまった時
  • シグナルツール(サインツール)を使用していて、エントリー直前にサインが消えたのに気づかずにエントリーしてしまった時

どちらのケースも本来ならエントリーしないはずにもかかわらず、誤ってエントリーしてしまった場合です。このような場合のみ、やむ終えなく転売を行うのはしかたがないでしょう。

 

まとめ

今回の記事では、バイナリーオプションにおける転売について詳しく説明しました。

 

転売は期待値を下げてしまう行為ですので、収益を上げるための手法として転売を使おうとするのではなく

誤ってエントリーしてしまった時にのみ使用するようにしましょう。

 

また、ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は以下のリンクから完了させておきましょう(口座開設・維持費は無料で5分程度で完了します)。

ハイローオーストラリア口座開設

-ハイローオーストラリア, 基礎知識