fbpx

サインツール とは

 

昨日、お届けした動画の中で

サインツール(シグナルツール)という言葉が何回か出てきましたが

「そもそもサインツールってなんなの?」

と思っている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は「サインツール」について

お話をさせて下さい。

サインツールとは一言でいうと、

『チャート上に出すサインでエントリーのタイミングを教えてくれるツール』

です。

 

では、このサインツールは

どのようにしてサインを出すのかを

説明していきたいと思いますが、

 

その前に、、、

サインツールがどんな役目を担っているのか

理解していただくために、

 

バイナリーで勝つための分析方法(手法)について

簡単に説明します。

 

僕が考えるバイナリーで勝つための手法とは

『大局と局所という2つの視点で分析してエントリーする』

ことです。

 

ここで言う大局分析とは、

『長い期間の値動きをダウ理論やライントレードの根拠を基におこなう分析』

 

で、局所分析とは、

『短い期間の値動きをインジケータやローソク足の形状踏まえ分析する』

を意味しています。

 

この局所分析の部分をサインツールは自動で行い、

エントリーすべきタイミングをサインで示してくれるのです。

 

サインツールを使わないとなると

先ほどお話ししたように、

短い期間の値動きを

RSIやストキャスティクス、ボリンジャーバンドなどの

インジケータやローソク足の形状踏まえ、

分析することになります。

 

ただ、注意点としては、局所分析は曲者(くせもの)で

インジケータがその時の値動きの性格によって(トレンドかレンジなど)全く機能しなかったり

インジケータ自体が数百種類もあることから、組み合わせもまた無限にあるため、何が最適なのかを見つけるまで途方もない労力がかかります。

 

またそこに、ローソク足の形状や直近安値高値に対しての分析なんて加える者だから大変です。

さらに、大局分析との相性もあるものだから

 

よく目にする

ーーーーーーーーーーーーーー

RSIの●●と移動平均線の●●になったらエントリーすれば勝率90%♪

ーーーーーーーーーーーーーー

なんて手法だけじゃ、

当然勝つことはできないんです!

 

だからもし、裁量で局所分析をするなら

まず大局分析を身につけた上で

「それに最適な局所分析」を「検証」しながら見つけていくというのが正解です。

 

ちなみに僕の場合は

 

何百に及ぶインジケータとローソク足の形状、

直近の高安値の状況を複合的に組み合わせたロジックを何百通りも検証し

 

勝率の高いロジックだけを選定し

自動的にそのポイントでサインがでるようサインツールとして落としてこんでます(^^)

 

僕のように局所分析は

自動的にエントリーのタイミングを教えてくれるサインツールに任せるというのも手です。

 

つまり、局所分析をする方法としては、裁量とサインツールがあり、どちらでやるにせよ局所分析はトレードで勝つためにマストになるので、覚えておいてくださいね!

 

明日は、大局の分析の方法と具体的なエントリーポイントについて

詳しく解説していきますので、楽しみにしていてください。

では、また!