「相場は生き物」の意味知ってますか?

こんにちは、松井です。

 

「相場は生き物」

 

この言葉、FXやバイナリーを勉強している人なら

一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

バイナリーで勝つためには

「相場は生き物」の真意を

きちんと理解しておきましょう。

 

この言葉が意味するのは、ようするに

 

「相場の値動きはいつも同じではない」

 

ということ。

 

僕たちトレーダーの立場からすると、

 

==============

いつも同じ手法に頼るのは危険

==============

 

ということなんですね。

 

たとえば、大きなスパンで考えると、

 

2008年のリーマンショックがあった頃と

今の相場環境ではまったく異なるわけです。

 

もっと分かりやすく株式投資で考えると、

日本がバブルに沸いていた1980年代だと

 

バブルが崩壊するまでは

「とにかく株を買うこと」が

間違いなく勝てる手法だったわけです。

 

相場環境の変化に適応せずに

バブルが崩壊したあとも

 

とにかく株を買い続けていた人は

大損したことでしょう。

 

バブルの事例は極端な分かりやすい例です。

 

でも、このような「相場環境の変化」は

常に起こっていると思っておきましょう。

 

相場環境が変化するから

いつでも勝ち続けられる手法なんて

存在しないわけですね。

 

===============

勝ち続けられる手法は存在しない

===============

 

これを理解すれば、

 

一つのツールやノウハウだけに

頼るのがいかに危険かが分かります。

 

長期的に安定して勝っている人は

常に相場環境の変化に

適応する努力を怠らない人だけです。

 

僕の場合は、

 

もちろん自分で裁量取引を

勉強し続けています。

 

使っているツール(シンギュラリティ)も

相場環境の変化を前提につくられています。

 

どういうことかというと、

シンギュラリティには

「3つの異なるロジック」が組み込まれていて、

 

直近の勝率が高いロジックを

自分で選ぶことができるわけです。

 

シンギュラリティの3つのロジックについては

こちら↓の動画で解説しています。

 

バイナリーサインツールの新定番!シンギュラリティver2解説動画

https://www.youtube.com/watch?v=BMQjXFGqtgw

 

相場は生き物であり、

時間によって相場環境は変化する…

 

これは長期的なスパンだけではなく、

「1日」のなかでも変化しています。

 

朝9時の為替相場と、

夜9時の値動きでは

傾向が違うわけです。

 

実際に毎日為替の値動きをみると分かりますが、

明確に違いが分かると思います。

 

いくつか例をあげると…

 

  • 9時55分は「仲値(なかね)」といって、

銀行における、その日一日の為替レートが決まる時間で

取引が集中するので値動きが激しくなる

 

  • 15時くらいの時間帯は

ドイツを中心にした投資家が

短期的な利益を狙ってくるので

値動きが荒れやすい

 

  • 19時から21時には取引が落ち着きやすい

 

  • 21時前後はニューヨーク市場が開くことに加えて

値動きに影響する指標の発表も多く

値動きが大きい時間帯になる

 

こんな感じで、一日のなかで

どの時間に取引するのかで値動きの様子が

ちがってきます。

 

トレードの中・上級者であれば

こういった知識は誰でも知っていますが、

 

初心者の方はこれを知らずに

エントリーしてしまいがちなので

知識として頭にいれておきましょう。

 

こちらも詳しくは動画で解説しています↓

 

為替の注目取引時間を知らないとやばい!

https://www.youtube.com/watch?v=R6XeSW3dF7I&t=770s

 

…とはいえ、

 

FXの場合だと、いきなり大きく値動きして

一瞬で損失がふくらんだ!という

アクシデントもあるのですが、

 

バイナリーの場合は、

損失の範囲はあくまでも「賭けた金額だけ」。

 

そう考えるとリスクは比較的小さいのです。

 

FXとバイナリーを比べると、

 

  • かけ金以上の損失はでない

 

  • FXよりもメンタルコントロールを必要としない

 

  • 資金管理も比較的カンタン

 

  • 損益確定のスピードがはやい

 

これらのメリットがあります。

 

にもかかわらず…

 

バイナリー=上がるか下がるか賭けるギャンブル

 

というイメージが強く、

無駄に規制が強くなっているため

FXよりも怪しいイメージがつきまとっています。

 

FXをやるなら、まずはバイナリーから

始めてみるのは良い選択だと思うのですが^^;

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが、

今日の話をまとめます。

 

  • 相場は生き物

 

  • 環境の変化に合わせて手法やロジックを変える

 

  • 一日のなかの時間帯によっても相場環境は変わる

 

「バイナリーなら誰でも簡単に勝てる」

とは言いませんが、

 

きちんと勉強してスキルを高めることで

着実に勝率はあがっていきます。

 

バイナリーの業界は、

「誰でも簡単!」のような

ウソの情報も多く、

 

誘惑も多いのは分かるのですが、

 

真っ当にスキルを磨いていきましょう!

 

次回は

 

「ラインの本当の使い方」

 

を解説していこうと思います!

 

では、また!