fbpx

導入キャンペーンは残り24時間です

こんにちは、松井です。

 

僕が使っているシグナルツール
「シンギュラリティ」の
導入キャンペーン。

 

特典付きで購入できる期限がラスト1日になりました。

 

キャンペーン初日に購入いただいた方から

 

早速取引をはじめてから
購入代金をペイできたという
嬉しい連絡をいただいたりもしています^^

 

今回のキャンペーンで多くの方が
シンギュラリティを購入してくださったので、

 

さらに多くの成果報告をいただいた段階で
通常価格を大幅に値上げする予定もあります。

 

シンギュラリティをご購入の場合は
下記のURLから詳細確認とお申込みをお願いします↓

https://bit.ly/2HYOG31

 

シンギュラリティを購入するなら
このタイミングを逃さないでくださいね。

 

 

バイナリーにおけるツールの有効性は
今までに何度かお伝えしてきました。

 

エントリーのタイミングをつかむうえで
ツールを利用することで
勝率アップはもちろんのこと、
精神的な安定にもつながります。

 

本気でバイナリーで勝ちにいくなら
使っておいて損はないと思います。

 

「バイナリーで勝ってる人なんてほんの一握りだ」

 

なんてことがよく言われますが、

実はこれ…

本当のことなんですよね。

 

 

多くの人がせっかく始めたのに
資金を溶かしてやめてしまいます…

 

「だからバイナリーはやめたほうがいい」

 

と、あなたは思いますか?

 

 

「多くの人が負けているからやめたほうがいい」

 

という考え方には、大きな落とし穴があります。

 

 

この考え方の落とし穴とは…

===============
本気でやっているのに
負け続けている人はいるのか?
===============

という視点が抜けているのです。

 

バイナリー以外の分野でも
なんでもそうだと思います。

 

 

たとえば、

僕たちはほぼ全員が学校で
英語を習っていますが、

 

今の時点で外国人と会話ができるのは
そのうちの何割でしょうか?

 

 

おそらく10人に1人もいないはずです。

 

バイナリーでもFXでも
アフィリエイトでもなんでも

本気でやって失敗した人って
どれくらいいるのか?…という話ですよ。

 

 

おそらくこのメールを読んでいる時点で、
あなたも「勝つためには勉強が必要だ」と
考えているはずです。

 

 

そのなかでも実際にトレードを始めるのは
限られた人だと思います。

 

さらにそのなかで
ツールに投資する人の割合は…………

 

この時点で、かなりの割合で消えていきます。

 

 

どんな分野でも本気の人は
かなり少なくなります。

 

 

バイナリーに関していうと、
本気で勝とうとしている人は

 

かかる時間に個人差はあっても
だいたいの人が自分のやり方を見つけて
勝てるトレーダーになるわけです。

 

 

シンギュラリティの購入者さんから
たくさんの成果報告をもらえるのは、

 

もちろんシンギュラリティの勝率そのものが
高いから勝てている、というのもありますが、

 

「本気の人しか購入しないから」

 

ということも成果を出す人が多い理由です。

 

 

いくらツールが優秀であっても

ちょっと使ってすぐにバイナリーをやめたり、
購入しただけで満足して放置していたら

大きく勝つことは不可能なので…苦笑

 

 

僕の知る限りでは、
とりわけバイナリーの世界では

 

勝っている人の多くが
ツール“も”使っています。

 

 

もちろん自分の裁量もありますが、
エントリーのタイミングがすべての
バイナリーにおいては、

 

やっぱり「ここでエントリー」という
明確な根拠が1つあることは
メンタル的にも大きな支えになるのです。

 

 

裏を返せば、ツールなしで戦うということは

1分1秒、どこでエントリーすべきか…

という迷いや不安と常に戦わなければなりません。

 

 

そうやって消耗するくらいなら
ツールを使うことは
かなり良い投資になるのではないでしょうか?

 

 

シンギュラリティの導入キャンペーンは
もうすぐ終了になります。

下記のURLはもうすぐ無効になりますので、
URLが無効になり次第、キャンペーン終了とさせていただきます。

 

シンギュラリティをご購入の場合は
下記のURLから詳細確認とお申込みをお願いします↓

https://bit.ly/2HYOG31

 

 

しばらくキャンペーンでお騒がせしましたが、

また今後も動画やメールで

有益な情報をお届けしていきますので
引き続きよろしくお願いします!

 

2019年5月26日