インジケーター

トレンドの見極めに有効!!ボリンジャーバンドを使って上手に負けを防ぐ方法

今回の記事では、最も有名なインジケーターの1つである

ボリンジャーバンド

について詳しく説明します。

ボリンジャーバンド を使用することにより、トレンド発生を見極め、無駄なエントリーを省く事ができるのでしっかりと理解してください。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンド は1980年頃に米国人投資家であるジョン・ボリンジャーにより考案されたトレンド分析に用いるインジケーターです。

【活用法】
トレンド分析に用いるインジケーターなので上昇下降トレンドまたはレンジ相場の認識に使用します。
(詳しい使い方は下で説明しています)

また、ローソク足の反発を見極めて逆張りの手法に用いる場合もあります。

ボリンジャーバンドの構成

ボリンジャーバンドは、中央にある移動平均線と、統計学の手法を用いて導いた上下に 2 本ずつの標準偏差というバンドで構成されています。

  • 中心に過去N日間の単純移動平均線(通常は20日間)
  • 上部に単純移動平均線 + 標準偏差(σ)
  • 下部に単純移動平均線 – 標準偏差(σ)

以上の3種類です。

以下の図では移動平均線の上部におよび、下部に-2σおよび-3σを表示しています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンドの計算式について説明します。

計算式なんて覚えても意味なんてないんじゃないの?って思うかもしれませんがそんな事はありません。
そのインジケーターがどんな計算式によって成り立っているのかを理解することによって、そのインジケーターがどんな相場に弱いか?どんな相場なら有効なのかどうかがわかってきますのでこの際に頭に入れておきましょう。

単純移動平均線 = (終値 + 前日終値 + 2日前終値 +・・・(N-1)日前終値)÷ N

2σライン = 移動平均線 + 2 ×σ(標準偏差)
3σライン = 移動平均線 + 3 ×σ(標準偏差)

-2σライン = 移動平均線 – 2 × σ(標準偏差)
-3σライン = 移動平均線 – 3 ×σ(標準偏差)

標準偏差の計算式

以上がボリンジャーバンドの計算式です。

そして、相場が正規分布である場合は、ローソク足の終値が以下の確率で各バンド内に収まるとされています。

±1σの範囲内に収まる確率 → 68.27%
±2σの範囲内に収まる確率 → 95.45%
±3σの範囲内に収まる確率 → 99.73%

ボリンジャーバンドの使い方

最初にも説明した通り、ボリンジャーバンドはトレンドの把握としての活用と逆張り手法としての活用の2つの使い方があります。

トレンド発生の見極め

これはエントリーの方法としてではなく、レンジ相場→トレンド発生を見極める方法となります。

その際にキーワードとなってくるのが「スクイーズ(収縮)」と「エクスパンション(拡張)」です。

下の図は、実際にスクイーズとエクスパンションが出現しているチャートです。

スクイーズとエクスパンション

このチャートを見ていいただければわかるように、価格が横ばい(レンジ相場)の時(チャートの左側)はボリンジャーバンドの同士はある一定の幅で推移しており、一度バンドが収縮(スクイーズ)してから、ボリンジャーバンドが拡張(エクスパンション)し上昇トレンドに転換しています。

このようにスクイーズしてからバンドが拡がりした時点で「トレンドに突入するかも?」と疑問を持つことができます。

ポイント!!
特にスクイーズ前のレンジ期間が長いほど、相場の力が溜まっているため強いトレンドとなる傾向があります。その場合、いつまでたっても反発しない可能性があるので逆張り手法を用いる方は相場が落ち着くまで静観した方がいいでしょう。

バイナリーオプション取引を行う上でトレンドの見極は非常に重要になってきます。
もし自分が逆張りの手法を用いているのであればエクスパンションを見極めることにより、トレンドでのエントリーを避けることができます。

FXの視点
この「スクイーズ→エクスパンション」は、トレンドに乗った順張りのエントリーポイントとして活用されています。
なので一度この流れができるとFXトレーダーたちがトレンドに追随してさらに価格が一方向に進む可能性があります。

ボリンジャーバンドの逆張り手法としての活用

先ほど説明した通り、ボリンジャーバンドでは
±2σの場合では 95.45%
±3σの場合では 99.73%

の確率で終値が各バンドに収まるとされています。

逆説的に言えば、価格が±2σ±3σの外側にはずれた場合は高い確率で価格が反発し、再びバンド内に戻ってくるだろう

という根拠の基にエントリーする手法です。

逆張り手法

しかし勘違いしてはいけないのが、
ローソク足がのボリンジャーバンドにタッチしたら95.45%の確率で反発するわけではありません

「トレンド発生の見極め」の部分でも説明しましたが、「スクイーズ→エクスパンション」からのトレンド発生時には、ボリンジャーバンドにタッチしているにもかかわらず反発しない事がしばしば起こります。

ちなみに下の図のように連続でボリンジャーバンドにタッチしている事を「バンドウォーク」と呼びます。

バンドウォーク

よって、ボリンジャーバンドによる逆張り手法を使用する場合は、値動きが激しくないレンジ相場で使うのが一般的です。

MT4でのボリンジャーバンドの挿入方法

MT4画面上部の「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Bollinger Bands」をクリックしてください。

ボリンジャーバンド

期間:ローソク足何本分を計算に用いるか?(一般的には20を入力)
偏差:2シグマなら「2」、3シグマなら「3」を入力

最後に「OK」をクリックすれば完了です。

まとめ

今回の記事では、ボリンジャーバンドの計算式、基本的な使い方を説明しました。

ボリンジャーバンドを使用することにより、トレンド発生の見極めにより無駄なエントリーを避ける事ができますし、レンジ相場では逆張り手法にも利用できます。

視覚的にも価格の流れを掴むのに便利なインジケーターとなっていますので上手く活用していきましょう。

 

関連記事

  1. インジケーター

    ZigZag(ジグザグ)を使ってバイナリーの分析力大幅アップ!!

    今回の記事では、僕の動画でもよく使っているZigZag(ジグザ…

  2. インジケーター

    【バイナリー・FX】世界中で使われている移動平均線の使い方

    今回の記事では、最も有名なインジケーターと言っても過言では無い…

  3. インジケーター

    バイナリーオプションの逆張り必勝法!!RSIを使った攻略方法を解説

    今回の記事ではオシレーター系のインジケーターであるRSI…

  4. インジケーター

    バイナリーオプションでのMACD使い方と活用方法を解説!

    今回の記事では、MACD(マックディー)について詳しく…

シグナルツール「シンギュラリティ」

有料級レポートプレゼント!

ハイローオーストラリア 口座開設はこちら

最近の記事

  1. インジケーター

    トレンドの見極めに有効!!ボリンジャーバンドを使って上手に負けを防ぐ方法
  2. ハイローオーストラリア

    【5分でできる】ハイローオーストラリアの口座開設方法
  3. インジケーター

    ZigZag(ジグザグ)を使ってバイナリーの分析力大幅アップ!!
  4. ハイローオーストラリア

    【最新版】ハイローオーストラリアでの入金・出金方法
  5. 基礎知識

    副業として稼ぐなら何故バイナリー、一択なのか?
PAGE TOP