月100万円になるための2つのメッセージ

こんにちは、松井です。

いつもメールを読んでいただき
ありがとうございます!

 

 

これまでにも色んな話をしてきましたが…

 

 

僕がお伝えしたいメッセージは
だいたいいつも同じです。

 

 

副業で月10万円を目指したい人にも、

 

月100万、200万の専業トレーダーを目指す人にも、

 

僕が伝えたいことは同じ。

 

 

●「根拠の積み上げ」が勝率をあげる

●優秀なツールのシグナルに裁量トレードの根拠を組み合わせる

これだけです。

 

 

エントリーするときに
根拠が多いほどいい、というのは
おそらく誰でも納得できると思います。

 

 

 

前回のメールで書いたように、

ラインの根拠だけよりも、

ダウ理論のトレンド転換の条件を
満たしたほうが勝率はあがります。

 

 

賛否両論が分かれるのが

「シグナルツールが必要かどうか?」

という部分でしょうか。

 

 

 

僕もツールは絶対的な条件ではないと思います。

 

 

事実としてシグナルなしで
勝っている人もいます。

 

 

きちんと勝率が高いツールであれば
有効活用したほうがいい、というのが僕の考えですが
これは人それぞれでいいと思います。

 

 

 

この考え方に共感して、
実際にバイナリーをやっていくのでしたら
僕の使っているシンギュラリティは
強い味方になってくれるはずです。

 

 

さて、今日の本題にはいっていきましょう。

 

 

 

今日ご紹介するのは…

==================
三尊(ヘッドアンドショルダー)
発生時の鉄板エントリーポイント
==================

 

 

今回の鉄板エントリーポイントの詳しい説明も
動画のほうが分かりやすいので、
このメールと合わせてチェックしておいてください↓

 

三尊が発生した時の鉄板エントリーポイントの嘘
https://www.youtube.com/watch?v=KEzfdZ4siA4&t=14s

 

 

 

動画のなかでは具体的な
勝率の高いエントリーポイントを解説しているので
実際のトレードにつかってみてください。

 

 

 

さて、

トレードを勉強する場合、
もちろん本を読むのもいいですが、

 

値動きをみながら学べる動画のほうが
分かりやすいですので、
すこしだけ時間をとってご覧ください。

 

 

 

先日のメールでは
「ライントレード」や
ダブルトップ」を使った
エントリーポイントを解説しましたが、

 

一つ一つの知識はつながっていますか?

 

 

実は、
世の中の多くのチャートのパターンは

「いくつかの原理原則」から
派生してできているものなのです。

 

 

 

これからトレードを勉強するうえで
かなり重要な考え方になるので、
最後まで読んでもらえると嬉しいです。

いくつかの原理原則というのは、

 

●相場は常に買いと売りの攻防で成り立っている

●多くのトレーダーがダウ理論を踏まえてチャートを分析している

というような考え方。

 

 

 

それぞれの原理原則については
これまでのメールで
すでに説明しているので、

見逃している人はぜひとも
過去のメールを読んでほしいのですが…

 

 

バイナリーに限らず
新しいスキルを習得しようとすると

===============
ものごとの優先順位がわからない
===============

というのが大きな壁になります。

 

 

たとえば、上に書いた原理原則にしても、

「それがどれくらい勝つために重要か」

がなかなか分からないわけです。

 

 

たとえば、英語を勉強する場合、

最初は単語を覚えたらいいのか?

まずは文法から始めたらいいのか?

とにかく外国人としゃべるのがいいのか?

 

 

もちろん全部できたらベストですが、
時間は限られているわけです。

 

 

 

しかし、星の数ほど参考書の種類があって、
何から手を付けたらいいか分からなくなる…

 

 

そんな経験、ありませんか?

 

 

バイナリーについても同じで、
勉強を始めたばかりだと、
優先順位が分かりにくいと思います。

僕が考えるもっとも優先順位の高いのは

====================
まずはシンプルなルールで取引を始めてみる
====================

これに尽きると思います。

 

 

最初にはじめるときの
「シンプルなルール」は

ツールのシグナルの通りに
エントリーするのもいいですし、

直近の高値・安値に近づいたら
逆張りでエントリーでも構いません。

 

 

 

勝ち負けを経験することで、
勉強したときの知識を
実践でつかおうという視点でみるので
知識を効率よく吸収できます。

 

 

あとは、

==============
いきなり勝てると思わないこと
==============

というのも重要なポイント。

先日、LINEの読者の方から

「バイナリーの教材を買ったけど
勝てないので挫折した」

というメッセージをいただいたのですが、

 

 

「何回くらいエントリーしたのですか?」
と質問してみると、

 

「10回くらい」とのことでした…

 

 

相場で10“年”トレードして
億を超える利益をだしていても

「今でも試行錯誤しています」

という人ばかりなのが相場の世界です。

 

 

すぐに結果がでると思って始めるのではなくて

スキルを磨くためには時間もお金も必要だと
理解したうえで始めたほうが
結果的に成功できますよ。

 

 

僕はバイナリーで勝てるようになるまでに

教材・コンサル・ツール、
最初に溶かした金額を考えると
何百万にもなりますが、

今となっては必要な投資だったと思えます。

 

 

(かといって、あなたはこんなに
多額の失敗をする必要はありません。笑)

…いろんな話をしてしまいましたが、
今日の話をまとめておきますね。

 

 

●「根拠の積み上げ」が勝率をあげる

●優秀なツールのシグナルに裁量トレードの根拠を組み合わせる

●最初はシンプルなルールでバイナリーを始めること

●いきなり勝てるとは思わないこと

今日のメールは以上です。

 

 

PS
先日からお伝えしている
僕が使っているシグナルツール
「シンギュラリティ」の導入特典を

いよいよ明日から開始しようと思います!

 

今回の特典では
いつもメールを読んでくれているお礼もかねて、

 

 

●松井オリジナルの「シンギュラリティ トレード記録表」
をプレゼントをしようと思っています。

 

==============

「シンギュラリティ トレード記録表」とは…

日々のエントリーポイントを記録する専用のエクセルデータファイルです。

・ロジックごとの勝率自動表記

・通貨ペアごとの勝率自動表記

・資金・エントリー金額の自動計算

 

などなど、シンギュラリティを活用するための
専用のトレード記録表です。

==============

 

こちらの特典期間は

【3日間限定】

とさせていただきます。

 

 

開始は明日ですので、
楽しみにしていてくださいね!

 

2019年5月24日