fbpx

桜井さんに学ぶ相場で勝てるヒント

こんにちは、松井です。

 

「バイナリーで生活している」

というと、

 

「バイナリーはギャンブルじゃないの?」

と言われることが多いです。

 

この意見に対して、僕は

 

「バイナリーは技術とスキルの勝負」

 

だと思っています。

 

確かに運の要素がないわけではありませんが、

きちんと分析をすることで

勝率はあがっていきます。

 

事実、継続して勝っているトレーダーは

常に分析を欠かしませんし、

 

反対に何の知識も経験もなく

なんとなく始めた初心者は

ほぼ例外なく負けてしまうのがバイナリー。

 

僕も最初は何も知らずにバイナリーを始めて

かなりの資金を溶かしてしまいましたが、

 

知識と経験の積み上げで

安定して勝てるようになりました。

 

バイナリーにおいては

きちんと「勝てる手法」を身につければ

誰にでもチャンスはあります。

 

しかし、です。

 

問題は「勝てる手法」に

あっさりと出会える人と、

なかなか出会えない人がいること。

 

別の言い方をするなら、

 

勝てるヒントに

気づける人と気づけない人がいるということです。

 

では、

 

「勝てるヒント」とはなんなでしょうか?

 

それは…

 

======================

だいたい」こそ、対象を明確につかめる感覚である

======================

 

ということ。

 

実は、この言葉は僕のオリジナルではありません。

 

麻雀のプロで「雀鬼」と呼ばれる

桜井章一さんの言葉です。

 

 

 

桜井さんの名言として

他にもこんなものがあります↓

 

「“とりあえず”という感覚を持つ」

 

「分からないままにしておく」

 

麻雀もバイナリーと似ていて、

 

「技術も関係するけど、感覚や運も大きく影響する」

 

という特徴があります。

 

 

 

 

だから、プロの雀士として

嫌でもこのような抽象的な要素とも言える

 

感覚や運と向き合ってきたのだと思います。

 

 

 

「だいたいこそ、対象を明確につかめる感覚である」

 

「分からないままにしておく」

 

という言葉もふくめて、

 

===========

むやみに正解を求めない

===========

 

という思想を感じませんか?

 

 

 

 

正解をもとめないことが

どのようにバイナリーのトレードに関係するのか…

 

僕自身の経験に当てはめてみても、

なかなか真実を言い当てている気がします。

 

昔は僕も「必勝ツール」や

 

「簡単に勝てるノウハウ」という

 

“正解”を求めていたと思うんです。

 

 

 

たぶん僕と同じような経験がある人も

多いと思うのですが…

 

「勝率90%のプロトレーダーが教える究極の手法!」

 

みたいな話をきくと、

 

 

「これだけで勝てるんじゃないか」

と期待してしまうんですよね。

 

 

 

そして、実際に試してみるけど

当然のようにうまくいかないわけです。

 

 

 

正解を求め続ける人は、

「次の新しいノウハウを…」と、

同じ失敗を繰り返してしまうのだと思います。

 

 

 

(もちろん僕も連戦連敗でした。苦笑)

 

でも、失敗するなかで気づくわけです。

 

 

 

「そんな都合の良い“正解”なんてものは存在しない」と。

 

ある意味「あきらめ」と言えるかもしれません。

 

この段階にきて、初めて僕は思いました。

 

 

 

万能なノウハウはないから、

相場の状況に応じて自分で判断できる

「裁量トレード」を身につけよう…と。

 

 

 

正解がなく「分からないこと」を受け入れたのです。

 

 

 

すると、不思議なことに

目に入ってくる情報の質が

ガラッと変わりました。

 

 

 

今までは「簡単に勝てる手法」ばかり

目に入っていたのに、

 

ダウ理論やエリオット波動など抽象度の高い分析から

『大局』を見る視点が身につきました。

 

 

 

チャートという構造を

局所的な枠だけで見るのではなく

 

立体的にその構造を捉え、高い視点から見る感覚。

 

======================

だいたい”こそ、対象を明確につかめる感覚である

======================

 

たぶん、この考え方を持っていないと

 

自分で裁量トレードを勉強しようとは

ならなかった思います…

 

ただ、バイナリーとは難儀なもので

 

大局的視点だけあっても勝ち続ける事はできません。

 

 

 

肝心な事は

 

「大局」と「局所」この両輪で捉えることが

 

勝つためのヒントです。

 

 

 

もう少し具体的に

分析手法に置き換えるのなら、

 

==================

 

ダウ理論・波動・ライントレードなどで「大局を捉え」

 

ローソク足・インジケーター・シグナルツールで「局所的なタイミングを捉える」

 

==================

 

今の僕の手法がまさに、

 

1.裁量の根拠を積み重ね大まかな流れを掴み

2.ツールのシグナルで具体的エントリータイミングを見定める

 

というものです。

(ツールは当然勝てる性能を兼ね備えた本物のシグナルツールでないと意味がありません)

 

もちろんバイナリーで勝てる手法は一つではありません。

 

 

僕の手法が一番だとも思っていません。

 

いろんな情報に触れるなかで、

 

「なかなか勝てる手法に出会えない」

 

と感じている人は、桜井さんの言っていた

 

「だいたい”こそ、対象を明確につかめる感覚である」

 

と言う言葉に立ち返って見るのもいいかもしれませんね。

 

 

では、また!

2019年5月22日