月100万円へのルートとは?

こんにちは、松井です。

 

いつも読んでいただきありがとうございます!

 

このメール講座では

バイナリーの情報を発信しているのですが、

 

コンセプトとして

 

「初心者が月100万円・年収1000万円を達成できる

“技術”としてのバイナリー」

 

を掲げています。

 

自分でお金を稼いでいくのであれば、

やっぱり「月100万円」というのは

一つの目標にしたいですよね。

 

「いやいや、私は月20万円で十分…」

 

という人もいるかもしれませんが、

大きな規模感で考えたほうが

大きな結果が出やすいですよ。

 

勘違いしてほしくないのですが、

 

「今はゼロだけど、月収1000万円をめざす!」

 

みたいな

 

目標を大きくする“わけではありません”。

 

たとえば、

ビジネスにおける投資を考えると…

 

ソフトバンク社長の孫正義さんが

PayPay(ペイペイ)という

スマホ決済アプリを広めるために

100億円をバラまいて話題になりましたよね。

 

これは100億円を投資して

「電子決済の市場」という80兆円ともいわれる市場を

全力で取りに行こうとしているわけですね。

 

これは極端な例ですが、

 

「規模感を大きくして考える」

 

というのはこういうことです。

 

1兆円を目指して投資していれば、

“失敗したとしても”10億円、100億円の

収益があがってくるでしょう。

 

なので、

月100万円の規模で考えて行動すると

“失敗したとしても”10万円、20万円は

普通に儲かってしまうのです。

 

これをバイナリーに当てはめて考えてみましょう。

 

「月10万円」を目指す人の場合、

どのような行動をとるでしょうか?

 

まずは無料で情報収集して、

 

デモトレードから始めて、

 

できるだけ損したくないから

恐る恐る1万円から始めて、

 

うまくいかないから

本を買って勉強して…

 

また学んだことを自分なりに試してみて…

 

 

もちろん、

これで成功する人もいるでしょうけど、

 

やっぱりスピード感は

遅くなってしまいがちです。

 

それに比べて、

「月100万円」の規模感で考える人だと…

 

まずはいろんな情報を集めて、

 

実際に大きく勝っているトレーダーの手法を

そのままマネするために

多少お金がかかってもノウハウやツールを買って、

 

リスクはあるけど10万円から始めて、

 

月利10%、20%には満足せず

さらに高みを目指す…

 

 

こんな感じの行動になりやすいはず。

 

 

もちろん規模感を大きくすると、

リスクも大きくなってしまいます。

 

「お金をたくさんかけましょう!」

と言いたいわけではありません。

 

むしろ、いつも

「慎重に情報収集してください」

とお伝えしているはずです。

 

 

僕が本当に伝えたいのは、

 

==============

規模感を大きくして考えていると

大きなチャンスにも気が付ける

==============

 

ということ。

 

僕自身はバイナリーで勝てるようになるまでに

教材やツールに何百万円も使いましたが、

 

事実として、勝てるようになれば

投資した数百万円はすぐに回収できるわけです。

 

最初から10万円の規模感で考えていたら

本当によさそうな情報があっても

気づくことすらなかったでしょう。

 

僕は「シンギュラリティ」を使って勝っていると

自分の手法を紹介していますが、

 

この情報を聞いた時に、

 

  • 「本当に勝てるのか?」と検討する人と、

 

  • 「そんな都合のいい話はあるわけない」

と頭ごなしに否定する人と、

 

どちらの人が将来的な可能性を秘めているでしょうか?

 

もしもソフトバンクの孫さんが

 

「80兆円の市場なんてとれるわけがない」

 

「とりあえず目標は年収1000万円」

 

…そんな規模感で考えていたら、

 

そもそも今のソフトバンクは

大企業にはなっていなかったでしょう。

 

「思考は現実化する」という

ナポレオンヒルの本は有名ですが、

本当にその通りだと思います。

 

==========

現実の結果の大きさは

思考の規模感に比例する

==========

 

と、僕は考えています。

 

この考え方をふまえたうえで、

月100万円までのルートを考えると…

 

昨日もお伝えした通り、

まずは「勝てる手法」を身につけること。

 

今、僕が勝てている手法としては、

 

  • シグナルツールのサインを基準にしつつ、

 

  • ライントレードや

ボリンジャーバンドを参考にして

 

  • いくつか根拠が重なったときにエントリーする

 

…という手法です。

 

勝つ方法は無数にあるかもしれませんが、

僕のことを信頼しても問題なさそうだと考えるなら

上記の方向性でトレードすれば

すくなくとも大ケガはしないはずです。

 

そもそも、

僕の使っているシンギュラリティだけでも

マーチンなしの勝率が55〜65%程度あるので、

 

この時点でバイナリーの

損益分岐点の勝率を超えています。

 

実際に、この手法でトレードをして

LINEで成果報告をたくさんいただいています。

 

「今日一日で7戦6勝12万円の利益です!」

 

「元金5万円だった私がまだ3日ですが

6倍の30万円超えを本日達成できました」

 

「軍資金7000円から始めて、

10万円までたどりつきましたよ!」

 

などなど…

 

実際のLINEのやりとりをキャプチャして

こちらに掲載してあります↓

 

シンギュラリティ実践者の声⇩

https://trader-matsui.com/customer-performance-report

 

※許可をいただいたうえで掲載しています

 

「このLINEのやりとりもヤラセじゃないか?」

 

「都合の良い情報ばかり出しているのではないか?」

 

と、いくらでも疑うことができると思いますし、

僕自身も信じてくださいと言うつもりはありません。

 

(念のため言っておくと、

全部本当のやり取りです。苦笑)

 

世の中に勝てる手法はたくさんありますから、

自分の手法が一番だというのは

意味のないことだと思っています。

 

「リスクをとってでも投資してみよう」

と考える人に届いてほしいですし、

 

そのリスクに見合うだけの

「リターン」はある、

という自信があるから紹介しています。

 

そんなわけで、

 

今日のメールでは

 

  • 思考の規模感で収入の規模も変わるという話

 

  • 月100万を目指すルート

 

についてお話しました。

 

「ツールに加えて、裁量を使っている」

 

という話をしましたが、

 

次回のメールでは

 

「裁量トレードの基本の考え方」

 

についてお話していきますね。

 

では、また!

 

2019年5月22日