ローソク足の基本解説

テクニカル分析

初心者必見!ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く【バイナリーオプション・FX】

投稿日:

こんにちは、松井です。

今回の記事は「ローソク足とは何か」という基本解説でありながら

実際に取引をしている投資家心理を読み解くという、本質部分にも言及した解説記事になっています。

 

ローソク足を詳しく知らない方はもちろん、

ローソク足について深く考えてこなかったという方にも必ず役に立つ内容なので是非ご覧下さい。

この記事で得られる事

  • ローソク足を読み取りトレーダーの心理状態がわかる
  • ローソク足の本質を理解することでチャートの見え方が変わる
  • 高い根拠を持ったエントリーができるようになる

ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く

ローソク足の見方

まず基本的なローソク足の見方・読み方について解説します。

ローソク足

ローソク足には4つの価格情報が含まれています。

ポイント

  • 始値』:最初に取引された価格
  • 『終値』:最後に取引された価格
  • 高値』:その時間の中で一番高い価格
  • 安値』:その時間の中で一番安い価格

 

そして上記の図の赤色のローソク足は、
特定の時間において始値よりも終値が上昇した状態になっています。

このような時のローソク足を『陽線』と呼んでいます。

 

またその逆に、青色のローソク足は
特定の時間において始値の価格より下落した状態で終値をつけた状態になっています。

このようなローソク足を『陰線』と呼んでいます。

 

ローソク足の名称

下の図は各ローソク足の名称です。

 

ローソク足の解説

ポイント

  • 『実体』:ローソク足の太いバーの部分を“実体”といいます。
    実体は、始値と終値の価格差をあらわしています。
  • ヒゲ』:ヒゲを一言で表すと、高値と実体との価格差、安値と実体との価格差です。前者を上ヒゲ、後者を下ヒゲといいます。

 

ローソク足ができるまでの過程

 

ローソク足の形成

上記のローソク足を例に説明すると、
1つのローソク足は、始値安値高値→終値というように分解して見ることにより価格の推移をイメージすることができます。

 

大切なことはローソク足を見た時にこのような
価格推移のイメージを想い描き、進行形の大衆心理を理解する事にあります。

 

例えば1時間足であればそのローソク足は5分足12本分、1分足であれば60本分によって形成されているということを頭の中でイメージしましょう。

ローソク足の本質とは

松井
では上記イメージを踏まえローソク足が形成された時にどのように捉えればいいのか?
その本質的部分をお伝えします。

実体が示すサイン:相場の勢いを象徴し、買い・売りの最終的なエネルギー

ヒゲが示すサイン:買い勢力と売り勢力の争いの激しさを象徴

 

つまり実体は買い勢力・売り勢力の優劣を示しています。

 

下ヒゲが長かった時は売り勢力と買い勢力の争いが激しかったと読み取れ、買い勢力によって押し戻された。

実体が大きい場合、その方向への力強さを示し、逆に小さい実体は勢いが無いため取引している人たちが弱気になっているとも言えます。

またヒゲは、取引している人たちの攻防の足跡だとも言え、長いヒゲはトレンドの反転を予兆し、ヒゲの反対方向に勢いが出てきたことを示していると考えてください。

 

ローソク足の種類

今回は基本的な以下の4つのローソク足を紹介します。

以下4つのローソク足の本質を理解していれば、多少ヒゲの長さや実体の大きさが変わったとしても応用ができますので、
まずはこの4つの特徴をしっかりと理解してください。

ローソク足の解説

【大陽線・大陰線】
その名の通り、大きな陽線(陰線)をつけたものです。上記の図では上ヒゲを書いていますがし、上ヒゲが無かったり下ヒゲがあったとしても大陽線(大陰線)として捉えることができます。
非常に強い買い(または売り)を示唆しています。

 

【小陽線・小陰線】
相場のエネルギーが少なく、相場の売り買いをしている人たちの気持ちが迷っている状態。

 

【上ヒゲ陽線・上ヒゲ陰線】
ヒゲというのは売りと買いの勢力の攻防の足跡を表していますので、上ヒゲが長い場合は買い勢力が伸びたにもかかわらず売りの勢力が押し返した事を示しています。

 

【下ヒゲ陽線・下ヒゲ陰線】
上ヒゲ陽線・上ヒゲ陰線の逆で、売り勢力が伸びたにもかかわらず買いの勢力が押し返した事を示しています。

 

そして、この記事では大陽線と大陰線を例にその見方を詳しく解説していきたいと思います。

 

大陽線・大陰線

勢いを示す大陽線と大陰線の見方

大陽線と大陰線は一定の方向に勢いを持った特徴的なローソク足です。

大陽線と大陰線

上記図からわかるように、陽線であれば、始値からヒゲをつけず勢いを持って高値をつけています。(陰線はその逆)

このことからわかるように、大陽線、大陰線はその一定の方向に勢いが伸びていることから
次足も同じ方向に向かう傾向が強いとされています。

 

例えば下記の図のようなレンジ相場で
大陰線によってレンジをブレイクした時は下降トレンドの勢いを示すシグナルとして捉える事ができます。

 

逆にレンジ相場の中で価格が上下に動いていく中で、大陽線が現れレンジをブレイクした時は上昇トレンドのシグナル示唆とされます。

 

このように、大陽線、大陰線がレンジブレイクとして現れた場合は勢いを示すものとなります。

 

ただ、大陽線、大陰線が出現するシチュエーションによっては、
全く逆の捉え方、つまり反転のサインになることがあります。

 

転換点となる大陽線と大陰線の見方

ではどういったシチュエーションで大陽線・大陰線が出現したら「転換点」として捉えることができるのかというと

仮に価格が上昇に向かっていく中で高値圏で大陽線をつけた場合は、
下記図のようにこの後下降に転じるとケースがあります。

しかし最初の説明では、「大陽線・大陰線は価格の勢いを表す」とお伝えしたので、

あなた
大陽線が出現したらそのまま価格が上昇するのでは?

と疑問を持つかもしれません。

この点について、実際のチャートを例に詳しく解説します。

 

実際のチャートで解説

なぜ高値圏で大陽線が転換のシグナルとなるのかを解説していきます。

 

以下のチャートでは、
下降トレンドの中で大陰線が出現し上昇に転換、
その後価格が上昇し大陽線の出現で下降に転換しているのが分かると思います。

 

松井
この転換理由の答えのヒントは、実際取引をしている投資家・トレーダー心理を理解することにあります。

取引をしている人達は「買いポジション」と「売りポジション」を持って取引をしています。

  • 買いポジションを持つ人の心理:安く買って高く売りたい
  • 売りポジションを持つ人の心理:高く売って安く買い戻したい

 

上記の考えを前提にすると、
下記のチャートの赤い四角内で売りポジションを持った人たちは、
この後価格が下がると予想して売りポジションを持ったことになります。

 

ただ予想に反して価格は上昇していきます。

松井
このような局面で注目してほしいのは、
赤四角内で売りポジションを持った人たちはどこかに「※損切りのライン」を設定しているということです

(※損切りライン:ボジションを持った価格から含み損が発生した際に、損を大きくしないためあらかじめ決済価格を決めているラインのこと)

以下のチャート場合、直近高値で注目されていたレジスタンスラインだったので、損切りラインとして考る人が多いと想定できます。

実際に価格がライン付近まで上がり、そのラインに近づいたら売りポジションを持った人達が我慢しきれず損切り(売りの反対の買い決済をする)を入れます。

 

すると、上記図のような注目されているレジスタンスライン付近で大きな大陽線を一旦つけます。

松井
その大陽線手前のローソク足がライン付近で長い上ヒゲを連続でつけていることも注目点です。長い上ヒゲをつけたという事は上からの抵抗が強い価格帯と見ることができるので、やはりこのレジスタンスラインが意識されていることが伺えます

 

このようなことをまとめると…

買いの勢力が強い中で長い上ヒゲをつけていることから、一定数の売りの圧力が確認できる

その中で売りポジションを持った人たちが一斉に決済の買い注文を入れたことで大陽線をつける

元々新規の買い勢力はレジスタンスライン手前で力を使い果たしてるため、決済の買いが最後入った後に、新規の売りの勢力が強くなり下降トレンドに入った

と推測できます。

 

まとめ

今回の記事では、ローソク足の基本的な見方に加え、大陽線・大陰線について詳しく解説しました。

大陽線・大陰線の出現は価格の勢いが強いことを示していますが、どのようなポジションで形成されるかによって捉え方が大きく違ってきます。

レンジ相場で形成されれば、そのままの勢いで相場が進みやすく、高値圏や底値圏で形成されれば相場の転換のシグナルとなります。

今回解説したようにローソク足の本質を学ぶことにより、1つのローソク足からも多くの情報を読み解けるようになりますので、今後の取引に活かしてみてください。

 

 

 

-テクニカル分析