MACD

移動平均収束拡散トレーディング手法のこと。エムエーシーディーもしくはマックディーと呼ばれる。異なる二つの期間(一般的には12日と26日)の指数平滑平均移動平均線の乖離率から算出し、相場の売られすぎや買われすぎを判断する。売買のタイミングにおいては、MACDをさらに9日平滑移動平均したシグナルを加える。基本的な判断方法としては、MACDがシグナルを下から上に抜けたら買い、上から下に抜けたら売りである。

LINE登録ページ       

-